光文社新書

光文社新書の公式noteです。2021年10月17日に創刊20周年を迎えました。光文社新書の新刊、イベント情報ほか、既刊本のご紹介や連載をアップしていきます。お気に入りの一冊について書いていただいたnoteを収録するマガジン「#私の光文社新書」では、随時投稿をお待ちしています!

光文社新書

光文社新書の公式noteです。2021年10月17日に創刊20周年を迎えました。光文社新書の新刊、イベント情報ほか、既刊本のご紹介や連載をアップしていきます。お気に入りの一冊について書いていただいたnoteを収録するマガジン「#私の光文社新書」では、随時投稿をお待ちしています!

マガジン

  • 新刊情報【まとめ】

    毎月の新刊についての記事をまとめたマガジンです。なお、光文社新書では毎月16〜19日くらいに、5冊前後の新刊を発行しています。

  • 全文公開【まとめ】

    一冊まるまる公開、もしくは本の一部を全文公開している記事をまとめたマガジンです。すべて無料!

  • 光文社新書PLUS

    小説、翻訳、写真集、コミック…新書の枠を超えて光文社新書編集部が制作した+αな本の魅力をお伝えしていきます。キーワードは「多様性」と「ワクワク感」。

  • コトバのチカラ

    ページをめくっていると、何度も読み返したくなる一節に出会うことがあります。それは時に、その一冊を凝縮したかような力をもった言葉でもあります。光文社新書のラインナップの中から選りすぐりの「一節」をご紹介していく連載です。毎週土曜更新。Twitterでも毎日アップしています!

  • 酒場ライター・パリッコの「つつまし酒」

    人生は辛い。未来への不安は消えない。世の中って甘くない。 けれども、そんな日々の中にだって「幸せ」は存在する。 いつでもどこでも、美味しいお酒とつまみがあればいい――。 混迷極まる令和の飲酒シーンに、颯爽と登場した酒場ライター・パリッコが、「お酒にまつわる、自分だけの、つつましくも幸せな時間」について丹念に紡ぐ飲酒エッセイ、待望の連載再開!

ウィジェット

  • 商品画像

    不安型愛着スタイル~他人の顔色に支配される人々~ (光文社新書)

    岡田 尊司
  • 商品画像

    広告の仕事~広告と社会、希望について~ (光文社新書)

    杉山 恒太郎
  • 商品画像

    「美食地質学」入門~和食と日本列島の素敵な関係~ (光文社新書)

    巽 好幸
  • 商品画像

    時を超える美術~「グローカル・アート」の旅~ (光文社新書)

    新見 隆

リンク

最近の記事

  • 固定された記事

【サイトマップ】光文社新書 公式noteの歩き方をご案内します(更新:2022.8.23)

いつもご愛読ありがとうございます。 光文社新書のnoteも記事やマガジンがかなり増えてきましたので、全体像をわかりやすく整理してご案内します。はじめましての方も、フォロワーの方も、一度ご覧いただければ、光文社新書のnoteの全体像を把握しやすくなると思います! はじめに光文社新書にはキャラクターがいます!光文社新書20年のヒストリーはこちら「#私の光文社新書」で投稿してください!連載中のマガジン → 14本他にもこんなマガジンがあります! → 3本全文公開マガジン → 3

    • 刊行1か月で10万部突破! 田坂広志著『死は存在しない』に寄せられた感想の一部を紹介します。

      上の記事で、序話と目次をお読みいただけます。 読者の方々からの感動の声、続々!衝撃が走りました。帯に「人生が変わる一冊」とありますが、私にとってはそのとおりの本となりました。(男性、50代) 77歳になる今迄、多くの本を読んできましたが、私の人生にこのような力強く、希望に満ちたインパクトを与えてくれた本は初めてです。(男性、70代) これまで2000冊以上の本を読みましたが、著者である先生に直接メールを送るのは初めてです。(女性、30代) 私がこれまで読んできた全ての

