新刊情報【まとめ】

139

健康被害、早死、そして…「孤独」がもたらす経済損失は約4・8兆円!?

2018年1月、テリーザ・メイ首相(当時)は、世界で初めて「孤独担当大臣(Minister for Lonel…

7人に1人が貧困という現実……前日銀副総裁が考える「日本型格差」への処方箋|岩田…

1990年代以降、広がり続けている日本の格差。例えば、非正規社員の増加は賃金格差を招き、ひい…

「子育て罰」は「子育てすること=罰」という意味じゃない【本文公開②】

光文社新書の永林です。7月の新刊「子育て罰」が話題です。先日、公開した「まえがき」でも触…

人の孤独を癒やせるのは人だけか。英の104歳女性が「逮捕してもらって」感謝した理…

2018年1月、テリーザ・メイ首相(当時)は、世界で初めて「孤独担当大臣(Minister for Lonel…

【光文社新書】2021年7月刊6冊の内容を3分で!

①岩田規久男『「日本型格差社会」からの脱却』 約30年の間で信じられないほど「貧しい国」と…

「子育て罰」=子育てする親を罰する日本に未来はあるか【本文公開①】

 光文社新書の永林です。7月の新刊『子育て罰』は子育て中のママパパはもちろん、この国の未…

【東京五輪】藤井瑞希が考えるバドミントンでメダルを獲る可能性が高い日本人選手

間もなく開会式を迎える東京五輪で、もっともメダルが期待される競技のひとつがバドミントンで…

続・不登校児を救え!―カマラ・ハリス氏自伝『私たちの真実』より

光文社新書編集部の三宅です。 副大統領就任から遡ること10年前の2011年1月、カマラ・ハリス…

不登校児を救え!―カマラ・ハリス氏自伝『私たちの真実』より

光文社新書編集部の三宅です。 副大統領就任から遡ること10年前の2011年1月、カマラ・ハリス…

ディズニーやピクサーのクリエーターたちは、過去のアニメ作品だけでなく、サイレント…

光文社新書編集部の三宅です。 好評発売中『ディズニーとチャップリン エンタメビジネスを生…