マガジンのカバー画像

#読書の秋2020

76
開催中の「#読書の秋2020」 で、光文社新書の課題図書について書いていただいた記事をまとめています。2020年11月30日までに投稿されたものが対象です。
運営しているクリエイター

#読書の秋2020

【note×光文社新書】読書感想文コンテストの投稿を募集します!

みなさん、こんにちは。このたびnoteさんのお声がけにより、#読書の秋2020に参加させていただ…

【note×光文社新書】読書感想文コンテスト優秀作を発表します【選評付き】

たくさんの方に応募いただいた #読書の秋2020  、長らくお時間をいただいていましたが、ようや…

【読書感想】宇宙はそんなに遠くない

宇宙は遠いものだと思っていた。人並みよりおそらくちょっと興味があるけど、宇宙飛行士やロケ…

Yu Hoshina
1年前

世界のエリートはなぜ「文学」を修めるのか?

note の企画 #読書の秋2020  の企画が始まってからというもの、着々と読書を続けているが、光…

【読書感想文】目の見えない人は世界をどう見ているのか/著:伊藤亜紗

端的に結論から述べると、私の「世界の見え方」が変わった。 そして、身体的特徴としての「見…

MYK
1年前

目の見えない人と一緒に見る世界

数年前、白杖をもった人と歩いたことがある。ほんの数十秒の、やりきれない思い出だ。 その夜…

Nishi
1年前

目がしゃべらない息子と耳で見れない私と白杖のことば

『目の見えない人は世界をどう見ているのか』 この本を手にしたのは、目の見えない息子を理解したいと思ったから。 息子の数々の病気や障害に対して、学問的に、上っ面を撫でる、「理解したい」だったように思う。 目の見えない息子をどう育てれば良いのか、有りもしない正解を求めてもいた。 強くあらねば、かくあるべき障害児母として。なんて。 ガチガチに知識で武装して、ガクガクに障害に震えていた。 医者「この子は瞼を開けて眼球を露出したところで、見えるようになりません。光さえ感じて

スキ
9

あなただった、かもしれないわたし #読書の秋2020

数年前、私が定期的に参加していた読書会のクリスマスパーティーで、この本「目の見えない人は…

世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?(「真」について)

 こんばんは。  小鳥遊汐里(たかなし・しおり)です。  最近このような本を読みました。 …

世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?

みなさんご機嫌よう。もーやんです。 本日は『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?…

もーやん
1年前

アート思考×スポーツでできること

 ここ2年で衝撃を受けた書籍のひとつが、『世界のエリートはなぜ美意識を鍛えるのか?』(山…

自分の「宇宙像」を持って、宇宙と関わる

宇宙を知ると 人間が分かる 命がわかる。 これは、僕が起床から就寝までずっと宇宙のことを…

shun吉
1年前

文学を知らない人間が「文学こそ最高の教養である」を読むとどうなったか

いきなりタイトルの結論から言いますが、 頭良くなった気がします。 実は僕、文学についてち…

おおらぎ
1年前

男性の育休は「伝染」する――光文社新書 「家族の幸せ」の経済学 を読む

1歳から保育園に預けるなんてかわいそう。 数年前、そんなお決まりの台詞を言われたことがある。 しかし、私は何とも思わなかった。というよりも、未だにそんな台詞が生きていることに驚いた。 私の周りでは、子供を0歳や1歳で預けるのが主流だったので、どう頑張っても子供たちをかわいそうだと思えなかったのだ。 もし私が、10年前に子育てをしていたら。20年前だったら。心がチクリと痛んだのだろうか。 私がここにたどり着くまで、一体どれだけの親たちが、「小さい頃から保育園に入れるな

スキ
23