光文社新書

光文社新書の公式noteです。創刊は2001年10月17日。光文社新書の新刊、イベント…

光文社新書

光文社新書の公式noteです。創刊は2001年10月17日。光文社新書の新刊、イベント情報ほか、既刊本のご紹介や連載をアップしていきます。お気に入りの一冊について書いていただいたnoteを収録するマガジン「#私の光文社新書」では、随時投稿をお待ちしています!

マガジン

  • 馬場紀衣の「読書の森」

    書物の森は、つねに深いものです。林立する木々のあいだで目移りするうちに、途方に暮れてしまうことも珍しくないでしょう。新刊の若木から、自力では辿り着けない名木まで。日頃この森を渉猟しているライター・馬場紀衣さんの先導に添いながら、「読書の森」の深遠に分け入ってみませんか。

  • 酒場ライター・パリッコの「つつまし酒」

    人生は辛い。未来への不安は消えない。世の中って甘くない。 けれども、そんな日々の中にだって「幸せ」は存在する。 いつでもどこでも、美味しいお酒とつまみがあればいい――。 混迷極まる令和の飲酒シーンに、颯爽と登場した酒場ライター・パリッコが、「お酒にまつわる、自分だけの、つつましくも幸せな時間」について丹念に紡ぐ飲酒エッセイ、待望の連載再開!

  • 高橋昌一郎の「視野を広げる新書」

    知的刺激に満ちた必読の新刊「新書」を選び抜いて紹介。あらゆる分野の専門家がコンパクトに仕上げた新書で、多種多彩な世界に「視野」を広げます。

  • 新刊情報【まとめ】

    毎月の新刊についての記事をまとめたマガジンです。なお、光文社新書では毎月16〜19日くらいに、5冊前後の新刊を発行しています。

  • 全文公開【まとめ】

    一冊まるまる公開、もしくは本の一部を全文公開している記事をまとめたマガジンです。すべて無料!

ウィジェット

  • 商品画像

    在宅緩和ケア医が出会った 「最期は自宅で」30の逝き方 (光文社新書)

    髙橋 浩一
  • 商品画像

    日本のヴァイオリニスト 弦楽器奏者の現在・過去・未来 (光文社新書 1292)

    本間 ひろむ
  • 商品画像

    日本のクラシック音楽は歪んでいる 12の批判的考察 (光文社新書 1290)

    森本 恭正
  • 商品画像

    「生命の40億年」に何が起きたのか 生物・ゲノム・ヒトの謎を解く旅 (光文社新書 1291)

    林 純一

リンク

最近の記事

  • 固定された記事

【サイトマップ】光文社新書 公式noteの歩き方をご案内します(更新:2022.8.23)

いつもご愛読ありがとうございます。 光文社新書のnoteも記事やマガジンがかなり増えてきましたので、全体像をわかりやすく整理してご案内します。はじめましての方も、フォロワーの方も、一度ご覧いただければ、光文社新書のnoteの全体像を把握しやすくなると思います! はじめに光文社新書にはキャラクターがいます!光文社新書20年のヒストリーはこちら「#私の光文社新書」で投稿してください!連載中のマガジン → 14本他にもこんなマガジンがあります! → 3本全文公開マガジン → 3

    • 小川洋子のつくり方|馬場紀衣の読書の森 vol.54

      小川洋子の作家活動を最初から追いかけるには遅れての出発になってしまったけれど、これまで出版された全小説をすべて読むのに間に合ったことは、幸運だと思う。一読者として新しい小説を待つ楽しみと、くりかえし読むという喜びの、両方を味わうことができるのだから。 本書は、その小川洋子の作品と創作が語りつくされた一冊。なにせ海燕新人賞を受賞した「揚羽蝶が壊れる時」にはじまり、そして本来ならデビュー作になるはずだった「完璧な病室」から「掌に眠る舞台」にいたるまで、ほぼすべての小説についての

      • 自家製! 国産牛100%ダブルチーズバーガー|パリッコの「つつまし酒」#230

        ハンバーグ作りのハードル 家で作る料理のハードルにおいて、「ハンバーグ」ってけっこう高くないですか? 焼肉ならば、フライパンやホットプレートで肉を焼けばいいだけ。けれどもハンバーグは、ひき肉にどんな要素を加えれば正解なのかがわからないし、どんな焼きかたが正解なのかがわからないし、無数にあると噂されている“肉をふっくらジューシーに仕上げる裏技”の、どれをどう採用していいかもわからないし。  けれども近年、主に「娘が好きだから」という理由でハンバーグを作る機会が増え、そのたびにハ

        • 日本で「安楽死」を合法化すべきか?|高橋昌一郎【第27回】

          「安楽死」の「些末化」「安楽死(euthanasia)」という言葉の語源は、ギリシャ語の「良き(eu)死(thanatos)」にある。現在は、一般に「人間としての尊厳を守り、苦痛のない良き死」を「第三者に依頼する」という意味で用いられている。仮に回復の見込みのない不治の病に罹った患者が自ら命を絶てば、それは「自殺」である。しかし「安楽死」には本人以外の医師や家族などの第三者が介在するため、刑法上は「自殺幇助罪」や「殺人罪」との関連が議論されることになる。(安楽死に関する議論は

