マガジンのカバー画像

新刊情報【まとめ】

203
毎月の新刊についての記事をまとめたマガジンです。なお、光文社新書では毎月16〜19日くらいに、5冊前後の新刊を発行しています。
運営しているクリエイター

2021年8月の記事一覧

独りになることで、なぜ癒されるのか?

新刊『「孤独」という生き方』(織田淳太郎著)より、「はじめに」、目次、1章の冒頭部分を公…

4か月前

【光文社新書】2021年8月刊5冊の内容を3分で!

①桐村里紗『腸と森の「土」を育てる』 人は森であり、腸に「土」を内包し、消化管で自然とつ…

5か月前

日本を支配する「世間体」。同調圧力、イジメ、ハラスメント……私たちの生きづらさの…

「世間体が気になる」「世間体が悪い」といった言葉に象徴されるように、私たちは常に「他人の…

5か月前

「良いニュース」はいかにして創れるのか?|石戸諭『ニュースの未来』「はじめに」を…

編集部の田頭です。光文社新書8月刊で、ただいまあらゆるメディアで縦横無尽に活躍するノンフ…

5か月前

コールドプレイはなぜ「ランクインしない」のか? ロック野郎特有の「やっかみ」理論…

光文社新書編集部の三宅です。 本noteの好評連載『教養としてのロック名曲ベスト100』が同タ…

5か月前

なにがあっても、忘れたくない10曲―『教養としてのロック名曲ベスト100』刊行記念 b…

光文社新書編集部の三宅です。 本noteの好評連載『教養としてのロック名曲ベスト100』が同じ…

5か月前

『ダイエットをしたら太ります。最新医学データが示す不都合な真実』by永田利彦

光文社新書編集部の三宅です。 今は90キロ強ありますが、25年前は69キロでした。それが80キロになったところでダイエットを行い75キロに。喜んだのも束の間、いつの間には85キロに増量。再びダイエットを敢行して80キロまで戻したものの、残念ながら現在に至ります。 つまり、ダイエット→リバウンドを繰り返し、結果的に25年で20キロ以上も体重を増やしてしまったのでした。 そんな私のような失敗を繰り返さないために、最適の一冊が刊行されました。それが本書です。25年前に欲しかっ

スキ
21