マガジンのカバー画像

新書こそが教養!

47
現代の日本社会では、多彩な分野の専門家がコンパクトに仕上げた「新書」こそが、最も厳選されたコンテンツといえます。この連載では、哲学者・高橋昌一郎が「教養」を磨くために必読の新刊「… もっと読む
運営しているクリエイター

#新書こそが教養

固定された記事

【第1回】「教養」への第一歩は「自分とは何か」を知ることにある!

■膨大な情報に流されて自己を見失っていませんか? ■デマやフェイクニュースに騙されていま…

【第47回】いつから天皇制が始まったのか?

■膨大な情報に流されて自己を見失っていませんか? ■デマやフェイクニュースに騙されていま…

【第46回】なぜ「宗教的過激思想」が流行するのか?

■膨大な情報に流されて自己を見失っていませんか? ■デマやフェイクニュースに騙されていま…

2週間前

【第45回】いかに「原爆の記憶」を伝えていくべきか?

「蝋人形論争」が問いかける原爆資料館の使命1945年8月6日午前8時15分、アメリカ空軍の爆弾投…

3週間前

【第44回】そもそも「メタ倫理学」とは何か?

メタ倫理学における4つの基準ミシガン大学大学院の哲学研究室に在籍していた頃、どんな教授に…

1か月前

【第43回】なぜ官邸が大暴走してしまうのか?

官僚とマスコミを支配し、倫理観に欠け、戦争のできる国を目指す人々2017年2月17日、当時の安…

1か月前

【第42回】どうすれば賢いカラスを騙せるか?

カラスを誘導する実験動物の体に占める脳の割合を比較する際に「脳化指数」が用いられる。ヒト=0.89、イルカ=0.64、チンパンジー=0.30、カラス=0.16、イヌ=0.14、ネコ=0.12、ウマ=0.10、ウシ=0.06、ブタ=0.05、ハト=0.04である。つまり、カラスの脳化指数はイヌやネコよりも高く、同じ鳥類のハトの4倍もある。 脳化指数が知能指数に比例することは必ずしも立証されていないが、それでもカラスの知能が高いことはよく知られている。クルミのように硬い殻の木の

スキ
25

【第41回】戦国時代の村で何が起きていたのか?

■膨大な情報に流されて自己を見失っていませんか? ■デマやフェイクニュースに騙されていま…

2か月前

【第40回】「中立」は「正義」ではない!

■膨大な情報に流されて自己を見失っていませんか? ■デマやフェイクニュースに騙されていま…

2か月前

【第38回】宇宙人としての教養とは何か?

■膨大な情報に流されて自己を見失っていませんか? ■デマやフェイクニュースに騙されていま…

3か月前

【第37回】「ハイブリッド戦争」は何を導くのか?

■膨大な情報に流されて自己を見失っていませんか? ■デマやフェイクニュースに騙されていま…

3か月前

【第36回】そもそも「ケア」とは何か?

■膨大な情報に流されて自己を見失っていませんか? ■デマやフェイクニュースに騙されていま…

3か月前

【第35回】なぜマンデラは「アパルトヘイト」を撤廃できたのか?

■膨大な情報に流されて自己を見失っていませんか? ■デマやフェイクニュースに騙されていま…

4か月前

【第34回】「世界的キャラクター」を生み出した2人の天才!

■膨大な情報に流されて自己を見失っていませんか? ■デマやフェイクニュースに騙されていませんか? ■自分の頭で論理的・科学的に考えていますか? ★現代の日本社会では、多彩な分野の専門家がコンパクトに仕上げた「新書」こそが、最も厳選されたコンテンツといえます。この連載では、高橋昌一郎が「教養」を磨くために必読の新刊「新書」を選び抜いて紹介します! チャーリーとミッキーマウス高校生の長女にチャップリンを知っているか尋ねたら「レオンでナタリー・ポートマンが物真似した人」と答えた。

スキ
32

【第33回】「天安門事件」とは何だったのか?

■膨大な情報に流されて自己を見失っていませんか? ■デマやフェイクニュースに騙されていま…

4か月前