#勝手に社内リレーPLAYBACK vol.7
見出し画像

#勝手に社内リレーPLAYBACK vol.7

光文社新書のTwitterで月〜金につぶやいている「#勝手に社内リレー」を厳選プレイバックしていくこちらの連載。光文社古典新訳文庫のツイートを受けて、光文社新書がそれに「勝手に」ひもづけて、あるいはこじつけて既刊本をご紹介していきます! 担当の「勝手な」ふり返り付き。

『ミミズによる腐植土の形成』→『土』

担当の自己採点★★ 着想は悪くないのに、「というわけで」と書き出している意味がよくわからないので減点とします。


『失われた世界』→『自画像のゆくえ』

担当の自己採点★★ ちょっと何言っているのかわからない感もありますが……確かなのはこの森村さんの600ページを超える自画像論が畢生の大作であるということです。ちなみに本書が誕生するまで20年かかったという担当編集のエピソードは涙なしでは読めませんよ。


『ほら吹き男爵の冒険』→『教養は「事典」で磨け』

担当の自己採点★★★★ 本の帯に使用させていただいていますが、成毛さんのご自宅地下にあるという書庫はうらやましくなるほど素敵です。


『ニコマコス倫理学』→『自己分析論』

担当の自己採点★★★★ 「ダーク」とはライバルと目したデモクリトスの著作を集めて焼いた行為を指していますが、「焚書」って文明に対する挑戦といいますか、フォローしづらいくらい後世の評価を下げる所業でしょうに……。プラトンの意外な一面でした。


『マルテの日記』『ハムレット Q1』『トニオ・クレーガー』→『語彙力を鍛える』

担当の自己採点★ このときは「デンマーク」にうまくオチをつけられず、こうした苦しいツイートになってしまいました。『ISの人質』になぜ思いが至らなかったのでしょうか…(「人質」となったのはデンマーク出身のカメラマン)。猛省し、勉強しなおしてまいります。


この記事が参加している募集

推薦図書

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
光文社新書

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

アランちゃんも喜んでいます!
光文社新書の公式noteです。2021年10月17日に創刊20周年を迎えました。光文社新書の新刊、イベント情報ほか、既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの一冊について書かれたnoteを収録するマガジン「#私の光文社新書」の投稿をお待ちしています!