#読書の秋2020

62
固定された記事

【note×光文社新書】読書感想文コンテストの投稿を募集します!

みなさん、こんにちは。このたびnoteさんのお声がけにより、#読書の秋2020に参加させていただ…

見の見えない人は世界をどう見ているか?

行きつけのマッサージ屋の指圧師は視力が弱い。ただ、それを知ったのはだいぶ仲良くなってから…

【読書メモ】山口周『世界のエリートはなぜ美意識を鍛えるのか? 経営における「アー…

概要 山口周『世界のエリートはなぜ美意識を鍛えるのか? 経営における「アート」と「サイエ…

【読書メモ】駒井稔+「光文社古典新訳文庫編集部」編著『文学こそ最高の教養である』

概要 光文社古典新訳文庫の編集長・駒井稔さんが光文社古典新訳文庫に対する思いと、『文学こ…

「人間にしっかり投資をする社会」を構築してこそ、「家族の幸せ」が実現できる!

山口慎太郎(2019)『「家族の幸せ」の経済学』#光文社新書 . 本書は気鋭の労働経済学者による…

『「家族の幸せ」の経済学』読書メモ:家族の神話をデータで正す

作者:山口 慎太郎 ページ数:264 出版社:光文社 読んだきっかけ 実は再読本。今回、note…

【読書感想】「文学こそ最高の教養である」を読んで

はじめに こんにちは。読書米クラブ運営担当者です。 読書を趣味とする人に米で生活支援をす…

『目の見えない人は世界をどう見ているのか』(光文社新書)伊藤 亜紗 著

自分以外の生きもののその生全体のあり方を理解することは、想像の中でその生きものに「変身」…

小さな子にとって「触る=見る」だとしたら

「汚いから触らないで」 小さい子に対して親がよく言う言葉であるが、今年はコロナ禍でもある…

【読書感想文】想像力を羽ばたかせる 『目の見えない人は世界をどう見ているのか』 …

完全なる「漆黒の暗闇」 あなたは、完全なる「漆黒の暗闇」を体験されたことがありますでしょ…

想像力について。 目の見えない人は世界をどう見ているのか 伊藤亜紗

いまは、こんな本を読んでいます。 美学を専門とする著者の伊藤亜紗さんが目の見えない人たち…