マガジンのカバー画像

教養としてのロック名曲ベスト100 by 川崎大助

106
今を生きる我々にとっての基礎教養とも言えるロックの名曲を、作家・川崎大助が全く新しい切り口で紹介・解説!
運営しているクリエイター

#ビートルズ

固定された記事

introduction: 教養としてのロック名曲ベスト100 by 川崎大助

戦後文化の中心にあり、ある意味で時代の変革をも導いた米英のロックミュージック。現在我々が…

【5位】ザ・ビートルズの1曲―壮大にして、しかし「なにも起こらない」人生の一日に

「ア・デイ・イン・ザ・ライフ」ザ・ビートルズ(1967年5月/Parlophone/英) ※こちらは収…

【14位】ザ・ビートルズの1曲― 「くじけるなよ」と、ナナナーナと、コーダの向こう…

「ヘイ・ジュード」ザ・ビートルズ(1968年8月/Apple/英) Genre: Pop Rock Hey Jude - Th…

【15位】ザ・ビートルズの1曲― 永遠を、あの夏の永遠をまた見つけるために

「ストロベリー・フィールズ・フォーエヴァー」ザ・ビートルズ(1967年2月/Parlophone/英)…

【21位】ザ・ビートルズの1曲―バロックでハードボイルドな悲嘆が、救われなさを荘厳…

「エリナー・リグビー」ザ・ビートルズ(1966年8月/Parlophone/英) ※こちらはアメリカ盤…

【24位】ザ・ビートルズの1曲―「抱きしめたい」気持ちを胸に秘めながら

「アイ・ウォント・トゥ・ホールド・ユア・ハンド」ザ・ビートルズ (1963年11月/Parlophone…

【63位】ザ・ビートルズの1曲―史上初の「イェー、イェー、イェー」が、超特大の魔法を炸裂させた

「シー・ラヴズ・ユー」ザ・ビートルズ(1963年8月/Parlophone/英) Genre: Rock 'n' Roll She Loves You - The Beatles (Aug. 63) Parlophone, UK (Lennon-McCartney) Produced by George Martin (RS 64 / NME 280) 437 + 221 = 658  たった6音なのだ。言葉数ならば、たかが4つ(最後の3つは繰り返し)――シー、ラヴズ、

スキ
11

教養としてのロック名曲ベスト100【第9回】92位はあの人気曲! by 川崎大助

「ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス」ザ・ビートルズ(1968年11月/Apple/…

教養としてのロック名曲ベスト100【第4回】97位のナンバーは? by 川崎大助

「カム・トゥゲザー」ザ・ビートルズ(1969年10月/Apple/英) Genre: Blues Rock Come Toge…