        • 固定された記事

        【サイトマップ】光文社新書 公式noteの歩き方をご案内します(更新:2022.8.23)

        マガジン

        • 馬場紀衣の「読書の森」
          55本
        • 酒場ライター・パリッコの「つつまし酒」
          180本
        • 高橋昌一郎の「視野を広げる新書」
          27本
        • 新刊情報【まとめ】
          385本
        • 全文公開【まとめ】
          228本
        • 私の光文社新書
          141本

        記事

          フランスはパリだけじゃない! オリンピック前に読んでおきたい話|池上英洋

          フランスを代表する華麗なシャトー(城館)パリから北に電車で三〇分ほど行ったところに、シャンティイという可愛らしい街がある。パリ都市圏を指すイル=ド=フランスのすぐ外側に位置するが、あたりをうっそうとした森に囲まれ、本当にこの街に一万人も住んでいるのかと首を傾げたくなるほどだ。 駅を出て、林の中にまっすぐのびる並木道をしばらく歩くと、左手に競馬場が見えてくる。一八三四年に近代フランスで最初のレースが開催された場所であり、近年でもロンシャン競馬場が改修中には凱旋門賞が開かれる。

          フランスはパリだけじゃない! オリンピック前に読んでおきたい話|池上英洋

          ジャニーズ問題が「現在進行形の犯罪」として告発されるまで|『なぜBBCだけが伝えられるのか』本文公開

          「現在進行形の犯罪」——英国からのジャニーズ告発英国のテレビ局が制作した番組が日本の社会問題を鋭く描き出し、その結果、日本の中で変革への大きなうねりが生まれる。そんなことが今まであっただろうか? 2023年3月7日、BBCが放送したドキュメンタリー番組『J-POPの捕食者——秘められたスキャンダル』はそんな稀有な例となった。日本でも3月18日からBBCワールドニュース・チャンネルを扱う複数のチャンネルで放送された。 「J-POPの捕食者」とは、日本で有数の大手タレント事務

          ジャニーズ問題が「現在進行形の犯罪」として告発されるまで|『なぜBBCだけが伝えられるのか』本文公開

          サイボーグになる|馬場紀衣の読書の森 vol.53

          SF作家のキム・チョヨプは、15歳のときに神経性難聴と診断されて医師に補聴器をすすめられた。技能者がもってきた「耳あな型」補聴器は耳の中にすっぽりおさまる爪の大きさほどのもので、つけても目立たないようにデザインされていた。「眼鏡店のそれとは違って補聴器店の鏡は、補聴器が外から見えないことを確認させるために置いてあった。わたしは補聴器をつけていることをずっと隠していられた。そして、これからもわたしにはそうすることが求められるのかもしれない、という気がした」。この小さな機器にかぶ

          サイボーグになる|馬場紀衣の読書の森 vol.53

          掃除、料理、ルーティーン……何気ない日常を哲学すれば毎日に少しだけ意味ができる|家から考える「日常美学」入門

           朝起きて、コーヒーを少しずつ飲みながら子どもの身支度を手伝う。その忙しなさにぐったりするものの、保育園に向かう道で季節の植物を眺めるとき、静かな喜びに満たされる。しかしそれも束の間、溜まりに溜まっている仕事をなんとか保育園の閉まる時間までに捌いていかなければいけない。ああ今日もあまり仕事のキリがよくないな……と思いながら、家族の夕食をつくる。料理は嫌いだけれど、食卓に食器を並べたり、部屋を片付けたりするのは楽しい。夜、子どもを寝かしつける際に一緒に寝落ちしなければ、束の間の

          掃除、料理、ルーティーン……何気ない日常を哲学すれば毎日に少しだけ意味ができる|家から考える「日常美学」入門

          なぜ「進化論的アプローチ」が流行するのか?|高橋昌一郎【第26回】

          進化論の3つの「呪い」一般に「科学」の最大の特徴は時間的な「更新性」である。科学者は、最新データに基づいて研究を進め、最先端の科学理論は常に更新されている。パソコンのソフトが不具合を修正しながらバージョンアップしていくように、科学理論も日々刻々とバージョンアップを遂げていると考えればわかりやすいだろう。 したがって、過去の科学理論は、現代科学においては意味をなさないことが多い。たとえば、現代の宇宙物理学を理解するために最も適切な方法は、宇宙望遠鏡の観測データを含むような理論

          なぜ「進化論的アプローチ」が流行するのか?|高橋昌一郎【第26回】

          「ナショナリズム」への安易な誤解を解くために|『ナショナリズムと政治意識』冒頭部分を公開!

