光文社新書

光文社新書の公式noteです。2021年10月17日に創刊20周年を迎えました。光文社新書の新刊、イベント情報ほか、既刊本のご紹介や連載をアップしていきます。お気に入りの一冊について書いていただいたnoteを収録するマガジン「#私の光文社新書」では、随時投稿をお待ちしています!

光文社新書

光文社新書の公式noteです。2021年10月17日に創刊20周年を迎えました。光文社新書の新刊、イベント情報ほか、既刊本のご紹介や連載をアップしていきます。お気に入りの一冊について書いていただいたnoteを収録するマガジン「#私の光文社新書」では、随時投稿をお待ちしています!

マガジン

  • 新刊情報【まとめ】

    毎月の新刊についての記事をまとめたマガジンです。なお、光文社新書では毎月16〜19日くらいに、5冊前後の新刊を発行しています。

  • 全文公開【まとめ】

    一冊まるまる公開、もしくは本の一部を全文公開している記事をまとめたマガジンです。すべて無料!

  • 光文社新書PLUS

    小説、翻訳、写真集、コミック…新書の枠を超えて光文社新書編集部が制作した+αな本の魅力をお伝えしていきます。キーワードは「多様性」と「ワクワク感」。

  • コトバのチカラ

    ページをめくっていると、何度も読み返したくなる一節に出会うことがあります。それは時に、その一冊を凝縮したかような力をもった言葉でもあります。光文社新書のラインナップの中から選りすぐりの「一節」をご紹介していく連載です。毎週土曜更新。Twitterでも毎日アップしています!

  • 酒場ライター・パリッコの「つつまし酒」

    人生は辛い。未来への不安は消えない。世の中って甘くない。 けれども、そんな日々の中にだって「幸せ」は存在する。 いつでもどこでも、美味しいお酒とつまみがあればいい――。 混迷極まる令和の飲酒シーンに、颯爽と登場した酒場ライター・パリッコが、「お酒にまつわる、自分だけの、つつましくも幸せな時間」について丹念に紡ぐ飲酒エッセイ、待望の連載再開!

ウィジェット

  • 商品画像

    不安型愛着スタイル~他人の顔色に支配される人々~ (光文社新書)

    岡田 尊司
  • 商品画像

    広告の仕事~広告と社会、希望について~ (光文社新書)

    杉山 恒太郎
  • 商品画像

    「美食地質学」入門~和食と日本列島の素敵な関係~ (光文社新書)

    巽 好幸
  • 商品画像

    時を超える美術~「グローカル・アート」の旅~ (光文社新書)

    新見 隆

リンク

記事一覧

【第31回】「AI大国」中国はどこへ向かうのか?

■膨大な情報に流されて自己を見失っていませんか? ■デマやフェイクニュースに騙されていま…

【名言集】光文社新書の「#コトバのチカラ」 vol.68

お好きな回からどうぞ!バックナンバーはこちら 亀山郁夫 リュドミラ・サラスキナ『ドストエ…

ワインエアレーターでお手軽デキャンタージュ|パリッコの「つつまし酒」#119

デキャンタの存在意義「デキャンタ」ってあるじゃないですか。サイゼリヤなんかで、ワインが入…

”ビジネスパーソンに一読していただきたい一冊”―カマラ・ハリス著『私たちの真実』…

光文社新書編集部の三宅です。 好評発売中のカマラ・ハリス氏初の自伝『私たちの真実』。翻訳…

【超速報】東京五輪初戦・ドミニカ共和国戦を振り返る

試合結果はこちらから↓↓↓ 熱烈な巨人ファンで、多くの野球マニアや選手たちからフォローさ…

東京五輪の野球競技、世界各国の注目選手

熱烈な巨人ファンで、多くの野球マニアや選手たちからフォローされるゴジキさん(@godziki_55…

【第31回】「AI大国」中国はどこへ向かうのか?

【第31回】「AI大国」中国はどこへ向かうのか?

