マガジンのカバー画像

新書こそが教養!

48
現代の日本社会では、多彩な分野の専門家がコンパクトに仕上げた「新書」こそが、最も厳選されたコンテンツといえます。この連載では、哲学者・高橋昌一郎が「教養」を磨くために必読の新刊「… もっと読む
運営しているクリエイター

2021年12月の記事一覧

固定された記事

【第1回】「教養」への第一歩は「自分とは何か」を知ることにある!

■膨大な情報に流されて自己を見失っていませんか? ■デマやフェイクニュースに騙されていま…

【第45回】いかに「原爆の記憶」を伝えていくべきか?

「蝋人形論争」が問いかける原爆資料館の使命1945年8月6日午前8時15分、アメリカ空軍の爆弾投…

1か月前

【第44回】そもそも「メタ倫理学」とは何か?

メタ倫理学における4つの基準ミシガン大学大学院の哲学研究室に在籍していた頃、どんな教授に…

1か月前

【第43回】なぜ官邸が大暴走してしまうのか?

官僚とマスコミを支配し、倫理観に欠け、戦争のできる国を目指す人々2017年2月17日、当時の安…

1か月前