光文社新書

光文社新書の公式noteです。2021年10月17日に創刊20周年を迎えました。光文社新書の新刊、イベント情報ほか、既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの一冊について書かれたnoteを収録するマガジン「#私の光文社新書」の投稿をお待ちしています!
    • 三砂ちづる『少女・女・母・婆』

      • 9本

      忘れてしまった、身体の力。脈々と日常を支えてきた、心の知恵。まだ残っているなら、取り戻したい。もう取り戻せないのであれば、それがあったことだけでも知っておきたい……。日本で、アジアで、アフリカで、ヨーロッパで、ラテンアメリカで。公衆衛生、国際保健を専門とする疫学者・作家が見てきたもの、伝えておきたいこと。著者:三砂ちづる

    • 私の光文社新書

      • 108本

      どんなに些細なことでも、どんなに短い言葉であっても構いません。お手にとったとき役立ったり、感動したり、人生が変わるきっかけになったりした光文社新書の1冊について、ぜひみなさんだけの言葉でつづられた文章をこのnote上にお寄せください。編集部員が拝見し、ピックアップさせていただいた記事をマガジンとしてシェアします。#私の光文社新書をつけるのをお忘れなく!

    • 【まんが連載】押川先生!「抗がん剤は危ない」って本当ですか?

      • 5本

      『2人に1人はがんになる時代』。でもどこか、自分だけは大丈夫……と思ってしまうのが人の常。この連載は、ある若い夫婦が、現役腫瘍内科医である押川勝太郎先生(YouTubeの「がん防災チャンネル」でも活躍)のアドバイスのもと、妻の乳がんに立ち向かう物語です。まんが家のおちゃずけさんが、押川先生に取材を重ね、がん治療や抗がん剤についての誤解を解いていきます。

    • すべてのマガジンを表示
  • 商品の画像

    ナカムラクニオ『洋画家の美術史』サイン本+ポストカードセット

    ナカムラクニオさんの『洋画家の美術史』サイン本に、本書に登場する画家16人が一堂に会した特製ポストカード付きのセットです。 イラストは、すべてナカムラクニオさんが描いたものになります。このストアでしか手に入らない限定アイテムです!
    1,300円
    光文社新書
  • 商品の画像

    ナカムラクニオ『洋画家の美術史』サイン本+ポストカード5枚セット

    ナカムラクニオさんの『洋画家の美術史』サイン本に、佐伯祐三、藤田嗣治、岸田劉生、梅原龍三郎、東郷青児の特製ポストカード5枚付きのセットです。 イラストは、すべてナカムラクニオさんが描いたものになります。このストアでしか手に入らない限定アイテムです!
    2,000円
    光文社新書
  • 商品の画像

    アランちゃんTシャツ

    光文社新書のカバーデザインを手がけたアラン・チャンさんが 生み出したアイコンキャラクター、 「アランちゃん」をモチーフにしたTシャツです。 光文社新書のカバーと同様に、 アランちゃんのワンポイントが効いている可愛いデザインです! 素材:綿100% サイズ [S]身丈66cm、身幅49cm、肩幅44cm、袖丈19cm [M]身丈70cm、身幅52cm、肩幅47cm、袖丈20cm [L]身丈74cm、身幅55cm、肩幅50cm、袖丈22cm ※US仕様のため、ややゆったりめの作りです。 178㎝90㎏の編集部員がLサイズをゆとりをもって着こなしています。 ご購入前にサイズのご確認をお願いいたします。
    3,000円
    光文社新書
  • もっとみる
固定された記事

【サイトマップ】光文社新書 公式noteの歩き方をご案内します(更新:12/9)

みなさん、こんにちは。 光文社新書のnoteもかなり記事やマガジンが増えてきたので、全体像を…

【第24回】材木を運ぶ――山道を、頭上にのせて……|三砂ちづる

忘れてしまった、身体の力。脈々と日常を支えてきた、心の知恵。まだ残っているなら、取り戻し…

17時間前

【読書レビュー】くじ引き民主主義

政治の門外漢である自分が、筆者のことも知らず、「くじ引き」という政治に使われ難いタイトル…

まんが連載【第5話】押川先生!「お医者さんは言わなければわかってくれない」って本…

『2人に1人はがんになる時代』は確実に来ています。 でも、どこか、自分だけは大丈夫………

#勝手に社内リレーPLAYBACK vol.53

光文社新書のTwitterで月〜金につぶやいている「#勝手に社内リレー」を厳選プレイバックしてい…

哲学できないビジネスパーソンは絶対に生き残れない。『ヘーゲル哲学に学ぶ 考え抜く…

こんにちは。『ヘーゲル哲学に学ぶ 考え抜く力』の「はじめに」全文公開の後編記事です。本書…