■膨大な情報に流されて自己を見失っていませんか?
■デマやフェイクニュースに騙されていませんか?
■自分の頭で論理的・科学的に考えていますか?
★現代の日本社会では、多彩な分野の専門家がコンパクトに仕上げた「新書」こそが、最も厳選されたコンテンツといえます。この連載では、高橋昌一郎が「教養」を磨くために必読の新刊「新書」を選び抜いて紹介します!

アメリカ対中国の「新冷戦」2020年、日本の名目G

もっとみる
【名言集】光文社新書の「#コトバのチカラ」 vol.68

【名言集】光文社新書の「#コトバのチカラ」 vol.68

お好きな回からどうぞ!バックナンバーはこちら
亀山郁夫 リュドミラ・サラスキナ『ドストエフスキー『悪霊』の衝撃』

ドストエフスキーが、大量死のイメージを最初に取り込んだ小説が『悪霊』だった。しかし、彼はすでに『罪と罰』で、いまでいうグローバルな感覚によってそうした災厄をイメージ化していた。それは、ほかでもない、オムスクの監獄でラスコーリニコフがみる「微生物」の夢である。

丸山宗利 養老孟司 中

もっとみる
ワインエアレーターでお手軽デキャンタージュ|パリッコの「つつまし酒」#119

ワインエアレーターでお手軽デキャンタージュ|パリッコの「つつまし酒」#119

デキャンタの存在意義「デキャンタ」ってあるじゃないですか。サイゼリヤなんかで、ワインが入って出てくる、花瓶みたいな形の。あれ、今まで僕、飲食店でワインを提供するにあたり、グラスじゃ足りないしボトルじゃ多い人のためのものだと思ってたんです。だから、あれを家で使ってる人って、単にかっこつけてるだけだと思ってたんです。だけどどうやら、そうではないらしいんです。
 まずですね、ワインをボトルからデキャンタ

もっとみる
”ビジネスパーソンに一読していただきたい一冊”―カマラ・ハリス著『私たちの真実』翻訳者による読みどころ紹介

”ビジネスパーソンに一読していただきたい一冊”―カマラ・ハリス著『私たちの真実』翻訳者による読みどころ紹介

光文社新書編集部の三宅です。

好評発売中のカマラ・ハリス氏初の自伝『私たちの真実』。翻訳者のお一人、藤田美菜子さんが本書の読みどころを紹介してくださいました。

ハリス氏の“仕事の現場”での闘いぶりに焦点を当てた本記事は、ビジネスパーソンの方々にも示唆に富む内容になっています。

こちらのマガジンで、本書の抜粋記事、書評などが読めます。

”ビジネスパーソンに一読していただきたい一冊” by藤田

もっとみる
【超速報】東京五輪初戦・ドミニカ共和国戦を振り返る

【超速報】東京五輪初戦・ドミニカ共和国戦を振り返る

試合結果はこちらから↓↓↓

熱烈な巨人ファンで、多くの野球マニアや選手たちからフォローされるゴジキさん(@godziki_55)。
東京五輪、侍ジャパンは初戦のドミニカ共和国戦で4-3と劇的な逆転サヨナラ勝ち。チームが勢いづくことが期待されます。一方、終盤までリードを許し停滞ムードが漂っていたことも事実。この試合を振り返りつつ、今後の戦い方を考察してもらいました。

本連載がもとになっている書籍

もっとみる
東京五輪の野球競技、世界各国の注目選手

東京五輪の野球競技、世界各国の注目選手

熱烈な巨人ファンで、多くの野球マニアや選手たちからフォローされるゴジキさん(@godziki_55)が巨人軍を分析。
東京五輪でのメダルが期待される野球「侍ジャパン」。本日12時からドミニカ共和国との初戦がプレイボールとなりますが、相手の先発は巨人で活躍するCCメルセデスが予想されています。その他にも、今大会はNPBの選手の姿がチラホラ。日本以外の5か国にも要注目です。

本連載がもとになっている

もっとみる