見出し画像

教養としてのロック名曲ベスト100【第9回】92位はあの人気曲! by 川崎大助

「ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス」ザ・ビートルズ(1968年11月/Apple/英)

画像1

(旧西ドイツ盤の画像です)

Genre: Rock, Blues Rock
While My Guitar Gently Weeps - The Beatles (Nov. 68) Apple, UK
(George Harrison) Produced by George Martin
(RS 136 / NME 382) 365 + 119 = 484 

またもやビートルズ、しかも「あの」人気曲だ。レノン&マッカートニーのクレジットが支配する巨大領地の片隅で、静かに、しかし見まごうことなく着実なる光を放つジョージ・ハリスン作のナンバーのなかでも、1、2を争う人気曲がこれだ。

とはいえ、この曲の主役はジョージではない。ほかの3人でもない。ハリソンの招聘によって、助っ人ギタリストとして参加させられたエリック・クラプトンの、まさにタイトルどおりに「やさしく、むせび泣く」エレクトリック・ギターの至高の芸こそが、主役だ。イントロから始まって、ソロを経て曲の最後まで、途切れることなく「泣き」続けるギターの情緒性の渦にすっぽりと包み込まれて、聴き手は、メランコリーの霧に覆われた深い森のなかへと踏み入っていくことになる。そこで迷子になる。

「僕のギターがやさしくむせび泣くあいだに」この歌の主人公は、いろんなことを観察し、考える。愛の終焉や、信頼がおけなくなった他者の存在などが描写される。でもただそれだけで、主人公は「I don't know」と繰り返すばかり。現実的には「なにもできない」様子ばかりが、繰り言のように続く……という、あらゆる面で「煮え切らない」ポイントだけが凝縮しているのがこのナンバーなのだが、まさにそこが受けた。

たとえば70年代初頭に一世を風靡する、ロサンゼルス周辺の「キャニオン系」シンガー・ソングライターたちと一脈通じるところも、この曲にはあった。私的な題材を適度に抽象化してみることで、核となるテーマのみを純粋培養する――といった作法だ。つまり言うまでもなく、きわめてソロ・アーティスト的な視座から始めるたぐいのもので、驚くことにハリソンは、地上最強のロックンロール・チームの一員でありながら、そんな立脚点をいつの間にか確立していたことになる。つねに弟分あつかいだったせいか。

巷間、この曲はレノンとマッカートニーの不和をハリソンが嘆いているのだ、との読みがある。が、もしそれが本当だったとしても、当曲はより大きな「普遍的真実」を指し示している。関係性のなかにふと差し込む一瞬の影をとらえ得た名曲として、幅広い人気を得た。通称「ホワイト・アルバム」と呼ばれる、ビートルズ第9作目のイギリス盤オリジナル・アルバム(68年、『教養としてのロック名盤ベスト100』第3位)にこの曲は収録。英米ではシングル発売はなかったものの、「オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ」のB面曲として他国では流通。豪、オーストリア、スイス、西ドイツほかで1位を獲得した。

(次回は91位、お楽しみに! 毎週火曜・金曜更新予定です)

※凡例:
●タイトル表記は、曲名、アーティスト名の順。括弧内は、オリジナル・シングル盤の発表年月、レーベル名、レーベルの所在国を記している。
●曲名については、英文の片仮名起こしを原則とする。とくによく知られている邦題がある場合は、本文中ではそれを優先的に記載する。
●「Genre」欄には、曲の傾向に近しいサブジャンル名を列記した。
●ソングライター名を英文の括弧内に、そのあとにプロデューサー名を記した。
●スコア欄について。「RS」=〈ローリング・ストーン〉のリストでの順位、「NME」は〈NME〉のリストでの順位。そこから計算されたスコアが「pt」であらわされている。

川崎大助(かわさきだいすけ)
1965年生まれ。作家。88年、音楽雑誌「ロッキング・オン」にてライター・デビュー。93年、インディー雑誌「米国音楽」を創刊。執筆のほか、編集やデザイン、DJ、レコード・プロデュースもおこなう。2010年よりビームスが発行する文芸誌「インザシティ」に短編小説を継続して発表。著書に『東京フールズゴールド』『フィッシュマンズ 彼と魚のブルーズ』(ともに河出書房新社)、『日本のロック名盤ベスト100』(講談社現代新書)、『教養としてのロック名盤ベスト100』(光文社新書)、訳書に『フレディ・マーキュリー 写真のなかの人生 ~The Great Pretender』(光文社)がある。
Twitterは@dsk_kawasaki


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

アランちゃんも感謝しています!
14
新刊、イベント情報ほか、ぜひ手にとっていただきたい既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの光文社新書について書かれたnoteをまとめたマガジン「#私の光文社新書」は、アイコンのキャラクター「アランちゃん」ともども投稿をお待ちしています!

こちらでもピックアップされています

教養としてのロック名曲ベスト100 by 川崎大助
教養としてのロック名曲ベスト100 by 川崎大助
  • 72本

今を生きる我々にとっての基礎教養とも言えるロックの名曲を、作家・川崎大助が全く新しい切り口で紹介・解説!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。