見出し画像

60年前の日本。米国人撮り鉄を魅了した「どこまでも続く線路」とその先の風景

光文社新書で1年ぶりに続編が登場した、昭和30年代のカラー写真を集めた『続・秘蔵カラー写真で味わう60年前の東京・日本』著者のJ・ウォーリー・ヒギンズさんは、米国出身で、日本と日本の鉄道を愛するあまり、日本に移住してしまった、現在92歳の老紳士。鉄道ファンの間では「撮り鉄」として名前が知られています。ウォーリーさんの撮った写真は、いま、鉄道写真としてだけでなく、当時の日本各地や人々の様子をカラーで記録した貴重な資料として、注目を集めています
続編となる第2弾では、544枚の写真が掲載されていますが、それでも収録できない写真がありました。出版にあたり、取材、翻訳、写真整理に携わったライター・翻訳家の佐光紀子さんが、未収録コラムをご紹介くださいました。ぜひ、お楽しみください!

文/佐光紀子
写真/J・ウォーリー・ヒギンズ


「線路は続くよ、どこまでも」

こんにちは、ライターの佐光紀子です。前回ご紹介したウォーリー・ヒギンズさんの記事、読んでいただけましたでしょうか?(「未来から来た人|日本をこよなく愛する92歳の『撮り鉄』J・ウォーリー・ヒギンズさんのこと」)

私自身は、全く鉄道のことに関心がなかったのですが、今回、何千枚もあるウォーリーさんの写真を整理しながら、強く心を惹かれた写真に、「線路」の写真がありました。どこまでも、どこまでも続く線路。それがやがて山の彼方や海岸線へと姿を消して行く風景が、なんだか妙に美しく、センチメンタルなものに見えました。

ウォーリーさん自身は、以前、新幹線が好きではない理由の一つに、「運転席の前方が見えないこと」をあげてくれたことがあります。「線路が見えないと、どこに向かっているのかわからないから」というのがその理由でした。緩やかに弧を描く線路、その先に見えるであろう光景を想像しながら列車に乗るのは、確かにワクワクします。

旭川への移動中

旭川への移動中(北海道)1959年7月26日

また、路面電車について話してくれたときには、こう言っていました。「路面電車は国鉄などの駅につながっている。そこから乗ると、その先にさらに大きな駅があって、そこから別の世界へとつながっていくのが鉄道だ」と。

線路の先に、自分の知らない大きな駅や知らない生活が待っている。そうやって人と人、生活と生活、人生と人生とを線で結んでいく線路に、彼は大きな魅力を感じてきたんだろうなぁ。そう思って、「本当に、いい写真。どうして、こんな風に線路の写真を撮ったのかしら?」と水を向けたところ、大いに困惑したらしい様子で彼はこう言いました。

「どうしてって? 美しいと思ったからだよ。いいなと思う風景はシャッターを切っていたからね」。そして、勝手に線路に降りたりはしていないよ、と言わんばかりに、「ここにある写真の多くは、車窓や駅のホームから撮影したんだよ」と付け加えました。大丈夫、疑ってません(笑)。

その先にある未来に思いをはせて、ウォーリーさんが撮り続けた、どこまでも続く美しい線路の写真。本編には残念ながら収録できなかったので、こちらでどうぞお楽しみください。

※撮影地などは記録されたデータに基づいて記載をしています。万が一間違いがあった場合は、お許しいただけたらと思います。


宇治川おとぎ列車

宇治川おとぎ電車(京都府)1959年5月10日 線路脇に整然と薪が積まれている。


石北本線上川付近

石北本線上川付近(北海道)1959年7月27日


山形交通八幡宮前

山形交通八幡宮前(山形県)1959年9月7日


静内の西方+

静内の西方(北海道)1961年7月17日 海岸のすぐ脇を通る日高本線


網走湖畔+

網走湖畔(北海道)1961年7月19日


稲梓付近

稲梓駅付近(静岡県)1961年12月16日 伊豆急は山間を進む。


井川線のトンネルから+

井川線のトンネルから(静岡県)1963年11月29日 大井川鐵道井川線はとにかくトンネルが多い。


畑の中を走る古江線

畑の中を走る古江線(鹿児島県)1964年3月2日  遠くに桜島が見える。


輪島付近

輪島付近(石川県)1964年8月4日 夏の日差しの下を進む国鉄七尾線。


梺駅周辺

梺駅周辺(秋田県雄勝郡)1961年10月8日 羽後交通雄勝線。刈り入れの終わった風景。


そして、最後に、終着地点で、終わってしまった線路の写真も2枚ほど。

画像12

筑豊線(福岡県) 1958年10月5日  


粟ヶ崎線海岸駅終点

浅野川線粟ヶ崎海岸駅付近(石川県)1964年8月5日 金沢港の新設による海水浴場の閉鎖とともに、70年代にこの区間は廃線となった。

――――――――――――――――――――――――――――

ウォーリーさんが撮り続けた、美しい線路とその先の風景、お楽しみいただけましたでしょうか?
前作よりさらにパワーアップして発売された光文社新書『続・秘蔵カラー写真で味わう60年前の東京・日本』当時を知る人も、知らない人も、たっぷり楽しめます。またご家族やご友人へのプレゼントにも、ぜひお買い求めください…! 
未読の方は、第1弾もおすすめです。​


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

今後とも光文社新書をよろしくお願いします!
27
新刊、イベント情報ほか、ぜひ手にとっていただきたい既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの光文社新書について書かれたnoteをまとめたマガジン「#私の光文社新書」は、アイコンのキャラクター「アランちゃん」ともども投稿をお待ちしています。

こちらでもピックアップされています

フォト限定公開『秘蔵カラー写真で味わう60年前の東京・日本』
フォト限定公開『秘蔵カラー写真で味わう60年前の東京・日本』
  • 9本

大好評の『秘蔵カラー写真で味わう60年前の東京・日本』『続・秘蔵カラー写真で味わう60年前の東京・日本』のシリーズから、未掲載写真やコラム、掲載内容の一部を限定公開します。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。