      • 杉山恒太郎さん、山口周さんの特別対談を公開!――新刊『広告の仕事』より

        上の記事では『広告の仕事』から「はじめに」と目次を公開中です。 プロボノの大きな意味 杉山 まず山口くんに話を深めてもらいたいのは、プロボノのこと。 本文にも書いたけれど、新型コロナウイルスの影響を受けて、銀座の街が本当に大変なことになった。第一回目の緊急事態宣言の頃は、日本で一番のゴーストタウンになっていたと思うよ。生活のない街だし、本当に人っ子一人いなかったからね。 僕もライトパブリシティに移籍して一〇年、銀座で暮らしている中で老舗の旦那衆と呼ばれる若い経営者たち

        • 【光文社新書12月刊 予約受付中!】 📖岡嶋裕史『Web3とは何か』 📖前田雅之『古典と日本人』 📖望月由起『小学校受験』 📖パントー・フランチェスコ『アニメ療法』 📖岩田健太郎『安い・美味しい・簡単 実践 健康食』 今月はこちらの5冊です! よろしくお願いいたします!

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 新刊情報【まとめ】
          光文社新書
        • 全文公開【まとめ】
          光文社新書
        • 光文社新書PLUS
          光文社新書
        • コトバのチカラ
          光文社新書
        • 酒場ライター・パリッコの「つつまし酒」
          光文社新書
        • 『教養としてのパンク・ロック』by川崎大助
          光文社新書

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          2度起きれば奇跡ではない! ドーハの歓喜! スペイン戦、現地からのリポート by小川光生

          ドイツ戦のリポートはこちら! コスタリカ戦のリポートはこちら! 「サムライ・ブルー……。悪くないけど、もう少し捻りが欲しいな」  日本代表がハリーファ国際スタジアムで“無敵艦隊”を撃破する10日ほど前、私はザファランのファンビレッジの食堂で、あるスペイン人と出会った。彼の名はフランシスコ。バルセロナ出身のWEBデザイナーだという。    英語とスペイン語、イタリア語が交じり合う奇妙な会話だったが、内容はかなり興味深いものだった。各々の自国の代表の同グループの健闘を称えあ

          【名言集】光文社新書の「#コトバのチカラ」 vol.138

          バックナンバーはこちら 三好範英『ドイツリスク』資源輸出にしか頼れないロシア経済は、西側先進主要国に比して脆弱性を抱えている。ソ連時代もヨーロッパに対し石油、天然ガス供給を停止したことはなかった。相互依存の深化は、ドイツにとっての対ロシア依存より、ロシアにとっての対ドイツ依存の方が決定的に強くなるからである。 仲正昌樹『「みんな」のバカ!』いちど「みんな」を見失ってしまって、「みんなはどこにいる……」と自問し始めたら、もはや、前と同じような「みんな」を見出すことはできない

          ドライフルーツの焼酎漬け|パリッコの「つつまし酒」#189

          JUNERAYさんがやっていた 僕も定期的に記事を書かせてもらっているWEBサイト、デイリーポータルZで、以前、ライターのJUNERAYさんが「ドライフルーツで果実酒を仕込むとすごい」という記事を書かれていました。  一般的に果実酒というと、梅酒に代表されるように、旬の季節に果実を酒に漬け、それから飲みごろになるまでに、少なくとも数ヶ月はかかるもの。しかも、度数の高いお酒の他に氷砂糖を用意したり、それを計量したり、専用の瓶を煮沸消毒したりと、ものすごく手間のかかるイメージがあ

          2019年10月刊行『運気を磨く』(田坂広志著、光文社新書)の11刷5000部が決まりました。累計13万3000部となります。1か月で10万部突破の『死は存在しない』に引っ張られるように、再び、よく読まれています!

          「村神様」、祝・流行語大賞受賞! 関連書籍として、「村神様」以前の村上宗隆選手を知りたい方には『二軍監督の仕事』を、ほぼ「村神様」となった村上選手を知りたい方には『一軍監督の仕事』をオススメします。いずれも著者は高津臣吾監督で、光文社新書より絶賛発売中です!

