【名言集】光文社新書の「#コトバのチカラ」 vol.56
見出し画像

【名言集】光文社新書の「#コトバのチカラ」 vol.56


お好きな回からどうぞ!バックナンバーはこちら

菅原琢『世論の曲解』

画像2

選挙の趨勢を決めるのは、選挙区民のごく一部を占めるに過ぎない熱烈で従順な支持者やネット上のご意見番ではない。政党や候補者とは何の接点もなく、接点を持とうとも思わない、大多数を占める普通の有権者が、政権の命運を握っているのである。


松岡慧祐『グーグルマップの社会学』

画像3

地図としての「社会」はけっして「見えない」のではないが、わたしたちは検索機能やナビゲーション機能が強化されたグーグルマップに支配されることで、それを「見ない」ように誘導されているのではないか。


大内伸哉『勤勉は美徳か?』

画像1

日本の労働者は、就職活動のときから、個性を消すということを始めます。黒の上下のリクルート・スーツを着たシューカツ・ルックは、私の目には、学生が社畜への一歩をすでに踏み出しているようにみえてなりません。


吉田悦章『イスラム金融はなぜ強い』

画像4

イスラム金融の本質は、金利回避、豚肉・アルコール回避にあるのではなく、資金を用いて経済活動を活発化することにこそある。(中略)経済活動・富の蓄積は、シャリアにおいて奨励されており、金融というツールを用いてそれを実現しようというのが、本来のイスラム金融なのである。


笹山尚人『それ、パワハラです』

画像5

労働法には、労働者の人格権を保護しようという内容が含まれている。労働法が職場に根づいていないということは、労働者の人格権を大事にしようという思想が職場に根づいていないということである。


浅井武監修『サッカー ファンタジスタの科学』

画像6

試合中、ちらっと状況を見るという何気ない行為でも、そこから意味を見つけ出すことには、脳が大きく関与している。物理的に同じ場面や状況を見ても、サッカー上級者と初級者では、まったく異なるものを見ているのだ。


古賀茂明『官僚を国民のために働かせる法』

画像7

公僕とは何でしょうか。(中略)それは、いざというときに自分の利益ではなく、公の利益を優先できる、そのために自己犠牲を払える、そういう尊い心の持ち主だという意味なのです。そして、そのことを誇りとし、喜びと感じながら働くのが、公僕たる官僚なのです。




この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
光文社新書

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

アランちゃんも喜んでいます!
光文社新書の公式noteです。2021年10月17日に創刊20周年を迎えました。光文社新書の新刊、イベント情報ほか、既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの一冊について書かれたnoteを収録するマガジン「#私の光文社新書」の投稿をお待ちしています!