光文社新書

光文社新書の公式noteです。創刊は2001年10月17日。光文社新書の新刊、イベント…

光文社新書

光文社新書の公式noteです。創刊は2001年10月17日。光文社新書の新刊、イベント情報ほか、既刊本のご紹介や連載をアップしていきます。お気に入りの一冊について書いていただいたnoteを収録するマガジン「#私の光文社新書」では、随時投稿をお待ちしています!

マガジン

  • 高橋昌一郎の「視野を広げる新書」

    知的刺激に満ちた必読の新刊「新書」を選び抜いて紹介。あらゆる分野の専門家がコンパクトに仕上げた新書で、多種多彩な世界に「視野」を広げます。

  • 馬場紀衣の「読書の森」

    書物の森は、つねに深いものです。林立する木々のあいだで目移りするうちに、途方に暮れてしまうことも珍しくないでしょう。新刊の若木から、自力では辿り着けない名木まで。日頃この森を渉猟しているライター・馬場紀衣さんの先導に添いながら、「読書の森」の深遠に分け入ってみませんか。

  • 全文公開【まとめ】

    一冊まるまる公開、もしくは本の一部を全文公開している記事をまとめたマガジンです。すべて無料!

  • 新刊情報【まとめ】

    毎月の新刊についての記事をまとめたマガジンです。なお、光文社新書では毎月16〜19日くらいに、5冊前後の新刊を発行しています。

  • 新書編集部発の絵本・児童書コーナー

    新書編集部から、絵本や児童書が刊行されていることをご存じでしたか? このマガジンでは、その珠玉の一冊一冊を紹介していきます。ご期待ください。

ウィジェット

  • 商品画像

    在宅緩和ケア医が出会った 「最期は自宅で」30の逝き方 (光文社新書)

    髙橋 浩一
  • 商品画像

    日本のヴァイオリニスト 弦楽器奏者の現在・過去・未来 (光文社新書 1292)

    本間 ひろむ
  • 商品画像

    日本のクラシック音楽は歪んでいる 12の批判的考察 (光文社新書 1290)

    森本 恭正
  • 商品画像

    「生命の40億年」に何が起きたのか 生物・ゲノム・ヒトの謎を解く旅 (光文社新書 1291)

    林 純一

リンク

最近の記事

  • 固定された記事

【サイトマップ】光文社新書 公式noteの歩き方をご案内します(更新:2022.8.23)

いつもご愛読ありがとうございます。 光文社新書のnoteも記事やマガジンがかなり増えてきましたので、全体像をわかりやすく整理してご案内します。はじめましての方も、フォロワーの方も、一度ご覧いただければ、光文社新書のnoteの全体像を把握しやすくなると思います! はじめに光文社新書にはキャラクターがいます!光文社新書20年のヒストリーはこちら「#私の光文社新書」で投稿してください!連載中のマガジン → 14本他にもこんなマガジンがあります! → 3本全文公開マガジン → 3

    • なぜ日本は「詭弁社会」になってしまったのか?|高橋昌一郎【第21回】

      「ウソ」と「詭弁」という「二匹の怪物」「【聞かれても答えない国家】国会の答弁拒否。過去最高を更新中。#お答えを差し控える」という立命館大学産業社会学部准教授・桜井啓太氏のポスト がX(Twitter)のタイムラインに流れてきた(@sakuey、2024年1月27日付)。 桜井氏は「いつからこんなに国会は答えなくても許される場所になったのか?」という疑念から「国会会議録検索システム」を利用して「お答えを差し控える」と類似した答弁拒否の回数を集計した。すると、1970年度は年間

      • 視覚化する味覚|馬場紀衣の読書の森 vol.45

        スーパーマーケットで野菜を選ぶとき、私たちは外見で(というのは傷の有無や虫食いなどを気にしながら)新鮮さや美味しさを見分けているから、バナナが黄色であることやトマトが赤い色をしていることをいちいち疑ったりしない。だから、かつては赤茶色のバナナや紫色のトマトが販売されており、それが「当たり前」の色だった、と読んだときには驚いた。私はそんな色の野菜を見たことがないし、棚に並んでいるのを見た日には、なんだか子どもが色塗りをまちがえてしまったみたいだな、と思うだろう。 本書によれば

        • 大人こそ学びたかった――思考を広げ、課題を見つけ、自ら解く力:新刊『中高生のための「探究学習」入門』「はじめに」を公開|中田亨

          はじめに 「探究学習」とは何か? 最近、『探究学習』がブームのようです。 高校の前を通ると、「柔道大会 優勝 〇〇さん」とか「俳句大賞 優秀賞 〇〇さん」といった、生徒を顕彰する垂れ幕や横断幕をしばしば見かけます。その中に「探究コンテスト」なるものも交ざるようになりました。 この『探究学習』とは何でしょうか。 一言で言えば、自分で謎を見つけ、それを自分で解くことです。それが学校の科目になっています。 従来型の科目では、教わる内容は全員共通のものがあらかじめ決まって

