見出し画像

教養としてのロック名曲ベスト100【第7回】94位はあの曲だ! by 川崎大助

「ホール・ロッタ・ラヴ」レッド・ツェッペリン(1969年11月/Atlantic/米)

画像1

Genre: Hard Rock, Blues Rock
Whole Lotta Love - Led Zeppelin (Nov. 69) Atlantic, US
(John Bonham, Willie Dixson, John Paul Jones, Jimmy Page, Robert Plant) Produced by Jimmy Page
(RS 75 / NME 452) 426 + 49 = 475

これぞツェッペリン。これぞロック。ハード・ロック理想型の最高純度結晶化――それが「胸いっぱいの愛を」との邦題で知られる、このナンバーだ。第1作を超えて大ヒットしたセカンド・アルバム『レッド・ツェッペリン II』のオープニング曲であり、初期の彼らを代表する大人気曲でもある。

この曲は、まずはリフだ。ジミー・ペイジが弾く、ひずんだエレクトリック・ギターの、シンプルなリフの繰り返しのなかには、しかし魔術がひそむ。大きな大きな音量のドラムスがフィル・インから演奏に参加してきた瞬間、魔術の正体が明らかとなる。

絶妙のタメが効いた――つまり、物理的に正確なタイミングからはつねに100分の数秒単位で遅れることで、リズムに特徴を与える――この独特のビート感は、史上最強ドラマーとして名高い「ボンゾ」ことジョン・ボーナムの十八番だ。まるで巨体のロボットが機械的にタメ続けるような彼のビートと、突っ込み気味でときにヨレるペイジのギターのリズムとのあいだに立ちのぼる、得も言われぬ独特の「グルーヴ」! この「魔術」に、人々は打ちのめされた。「なんてかっこいいんだ!」と。ブルースを起源とするロックンロールの、基礎的な要素すべてを強化し、拡大していった先にあるべき「まだだれも見たことがない」ロックの未来へと続く扉をこじ開けたのが、まさにこの1曲だった。

歌詞とメロディも、ブルースだ。タイトルおよびキー・フレーズを正確に訳せば「ありったけの愛」となる。「ベイビー」のそれを求めるがゆえ、ただひたすらにもがき、苦しむ主人公の声が執拗に転写されている。この部分は、数多くの名曲を残したソングライター、ウィリー・ディクソンの曲に準拠している(それをカヴァーしていたスモール・フェイセズにも)。つまりはロバート・プラントによる盗作だということで、80年代にやりとりがおこなわれ、示談となった。しかしこれは醜聞ではない。元来ブルースとは、フォーク・ソングとはそういうものだからだ。「詠み人知らず」に近い、名曲やら名フレーズやらを、パッチワーク状にして口伝していくという側面がある。ボブ・ディランの歌詞がときに「盗作だらけ」と非難されるほどまでにも引用が多いのも、そのせいだ。

英本国ではシングルを発表しない方針の彼らだったが、きちんと発売された他国では軒並み大ヒット。米ビルボードHOT100では初のトップ10入り(4位)、豪と独では1位を獲得した。オリジナル・ラインナップのステージで演奏された最後の曲でもあった。

(次回は93位、お楽しみに! 毎週火曜・金曜更新予定です)

※凡例:
●タイトル表記は、曲名、アーティスト名の順。括弧内は、オリジナル・シングル盤の発表年月、レーベル名、レーベルの所在国を記している。
●曲名については、英文の片仮名起こしを原則とする。とくによく知られている邦題がある場合は、本文中ではそれを優先的に記載する。
●「Genre」欄には、曲の傾向に近しいサブジャンル名を列記した。
●ソングライター名を英文の括弧内に、そのあとにプロデューサー名を記した。
●スコア欄について。「RS」=〈ローリング・ストーン〉のリストでの順位、「NME」は〈NME〉のリストでの順位。そこから計算されたスコアが「pt」であらわされている。

川崎大助(かわさきだいすけ)
1965年生まれ。作家。88年、音楽雑誌「ロッキング・オン」にてライター・デビュー。93年、インディー雑誌「米国音楽」を創刊。執筆のほか、編集やデザイン、DJ、レコード・プロデュースもおこなう。2010年よりビームスが発行する文芸誌「インザシティ」に短編小説を継続して発表。著書に『東京フールズゴールド』『フィッシュマンズ 彼と魚のブルーズ』(ともに河出書房新社)、『日本のロック名盤ベスト100』(講談社現代新書)、『教養としてのロック名盤ベスト100』(光文社新書)、訳書に『フレディ・マーキュリー 写真のなかの人生 ~The Great Pretender』(光文社)がある。
Twitterは@dsk_kawasaki


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

今後とも光文社新書をよろしくお願いします!
16
新刊、イベント情報ほか、ぜひ手にとっていただきたい既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの光文社新書について書かれたnoteをまとめたマガジン「#私の光文社新書」は、アイコンのキャラクター「アランちゃん」ともども投稿をお待ちしています。

この記事が入っているマガジン

教養としてのロック名曲ベスト100 by 川崎大助
教養としてのロック名曲ベスト100 by 川崎大助
  • 36本

今を生きる我々にとっての基礎教養とも言えるロックの名曲を、作家・川崎大助が全く新しい切り口で紹介・解説!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。