          はじめに21世紀、冷戦が終わり、国際化・グローバル化が進み、ヨーロッパではEUという地域統合プロジェクトがますます深化拡大する中で、世界の政治は、外国人排斥や反グローバリズム、そして時には戦争という、しばしば「ナショナリズム」と結びつけられ形容される現象に染められています。そしてこのような政治の動きに対して、「保守化」「右傾化」といった表現がされることがあります。これは適切なのでしょうか? 初めに考えなければいけないことが、いくつかあります。まず、ナショナリズムとは何なので

          「ナショナリズム」への安易な誤解を解くために|『ナショナリズムと政治意識』冒頭部分を公開!

          電車でイライラするのはなぜ?車内マナーの歴史をたどり、他人のふるまいが気になる理由と日本社会に迫る一冊。

          「マナー違反」にイライラしたり、怒られたり……。 通勤・通学などで日常的に利用される電車の中は、ときに殺伐とした空間になることもあります。 不特定多数の人が集まる電車という空間には、お互いが不快な思いをしなように、列車が滞りなく運行できるように、車内マナーが共有されていますが、このマナーがどのように誕生し、変遷し、そして現代の私たちのイライラの原因になっているかを追った一冊が、6月19日(水)に発売となります。 『電車で怒られた! 「社会の縮図」としての鉄道マナー史』の著者の

          電車でイライラするのはなぜ?車内マナーの歴史をたどり、他人のふるまいが気になる理由と日本社会に迫る一冊。

          人間性の進化的起源|馬場紀衣の読書の森 vol.52

          長い、長い地球の歴史上のどの時点に自分が生きているのかを意識することはほとんどないように思う。人類は地球の環境を猛スピードで変えてきたし、でも、変えてきた気がするだけだ。この一、二万年のあいだの人類の文化進化は目覚ましいもので、私たちの祖先は都市をつくり、知識を百科事典にまとめ、栄養価の高い食べものを作り、音楽を奏でた。人類の目覚ましい文化進化の感触をこの身をもって経験するには一生は短すぎるが、その手触りをこの本が与えてくれる。 それこそ小さな体から身を乗り出して地球規模で

          人間性の進化的起源|馬場紀衣の読書の森 vol.52

          夢のかぶら屋ラーメン|パリッコの「つつまし酒」#229

          酒場ライター業の原点 物心、いや、酒心ついて以来、それはもう長いこと、酒好きをやらせてもらっております。当初は酔っぱらって友達とわいわい騒ぐことが純粋に楽しかったのが、やがて少しずつ酒場自体の良さ、おもしろさに気づきだし、どんどんとのめり込むようになり、気づけば酒場ライターなどという存在になってしまった昨今です。  若いころからものづくりや、なにかを発信することは好きだったので、少しずつブログ的なものに酒場の記録を書くようになりました。やがて初めて人から頼まれ、記事を書くよう

          夢のかぶら屋ラーメン|パリッコの「つつまし酒」#229

          人体、5億年の記憶|馬場紀衣の読書の森 vol.51

          ささやかなことだけれど「体」と「からだ」では、表記以外にもちがいがあるように思う。眼があり、脳があり、左腕と右腕があり、左脚と右脚があり、やはり左右に5本ずつ指がついている、そんな左右対称の構造をもつ「体」。たいしてその中央ともいうべき場所にある「こころ」をも含んだ「からだ」。そういえば「身体」という表記もある。こうした表記の揺れには、カラダのというものの曖昧さがよく表現されているように思う。そして私がつねに惹かれてやまないのは「からだ」なのである。 「からだ」について書き

          人体、5億年の記憶|馬場紀衣の読書の森 vol.51

          どうすれば日本の若者を「抑圧」から解放できるのか?|高橋昌一郎【第25回】

          「民主主義」の基盤は「ロジカルコミュニケーション」私は長年に渡って大学やカルチャーセンターで「ロジカルコミュニケーション」を提唱している。その対極に位置するのが、いわば「相手を黙らせるコミュニケーション」である。こちらは、自己主張を大声で述べ、相手の発言を平気で遮り、自分の立場は絶対に譲らず、場合によっては相手を嘲笑したり罵倒したりして、相手が黙り込むと「はい、論破!」と勝ち誇るというタイプである。 テレビやネットの討論番組などの悪影響もあるのか、このような「論破」こそが「

          どうすれば日本の若者を「抑圧」から解放できるのか?|高橋昌一郎【第25回】

          「滅亡予言」13年周期説|辛酸なめ子

          『私が見た未来』の予知夢なぜ定期的に滅亡予言が発生するのでしょう……。もしかして人は心のどこかで滅亡を望んでいるのでしょうか。増税、物価の高騰、上がらない給料、漫然と続く生活、地球の環境の悪化など人生の不安について考えると、いっそ全てをリセットした方が良いのではないか、と……。 このところスピリチュアル界隈や都市伝説界隈の方々に会うと、2025年の7月の予言の話が出ることが多いです。 それは、東日本大震災の予言が的中したことで有名になった漫画家、たつき諒先生の『私が見た未

          「滅亡予言」13年周期説|辛酸なめ子