マガジンのカバー画像

光文社新書の人びと

351
新書編集部に在籍する8名が書いたnoteをまとめたマガジンです。部員がどんな人であるか、どんな本をつくっているのか、記事からちょっとした横顔がのぞけます。たまに、光文社新書に関わ… もっと読む
運営しているクリエイター

2021年8月の記事一覧

固定された記事

光文社新書編集部のことがわかるマガジンを新たに作りました!

note担当の田頭です。 おかげさまで光文社新書のnoteがスタートしてから8ヵ月が過ぎ、記事数…

グーグルはメタバースを目指さない

4章⑥ GAFAMのメタバースへの取り組み光文社新書編集部の三宅です。 岡嶋裕史さんのメタバ…

4か月前

#勝手に社内リレーPLAYBACK vol.32

光文社新書のTwitterで月〜金につぶやいている「#勝手に社内リレー」を厳選プレイバックしてい…

4か月前

なぜコネ入社を公言して復活させる企業がでてきたのか?

4章⑤ GAFAMのメタバースへの取り組み光文社新書編集部の三宅です。 岡嶋裕史さんのメタバ…

4か月前

#勝手に社内リレーPLAYBACK vol.31

光文社新書のTwitterで月〜金につぶやいている「#勝手に社内リレー」を厳選プレイバックしてい…

5か月前

【電子書籍】Kindle50%ポイント還元フェア最終日!&中野京子/名画で読み解く12の物…

Bonjour、皆さま。光文社電子書籍担当の佐藤です。 今日のお知らせは3つ。 ①本日最終日!Kin…

5か月前

フェイスブックが開発したARのBMI(脳による機器操作)

4章④ GAFAMのメタバースへの取り組み光文社新書編集部の三宅です。 岡嶋裕史さんのメタバース連載の24回目。「1章 フォートナイトの衝撃」「2章 仮想現実の歴史」「3章 なぜ今メタバースなのか?」に続き、「4章 GAFAMのメタバースへの取り組み」を数回に分けて掲載していきます。今回はその4回目です。 ウェブ、SNS、情報端末などの覇者であるGAFAM(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン、マイクロソフト)はメタバースにどう取り組んでいくのか? 果たしてその勝

スキ
13

「良いニュース」はいかにして創れるのか?|石戸諭『ニュースの未来』「はじめに」を…

編集部の田頭です。光文社新書8月刊で、ただいまあらゆるメディアで縦横無尽に活躍するノンフ…

5か月前

#勝手に社内リレーPLAYBACK vol.30

光文社新書のTwitterで月〜金につぶやいている「#勝手に社内リレー」を厳選プレイバックしてい…

5か月前

デバイスやメディアの普及に大きな役割を果たす成人コンテンツ

4章③ GAFAMのメタバースへの取り組み光文社新書編集部の三宅です。 岡嶋裕史さんのメタバ…

5か月前

コールドプレイはなぜ「ランクインしない」のか? ロック野郎特有の「やっかみ」理論…

光文社新書編集部の三宅です。 本noteの好評連載『教養としてのロック名曲ベスト100』が同タ…

5か月前

#勝手に社内リレーPLAYBACK vol.29

光文社新書のTwitterで月〜金につぶやいている「#勝手に社内リレー」を厳選プレイバックしてい…

5か月前

【Kindle】50%ポイント還元!光文社電子書籍7,000冊以上!!!

皆さま、いかがお過ごしでしょうか。 光文社、電子書籍担当の佐藤です。 2021年の夏も熱いです…

5か月前

GAFAMの中で最も派手にメタバースを照準しているフェイスブック

4章② GAFAMのメタバースへの取り組み光文社新書編集部の三宅です。 岡嶋裕史さんのメタバース連載の22回目。「1章 フォートナイトの衝撃」「2章 仮想現実の歴史」「3章 なぜ今メタバースなのか?」に続き、「4章 GAFAMのメタバースへの取り組み」を数回に分けて掲載していきます。今回はその2回目です。 ウェブ、SNS、情報端末などの覇者であるGAFAM(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン、マイクロソフト)はメタバースにどう取り組んでいくのか? 果たしてその勝

スキ
26

なにがあっても、忘れたくない10曲―『教養としてのロック名曲ベスト100』刊行記念 b…

光文社新書編集部の三宅です。 本noteの好評連載『教養としてのロック名曲ベスト100』が同じ…

5か月前