        • 固定された記事

        【サイトマップ】光文社新書 公式noteの歩き方をご案内します(更新:2022.8.23)

        • なぜ日本は「詭弁社会」になってしまったのか?|高橋昌一郎【第21回】

        • 視覚化する味覚|馬場紀衣の読書の森 vol.45

        • 大人こそ学びたかった――思考を広げ、課題を見つけ、自ら解く力:新刊『中高生のための「探究学習」入門』「はじめに」を公開|中田亨

        マガジン

        • 高橋昌一郎の「視野を広げる新書」
          21本
        • 馬場紀衣の「読書の森」
          46本
        • 全文公開【まとめ】
          223本
        • 新刊情報【まとめ】
          375本
        • 新書編集部発の絵本・児童書コーナー
          11本
        • 酒場ライター・パリッコの「つつまし酒」
          175本

        記事

          田坂広志さんと高橋一生さんの『死は存在しない』をめぐる対談が、Esquire誌に掲載されました。非常に深い、読み応えのある対談です。写真も素敵ですので、ぜひ手に取ってみてください。

          田坂広志さんと高橋一生さんの『死は存在しない』をめぐる対談が、Esquire誌に掲載されました。非常に深い、読み応えのある対談です。写真も素敵ですので、ぜひ手に取ってみてください。

          喜瀬雅則さんの「番記者」シリーズには一つのジンクスがあります。喜瀬さんがテーマとして扱った球団が、同じ年のペナントを制するということ。最新刊は『中日ドラゴンズが優勝できなくても愛される理由』ですが、どんな結末が待ち受けているでしょうか?

          喜瀬雅則さんの「番記者」シリーズには一つのジンクスがあります。喜瀬さんがテーマとして扱った球団が、同じ年のペナントを制するということ。最新刊は『中日ドラゴンズが優勝できなくても愛される理由』ですが、どんな結末が待ち受けているでしょうか?

          話題沸騰、前野 ウルド 浩太郎さんの『バッタを倒すぜ アフリカで』ですが、発売当日に大増刷が決まりました! さらに前作『バッタを倒しにアフリカへ』も18刷になりました。引き続き、応援、よろしくお願いいたします!

          話題沸騰、前野 ウルド 浩太郎さんの『バッタを倒すぜ アフリカで』ですが、発売当日に大増刷が決まりました! さらに前作『バッタを倒しにアフリカへ』も18刷になりました。引き続き、応援、よろしくお願いいたします!

          心配性なのは進化のせいでもある!? 身近にあふれる「進化」の話|河田雅圭

          ダーウィンの『種の起源』が刊行されてから150年以上が経った今、進化論のエッセンスは日常にも浸透しています。「常に進化し続ける」「変化できるものだけが生き残る」。こんな言葉を一度は耳にしたことがあると思います。しかし、実際の生物の進化はそんなにシンプルなのでしょうか。すべての進化は生存に役立つもの? 否、偶然による生存に役立たない進化もあります。生存競争に敗れれば絶滅しかない? 否、そもそも生存競争から逃れ、別の地で生き続けることもあります。生物の進化は私たちの想像以上に多種

          心配性なのは進化のせいでもある!? 身近にあふれる「進化」の話|河田雅圭

          生き延びるためには、勇ましくあってはならない|森村泰昌の「人生論ノート」

          その家はまだ生き延びているだれも住んでいない家がある。かつてそれは私の実家だった。いまはほとんど物置小屋になっている。私が生まれてすこしたって両親とうつり住み、30代後半までくらしていた。これまでの人生の半分ばかりをこの家とともに生きてきたことになる。 道路ぞいの長屋の北端にあるこのちいさな家で父は緑茶を商っていた。もともとは店だけで住まいは近所のべつのところにあった。ひっこしを機に一階の店舗のよこに四畳ほどの居間が増築され、さらにそのよこにはちいさな風呂場もつくられた。二

          生き延びるためには、勇ましくあってはならない|森村泰昌の「人生論ノート」

          食べる西洋美術史|馬場紀衣の読書の森 vol.44

          食事の席を描いた絵画はたくさんあるけれど、まずはレオナルド・ダ・ヴィンチの『最後の晩餐』が思いだされる。捕縛される前日、キリストはエルサレムで12人の弟子たちと食事をした。身振りと表情によって表現された使徒たちのそれぞれの感情は、キリストがこの席で発言した衝撃的な内容によるものだけれど、私には彼らの会話よりもずっと気になることがある。世界でもっとも有名な晩餐の、そのメニューだ。食べることへの情熱がそれほどない人でも、テーブルの上になにが並んでいるのか「見よう」と目を細めたこと

