見出し画像

【74位】ジョニー・キャッシュの1曲―恋の炎に囲まれて、環っかになって焦がされて

「リング・オブ・ファイア」ジョニー・キャッシュ(1963年4月/Columbia/米)

画像1

Genre: Country
Ring of Fire - Johnny Cash (Apr. 63) Columbia, US
(June Carter • Merle Kilgore) Produced by Don Law
(RS 87 / NME 318) 414 + 183 = 597 

カントリーおよびアメリカ音楽界の巨星、ジョニー・キャッシュの長きキャリアのなかで、最大級のヒット曲となったのがこれだ。ビルボードHOT100では17位止まりだったが、カントリー・チャートでは1位を7週独占した。デジタル時代になっても売れ続け、2010年にはRIAA(アメリカレコード協会)によって、当曲のゴールド認定および、すでに120万回ダウンロードされていることが発表された。

この曲は、恋の歌だ。恋することの「身を焦がすほどの歓び」を歌っている。Ring of Fireとは、一般的には「環太平洋火山帯」を指すのだが、ここでは違って、比喩的に用いられている。恋とは燃え上がるものだから、それは「情熱の炎の環」を作る。ワイルドな欲望に捕われた僕は「燃え盛る火の環っか」に落ちていく――という内容だ。

最初に耳を奪うのは、ホーン・セクションの華やかなフレーズだ。メキシコのマリアッチ楽団風の明るく楽しいそれが、まずはイントロに登場して、そのあとも随所で、歌への合いの手みたいに頻出する。このアレンジのアイデアは、キャッシュ本人によるものだった。とにもかくにも、フィエスタ風の祝祭感に隅々まで満たされている1曲だ。

が、そもそものキャッシュには「こわもて」のイメージがあった。『教養としてのロック名盤ベスト100』で65位だった彼のアルバム『アット・フォルサム・プリズン』(68年)は、タイトルどおり刑務所慰問コンサートの模様を収録したものだ。また彼はアウトローの人生を描くカントリー・ソングの第一人者であり、「黒い服ばかり着る」男であり、エルヴィスらと同じ時期にサン・スタジオにいたオリジナル・ロカビリアンでもあった。ゆえにマリアッチ調のこの曲の「明るさ」は、ひときわ目立つものでもあった。低い声で、岩みたいな顔した笑わないガンマンでも恋をするんだな……というか。

この曲は、のちにキャッシュ夫人となるジューン・カーターが主導して書いた。そもそも彼女はこの曲を「キャッシュとの関係性を念頭に置いて」書いたのだ、という説がある。とはいえ、2人はなかなか「その先」へと進展してはいかなかった。キャッシュがジューンに正式にプロポーズしたのは68年。カナダはオンタリオ州で公演中のステージ上で、観客の前で、すぐ隣にいた彼女に求婚した。このときの模様は、キャッシュの伝記映画『ウォーク・ザ・ライン』(03年)のなかでも描かれている。そんなエピソードも込みで、みんなこの曲を愛した。有名なカヴァー・ヴァージョンも、とても多い。

(次回は73位、お楽しみに! 毎週火曜・金曜更新予定です)

※凡例:
●タイトル表記は、曲名、アーティスト名の順。括弧内は、オリジナル・シングル盤の発表年月、レーベル名、レーベルの所在国を記している。
●曲名については、英文の片仮名起こしを原則とする。とくによく知られている邦題がある場合は、本文中ではそれを優先的に記載する。
●「Genre」欄には、曲の傾向に近しいサブジャンル名を列記した。
●ソングライター名を英文の括弧内に、そのあとにプロデューサー名を記した。
●スコア欄について。「RS」=〈ローリング・ストーン〉のリストでの順位、「NME」は〈NME〉のリストでの順位。そこから計算されたスコアが「pt」であらわされている。
川崎大助(かわさきだいすけ)
1965年生まれ。作家。88年、音楽雑誌「ロッキング・オン」にてライター・デビュー。93年、インディー雑誌「米国音楽」を創刊。執筆のほか、編集やデザイン、DJ、レコード・プロデュースもおこなう。2010年よりビームスが発行する文芸誌「インザシティ」に短編小説を継続して発表。著書に『東京フールズゴールド』『フィッシュマンズ 彼と魚のブルーズ』(ともに河出書房新社)、『日本のロック名盤ベスト100』(講談社現代新書)、『教養としてのロック名盤ベスト100』(光文社新書)、訳書に『フレディ・マーキュリー 写真のなかの人生 ~The Great Pretender』(光文社)がある。
Twitterは@dsk_kawasaki


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

いい本とのいい出会いがありますように!
15
新刊、イベント情報ほか、ぜひ手にとっていただきたい既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの光文社新書について書かれたnoteをまとめたマガジン「#私の光文社新書」は、アイコンのキャラクター「アランちゃん」ともども投稿をお待ちしています!

こちらでもピックアップされています

教養としてのロック名曲ベスト100 by 川崎大助
教養としてのロック名曲ベスト100 by 川崎大助
  • 91本

今を生きる我々にとっての基礎教養とも言えるロックの名曲を、作家・川崎大助が全く新しい切り口で紹介・解説!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。