          2:しかし「世間様」は逆襲する、暴漢がパンク・ロッカーを襲う——『教養としてのパンク・ロック』第16回 by 川崎大助

          過去の連載はこちら。 第2章:パンク・ロック創世記、そして、あっという間の黙示録2:しかし「世間様」は逆襲する、暴漢がパンク・ロッカーを襲う   結局のところ「ジュビリー・ボート・トリップ」の騒ぎは、翌朝の新聞では「労働党の機関紙」との異名を持つ、セックス・ピストルズ叩きの急先鋒だった大衆紙デイリー・ミラーだけが取り上げた。11人が同日保釈された件についてはロンドンの夕刊紙が記事にしたのだが、しかしこちらでは、昨夜のイベントそのものについては、一切触れられていなかった。あ

          第10回 「大量に読み、大量に書く」恩田陸の書評が持つ魅力|三宅香帆

          小説家による「小説以外」の書き物小説家・恩田陸による「小説以外」の書き物――つまりはエッセイや書評を収録したのが、本書である。 デビュー当初から14年間にわたる、さまざまな書き物が収録されている。だがそのほとんどが、本や映画といった物語に関する文章となっている。つまり本書は、物語の作り手である恩田陸が、物語について大量に語ったその集積なのである。面白くない訳がない。すぐれた漫画家が好きな漫画について語っているとき、すぐれた映画監督が好きな映画について語っているとき、そしてす

          【第79回】なぜ宇宙は存在するのか?

          宇宙は一つではない?!幼い頃に抱いた「なぜ宇宙は存在するのか」という暗然たる謎、そして思春期の頃に抱いた「なぜ自分は存在するのか」という疑問が、その後の私を学問の世界に導いた。類似した体験をされた読者も多いのではないかと思う。   ただし「なぜ宇宙は存在するのか」という究極の問題については、永久に解答が見つからないに違いないと感じている。たとえ超高度に進化して時空やブラックホールを自在に操るほどの力を持つ知的生命体が存在するとしても、この問題だけには答えられないだろう。なぜな

          コスタリカは“最強のダヴィデ”だった――サッカーW杯日本戦現地リポート by小川光生

          ドイツ戦リポートはこちら。 ”ジャイキリ”の頻発  今大会の日本代表は、グループステージで、ドイツ、スペインとワールドカップで優勝経験を持つ2チームと“同居”しているが、それよりも多い、なんと3つの優勝経験チームと同じグループで戦いなおかつ勝ち抜いたチームがある。2014年ブラジル大会で、イングランド、イタリア、ウルグアイと同組(グループD)に入ったコスタリカだ。  コスタリカは、初戦のウルグアイ戦で3-1と1930年大会の初代王者を退けると、2戦目では4回の優勝を誇る

          岡嶋裕史さんの新刊『Web3とは何か~NFT、ブロックチェーン、メタバース』(光文社新書)の電子版先行配信が始まりました。光文社新書noteの連載を基にした一冊です。言葉だけが一人歩きしているように映る「Web3」。その可能性と限界を、どこよりもわかりやすく解説します。

          【光文社新書】2022年11月刊4冊の内容を3分で!

          ①岡田尊司『不安型愛着スタイル』「生きづらいのは、なぜ?」自己肯定感が低い、気を遣いすぎて疲れてしまう、感覚が敏感で体調を崩しやすい…様々な困難の真の原因、克服、治療法。男性の15%、女性の20%が該当。職場や家庭での対応法も含め、事例を交え解説。 詳しくはこちら ②杉山恒太郎『広告の仕事』遍く広く告げる「広告」から、公に告げる「公告」へ。それが広告力再生の一つの道――。日本の広告界のレジェンドが、自らのクリエイティブを振り返りながら、広告の未来を熱く鋭く語る。山口周氏と

          【名言集】光文社新書の「#コトバのチカラ」 vol.137

          バックナンバーはこちら 古郡廷治 『文章ベタな人のための論文・レポートの授業』文章には「完成」という言葉はありません。あるのは、そこで書くのを切り上げたということです。 荒井一博『学歴社会の法則』シグナリング理論の最も重要な特徴は、大学が学生の能力をまったく向上させなくとも、個人は自分の高い能力を企業(や社会一般)に知らせるために、大学あるいは有名大学に進学しようとする点にあります。これは人的資本論と完全に異なる考え方です。 宮下誠『カラヤンがクラシックを殺した』カラヤ