          食べる西洋美術史|馬場紀衣の読書の森 vol.44

          【絵本全ページ先行公開】一緒に暮らせば、家族になれる。新時代の″DEI”絵本「おおきなムクムク」が教えてくれること。

          現代の新定番ともなるような、新しい翻訳絵本ができました。舞台はとある、大きな街。遠くからやってきた、おおきくて白いムク犬のムクムクは、キラキラの街や人々に、うきうき楽しい気持ちになりました。でも、なかなか新しいおうちが見つからなくて、だんだんさみしい気持ちになって……。 たくさんの人で賑わう街の中に描かれるのは、多種多様な人種、多種多様なセクシュアリティ、多種多様な家族のかたち。ポップな色彩で隅々まで描き込まれた人々の姿から、読む人と子どもとの間に自然な会話が生まれるはずで

          【絵本全ページ先行公開】一緒に暮らせば、家族になれる。新時代の″DEI”絵本「おおきなムクムク」が教えてくれること。

          とんそくをしゃぶりつくせ!|パリッコの「つつまし酒」#225

          ずっと気にはなっていたけど「とんそくラーメン」ってどうなんだろう?  ふと、そんなことを思ったんです。  というのもですね、たまに行く業務スーパーにいつも売ってるんですよ。パックに大入りのとんそくが、かなりお手頃な値段で。  で、見るたびに気になっていたんだけど、どうもなんていうか、自分のような者の手にはおえない気がして、「次回でいいか」と、毎回購入を見送っていたんです。だって、この量のとんそくですよ。娘は食べず嫌いするだろうし、妻も嫌いじゃないとはいえ、夫婦ふたりで食べつ

          とんそくをしゃぶりつくせ!|パリッコの「つつまし酒」#225

          東大入試に「女性枠」を設けるべきか?|高橋昌一郎【第20回】

          「アファーマティブ・アクション」の論争私事で恐縮だが、長女が今春から東京大学に進学したばかりなので、気になって手にしたのが本書である。オビに「『男が8割』の衝撃――。女性の “いない” キャンパス。現役の教授による懺悔と決意。これは大学だけじゃない、日本全体の問題だ!」とある通り、日本の男女格差に対する広義の提言書といえる。 一般に、アフリカン・アメリカンやネイティブ・アメリカンなどの人種的少数派、女性や心身障害者などの「社会的マイノリティ」に対して、歴史的に存在してきた差

          東大入試に「女性枠」を設けるべきか?|高橋昌一郎【第20回】

          嫉妬論|馬場紀衣の読書の森 vol.43

          『嫉妬論』。なんて読みたくない本だろう、と思う。読んでしまえば気づいてしまう、と思い、気づいてしまうと苦しいし、苦しいからこそ手放したいのにそれができないから、やっぱり辛いのだ、と思う。 映画や小説に探さなくたって、私たちの周りは嫉妬の物語であふれている。それどころか嫉妬がどんなふうに自分の心を鷲掴みにするか、どんな気持ちを連れて来るかまで知っている。でも、その構造や性質についてはあまり話されてこなかったように思う。嫉妬感情に関していえば、これはもう冷静な他人に説いてもらう

          嫉妬論|馬場紀衣の読書の森 vol.43

          「愛着障害」で有名な愛着……ですが、本当の意味を知っていますか? 愛着は、いつでも、ここから、誰にでも育てられます。 『子どものこころは大人と育つ』の著者篠原郁子先生×宮里暁美先生のイベントは明日開催!まだ予約可能!生配信アリ! https://store.kinokuniya.co.jp/event/1709628343/

          「愛着障害」で有名な愛着……ですが、本当の意味を知っていますか? 愛着は、いつでも、ここから、誰にでも育てられます。 『子どものこころは大人と育つ』の著者篠原郁子先生×宮里暁美先生のイベントは明日開催!まだ予約可能!生配信アリ! https://store.kinokuniya.co.jp/event/1709628343/

          日々の労働が作り上げた「よくゆるんだ身体と中心軸」:新刊『頭上運搬を追って』「はじめに」を公開|三砂ちづる

          はじめに 2023年末、ドジャースに入団会見をした元オリックスの山本由伸投手は、2021年のオリックスのリーグ優勝の際に出た記事の中で語っている。 前年のオフの時に、昔の女性が米俵を担いでいる写真を見て、こう思ったそうだ。 「昔の女の人が米俵を担いでいる写真。担げるの?って思うじゃないですか。コツを知っているから持って運べる。人間にはそれだけの力があるはずなんです。トレーニングしているわけではないのに、生きるためにこういうことができる。じゃあ筋肉じゃない。自分の体の重心

          日々の労働が作り上げた「よくゆるんだ身体と中心軸」:新刊『頭上運搬を追って』「はじめに」を公開|三砂ちづる