マガジンのカバー画像

光文社新書の人びと

351
新書編集部に在籍する8名が書いたnoteをまとめたマガジンです。部員がどんな人であるか、どんな本をつくっているのか、記事からちょっとした横顔がのぞけます。たまに、光文社新書に関わ… もっと読む
運営しているクリエイター

#ロック

固定された記事

光文社新書編集部のことがわかるマガジンを新たに作りました!

note担当の田頭です。 おかげさまで光文社新書のnoteがスタートしてから8ヵ月が過ぎ、記事数…

コールドプレイはなぜ「ランクインしない」のか? ロック野郎特有の「やっかみ」理論…

光文社新書編集部の三宅です。 本noteの好評連載『教養としてのロック名曲ベスト100』が同タ…

5か月前

なにがあっても、忘れたくない10曲―『教養としてのロック名曲ベスト100』刊行記念 b…

光文社新書編集部の三宅です。 本noteの好評連載『教養としてのロック名曲ベスト100』が同じ…

5か月前

異形であって異形でない。「教養としてのロック名曲ベスト100」リストを振り返る。by…

光文社新書編集部の三宅です。 「教養としてのロック名曲ベスト100」ですが、先週の1位発表…

10か月前

【1位】○○○○○○の1曲―傷だらけの新生児が、汚水溜まりから大海へ

光文社新書編集部の三宅です。 川崎大助さんの好評連載「教養としてのロック名曲ベスト100」…

11か月前