見出し画像

定年後と「的を得る」と「的を射る」

お正月に成毛眞さんの『金のなる人』(ポプラ新書)を読んでいました。秀逸なタイトルと、新書にしては手のかかったカバーに惹かれ購入した一冊です。成毛さんには、光文社新書でも一冊ご執筆いただいています。成毛さんのご著書は、刊行点数が多いので全部はフォローしきれていませんが、気になるテーマのものがあると読ませていただいています。

(すごいタイトルです)

(オビ写真は、成毛さんのご自宅の地下の書庫で撮影しています)

その『金のなる人』の中にドキッとする一節がありました。

老後に何も嫌いな仕事をする理由はない。好きなことをやればいいのだ。もし私が50歳で出版社勤めだったら、今日をもってその会社をやめ、まずは新潮社の校閲部に履歴書を送る。校閲者なら、70歳でも80歳でも働ける。定年になっても、外部校閲で仕事が山ほどある。だが、編集部にいて60歳の定年を迎えたら、その瞬間に終わりだ。今まで、超有名スーパー編集者たちが、あっけなく消えていくのを山ほど見てきた。

何となく抱いていた、将来の身の振り方をバッサリ斬られたように感じました。でも、当たり前のことで、毎年、多数の編集者が定年退職するのですから、すでに市場はダブついているはずです。しかも生きの良い、シュッとした若手もどんどん参入してきます。

そもそも社員編集者は、勤務先の力があってこそ上手くいっているケースも多いでしょうから、いきなり個人でプレーしろと言われてもなかなか難しいかもしれません。

実は私は今年50歳になります。定年後のことを考え、心が千々に乱れます。成毛さんのアドバイス通り、新潮社の校閲に履歴書を送ろうか……。(そもそもスーパーじゃないけど……)

さて、新潮社といえば、積読になっていた筒井康隆先生の『老人の美学』(新潮新書)をやはり年始に拝読しました。学生時代に筒井先生のご著書を読み漁った一人として、また老後の予習として、興味を惹かれるテーマです。

(とても良いタイトルです)

読み進めながら「おやっ」と思いました。以下の記述です。

六十三歳の時に書いた「敵」の中で、老人の孤独に関してだが、小生比較的、的を得たことを書いている。(『老人の美学』P69、7~8行)

気になったのは「的を得た」という表現です。通常、小社の校閲では「得」の部分に「射」というエンピツが入ります。「的を得た」ではなく「的を射た」ではないか、ということですね。朱字ではなくエンピツなのは、必ずしも誤りではないことを意味します。ただ、「的は得るものではなく射るもの」と認識していた私は、必ず「射」に訂正してきました。

しかし、筒井先生が「的を得た」と書かれ、新潮社の校閲がその記述を確認した上で通しているのですから、気になってググってみました。すると、以下のような情報が。

『三省堂国語辞典』編集委員の飯間浩明先生も次のように書かれていました。

驚きました。2013年の段階で誤用ではないという結論が出ていたのですね。不勉強でお恥ずかしい限りです。小社の校閲が朱字ではなくエンピツを入れてきた段階で、なぜエンピツなのかを確認すべきでした。この体たらくでは「老後は新潮社の校閲」も厳しそうです……。

ちなみに、実家に帰った際に「『的を得る』は誤用ではない」という話を父親や弟にしたところ、それはおかしいと大反撃を受けました。「あれだろ、誤用が定着したから認めただけだろ」とまで言われました。確かに最近、このパターンは多いですよね。

仮に、一般読者がこういう認識だとすると、校閲の指摘にどう対応すべきかが難しくなります。それなりに知識のある人ほど「的を射る」が正しいと認識しているはずなので、「得る」を放置すると、チェックが甘いと思われかねません。やはり「射る」に訂正すべきでしょうか……。

新年早々、一つ知識が増え、一つ悩みを抱え、老後への不安は高まる一方、という結果に終わってしまいました。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

アランちゃんも感謝しています!
23
新刊、イベント情報ほか、ぜひ手にとっていただきたい既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの光文社新書について書かれたnoteをまとめたマガジン「#私の光文社新書」は、アイコンのキャラクター「アランちゃん」ともども投稿をお待ちしています!

こちらでもピックアップされています

光文社新書の人びと
光文社新書の人びと
  • 95本

新書編集部に在籍する8名が書いたnoteをまとめたマガジンです。部員がどんな人であるか、どんな本をつくっているのか、記事からちょっとした横顔がのぞけます。たまに、光文社新書に関わる別部署の社員も登場します。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。