マガジンのカバー画像

新書こそが教養!

68
現代の日本社会では、多彩な分野の専門家がコンパクトに仕上げた「新書」こそが、最も厳選されたコンテンツといえます。この連載では、哲学者・高橋昌一郎が「教養」を磨くために必読の新刊「… もっと読む
運営しているクリエイター

#平凡社新書

【第1回】「教養」への第一歩は「自分とは何か」を知ることにある!

■膨大な情報に流されて自己を見失っていませんか? ■デマやフェイクニュースに騙されていま…

【第61回】日本語を豊潤にする方言の魅力とは何か?

方言がおもしろい国立国語研究所は、2010年から2015年にかけて、日本全国各地に在住する方言研…

光文社新書
2か月前

【第50回】日本の農業が消滅してしまうのか?

■膨大な情報に流されて自己を見失っていませんか? ■デマやフェイクニュースに騙されていま…

光文社新書
6か月前

【第39回】東電原発事故は「人災」だった!

■膨大な情報に流されて自己を見失っていませんか? ■デマやフェイクニュースに騙されていま…

光文社新書
9か月前

【第29回】日本の教科書検定はどこに問題があるのか?

■膨大な情報に流されて自己を見失っていませんか? ■デマやフェイクニュースに騙されていま…

【第19回】古代人から何を学ぶのか?

■膨大な情報に流されて自己を見失っていませんか? ■デマやフェイクニュースに騙されていま…

【第8回】どうして小学生にそこまで要求するのか!

■膨大な情報に流されて自己を見失っていませんか? ■デマやフェイクニュースに騙されていませんか? ■自分の頭で論理的・科学的に考えていますか? ★現代の日本社会では、多彩な分野の専門家がコンパクトに仕上げた「新書」こそが、最も厳選されたコンテンツといえます。この連載では、哲学者・高橋昌一郎が「教養」を磨くために必読の新刊「新書」を選び抜いて紹介します! 超難関中学入試問題のセンスすでに何年も前のことだが、我が家の子どもたちも国立中学校を「お受験」した経験があるので、本書を読

スキ
37