光文社新書

光文社新書の公式noteです。2021年10月17日に創刊20周年を迎えました。光文社新書の新刊、イベント情報ほか、既刊本のご紹介や連載をアップしていきます。お気に入りの一冊について書いていただいたnoteを収録するマガジン「#私の光文社新書」では、随時投稿をお待ちしています!

光文社新書

光文社新書の公式noteです。2021年10月17日に創刊20周年を迎えました。光文社新書の新刊、イベント情報ほか、既刊本のご紹介や連載をアップしていきます。お気に入りの一冊について書いていただいたnoteを収録するマガジン「#私の光文社新書」では、随時投稿をお待ちしています!

マガジン

  • コトバのチカラ

    ページをめくっていると、何度も読み返したくなる一節に出会うことがあります。それは時に、その一冊を凝縮したかような力をもった言葉でもあります。光文社新書のラインナップの中から選りすぐりの「一節」をご紹介していく連載です。毎週土曜更新。Twitterでも毎日アップしています!

  • 失われた絶版本を求めて|三宅香帆

    気鋭の書評家にして、読書家である三宅香帆さんによる「絶版本」ブックガイド。時の狭間に埋もれてしまった絶版本の魅力と、その今日的な意義について紹介していきます。この連載がきっかけに、どうか復刊となりますように。毎月1日と15日に更新です。

  • 新書こそが教養!

    現代の日本社会では、多彩な分野の専門家がコンパクトに仕上げた「新書」こそが、最も厳選されたコンテンツといえます。この連載では、哲学者・高橋昌一郎が「教養」を磨くために必読の新刊「新書」を選び抜いて紹介します! 高橋先生のお名前にちなんで、「1」の日、毎月1、11、21日の更新です。

ストア

  • 商品の画像

    ナカムラクニオ『洋画家の美術史』サイン本+ポストカードセット

    ナカムラクニオさんの『洋画家の美術史』サイン本に、本書に登場する画家16人が一堂に会した特製ポストカード付きのセットです。 イラストは、すべてナカムラクニオさんが描いたものになります。このストアでしか手に入らない限定アイテムです!
    1,300円
    光文社新書
  • 商品の画像

    ナカムラクニオ『洋画家の美術史』サイン本+ポストカード5枚セット

    ナカムラクニオさんの『洋画家の美術史』サイン本に、佐伯祐三、藤田嗣治、岸田劉生、梅原龍三郎、東郷青児の特製ポストカード5枚付きのセットです。 イラストは、すべてナカムラクニオさんが描いたものになります。このストアでしか手に入らない限定アイテムです!
    2,000円
    光文社新書

ウィジェット

  • 商品画像

    宇宙を動かしているものは何か (光文社新書 1218)

    谷口 義明
  • 商品画像

    射精道 (光文社新書 1219)

    今井 伸
  • 商品画像

    日本の高山植物 どうやって生きているの? (光文社新書)

    工藤 岳
  • 商品画像

    痛みが消えていく身体の使い「型」 (光文社新書 1221)

    伊藤 和磨
  • 商品画像

    「友だち」から自由になる (光文社新書 1222)

    石田 光規

リンク

  • 商品の画像

    ナカムラクニオ『洋画家の美術史』サイン本+ポストカードセット

    ナカムラクニオさんの『洋画家の美術史』サイン本に、本書に登場する画家16人が一堂に会した特製ポストカード付きのセットです。 イラストは、すべてナカムラクニオさんが描いたものになります。このストアでしか手に入らない限定アイテムです!
    1,300円
    光文社新書
  • 商品の画像

    ナカムラクニオ『洋画家の美術史』サイン本+ポストカード5枚セット

    ナカムラクニオさんの『洋画家の美術史』サイン本に、佐伯祐三、藤田嗣治、岸田劉生、梅原龍三郎、東郷青児の特製ポストカード5枚付きのセットです。 イラストは、すべてナカムラクニオさんが描いたものになります。このストアでしか手に入らない限定アイテムです!
    2,000円
    光文社新書
  • もっとみる

最近の記事

固定された記事

【サイトマップ】光文社新書 公式noteの歩き方をご案内します(更新:2022.8.23)

いつもご愛読ありがとうございます。 光文社新書のnoteも記事やマガジンがかなり増えてきましたので、全体像をわかりやすく整理してご案内します。はじめましての方も、フォロワーの方も、一度ご覧いただければ、光文社新書のnoteの全体像を把握しやすくなると思います! はじめに光文社新書にはキャラクターがいます!光文社新書20年のヒストリーはこちら「#私の光文社新書」で投稿してください!連載中のマガジン → 14本他にもこんなマガジンがあります! → 3本全文公開マガジン → 3

スキ
139
    • 【名言集】光文社新書の「#コトバのチカラ」 vol.129

      バックナンバーはこちら 宮下規久朗『名画の生まれるとき』肖像という芸術を成り立たせてきたのは、単なる記録や、ましてや美の追求などではない。身近な者を失った者のどうしようもない喪失感が切実に求めたものであり、それによって制作された遺影がこうした悲嘆を少なからず癒してきたのである。 瀬地山角『炎上CMでよみとくジェンダー論』なぜ女性の側から批判され、問題視されるのか。それは女性を都合よく型にはめようとしていたり、女性の声や感覚を無視していたりするからです。そしてそれは男性にと

      スキ
      10
      • 第6回 藤本由香里が切り拓いた少女漫画評論の可能性|三宅香帆

        少女漫画評論は、少ない?ひとつの個人的な思い出話から始めたい。 もう一度断るが、ものすごく個人的な話なので、興味のない方は読み飛ばしてほしい。 で、個人的な話なのだが(三回目)、以前SNSに「少年漫画評論と比較し、少女漫画評論は全然ない」と書いたら、やたら怒られたことがある。 バカを言うな、少女漫画評論はたくさんあるだろう、少年漫画評論と比較して統計をとったことがあるのか、少女漫画評論を読んでないやつが少女漫画評論について軽薄なことを言うな、と怒られた。 私はけっこう

        スキ
        11
        • 【第73回】江戸時代の「お白洲」とは何だったのか?

          「身分」を可視化する不思議な空間江戸時代中期、江戸城の南側のお濠には数多くの鴨が浮かび、「鴨ヶ淵」と呼ばれていた。ある商店の丁稚の少年が悪戯心を起こしてお濠に小石を投げてみたところ、一羽に命中し、その鴨は死んでしまった。この様子を見ていた役人が慌てて少年を取り押さえ、商店の主人と共に南町奉行所に突き出した。   江戸城周辺の鴨は徳川将軍家の所有物とみなされ、それに危害を加える者は「将軍家に弓を引くも同然厳罰に処す」と定められている。ところが、南町奉行の大岡越前守忠相は、偶然殺

          スキ
          19

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • コトバのチカラ
          光文社新書
        • 失われた絶版本を求めて|三宅香帆
          光文社新書
        • 新書こそが教養!
          光文社新書
        • 酒場ライター・パリッコの「つつまし酒」
          光文社新書
        • 『教養としてのパンク・ロック』by川崎大助
          光文社新書
        • 私の光文社新書
          光文社新書

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          noteのフォロワーさんが9900人になりました!㊗️ ありがとうございます🙌 日ごろ光文社新書を応援してくださり心よりお礼を申し上げます! 注目の連載から新刊情報まで盛りだくさんで更新していきます。今後とも紙の本ともどもご愛読よろしくお願いいたします!

          スキ
          12

          家オクトーバーフェスト2022|パリッコの「つつまし酒」#180

          10月と言えば 朝起きて窓を開けると、どこからともなくふわりと甘い金木犀の香り。おや? とカレンダーに目をやると、早いもので、明日からもう10月ですか。いや〜、早いものですねぇ……いやいや! 早いものすぎない!? え、もう10月なの!? 今年、今まで、なにして過ごしてたっけ?  あ〜、嫌んなっちゃうなぁ、歳をとると、月日の経つのがどんどん早くなって……って、やばいやばい。このままだと、書こうと思えばいつまででも書けるおじさんの愚痴で原稿が終わってしまう。そんなことよりも前向き

          スキ
          30

          Q3「パンクスは、なぜトゲトゲ(スパイク)の付いた革ジャンを着るのか?」——『教養としてのパンク・ロック』第7回 by 川崎大助

          過去の連載はこちら。 第1章:なぜなにパンク・ロック早わかり、10個のFAQ〈4〉Q3「パンクスは、なぜトゲトゲ(スパイク)の付いた革ジャンを着るのか?」  今日の我々が知る、尖ったスパイク(Spike)、もしくはスタッズ(Studs)が打たれたレザー・ジャケットのスタイルも、ハードコア・パンクから発展していった。代表的なもののひとつを、同シーンの先駆けとなったバンド、ディスチャージのデビュー・シングル『リアリティーズ・オブ・ウォー』(80年)のジャケット写真から見てみる

          スキ
          12
        • 友だち

          「俺はあいつのことを友だちだと思ってるよ。向こうがどうかは知らないけど」  会話中、こんな言葉を耳にするたびに、「友だちってなんだろう?」と頭を傾げることがある。  SNSの普及によって、「つながり」を増やすことが容易になったことにより、何と表現するのが適切なのか不明瞭な人間関係が増えた。日々、お互いの投稿に「いいね」を付け合い、時々リプライを送ったりするが、直に話したことも、顔を合わせたこともない。  このような人間関係に「友だち」と名づけることには違和感を覚える。だが、

          スキ
          15

          そう出来の悪い小説ではなかったが……――エンタメ小説家の失敗学32 by平山瑞穂

          過去の連載はこちら。 平山さんの最新刊です。 第6章 オチのない物語にしてはならない Ