見出し画像

【名言集】光文社新書の「#コトバのチカラ」 vol.60


お好きな回からどうぞ!バックナンバーはこちら


山口真由『前に進むための読書論』

画像1

読書は一人ですること。他人の目をリセットすること。自分の心の声に耳を傾けること。そうやって、私は孤独を飼いならしてきたのだと思います。


山田昌弘『日本の少子化対策はなぜ失敗したのか?』

画像2

少子化対策を有効にするためには、若者が中流転落不安を持たせないようにする必要がある。具体的には、ほとんどの若者に、結婚して2人以上の子どもを育てても、生涯にわたって世間並みの生活水準を維持できる、という「確信」を持ってもらう必要がある。


野田隆『テツはこう乗る』

画像3

きれいな車窓を見るのは好き、おいしい駅弁なら食べてみたい、飛行機よりは電車にしたい……なんだっていい。鉄道に対してちょっとでも関心があるなら、あなたにはテツの資格がある。


石黒圭『語彙力を鍛える』

画像4

立板に水のごとく流れでる言葉は、一見美しく見えますが、そこには力がありません。それは受け売りの言葉だからです。迷い、悩み、ためらうなかから出てくる言葉こそが、真に力のあるものになるのです。


林信吾 葛岡智恭『サッカーを知的に愉しむ』

画像5

ワールドカップがこれだけ盛り上がったのは、サッカーが、文化や思想に関わりなく受け容れられてきたからである。サッカーとはこうあるべき、というひとつの理念に凝り固まらず、国によって違うサッカーがあってもよい、という大らかさがあったからである。


林光『職人技を見て歩く』

画像6

共通するのは、どの人も、みんな「素敵」で「かっこいい」人たちでした。「かっこいい」モノやコトを探して、話を聞いてみたら、ホントにかっこいいのは、彼らが作ったモノやコトではなく、作った人そのものだったのです。


石田千『役たたず、』

画像7

あるべきじぶんと、できていないじぶん。鏡にうつるすがたが食い違うほど、現在はしんどいものとなる。そうして、違う違うと思う時間が長くなるほど、いまは縮むし、過去と未来も心細くなり、タラとレバばかりが肥える。





この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
光文社新書

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

アランちゃんともども心から感謝しています!
光文社新書の公式noteです。光文社新書の新刊、イベント情報ほか、ぜひ手にとっていただきたい既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの一冊について書かれたnoteを収録するマガジン「#私の光文社新書」は、常時投稿をお待ちしています!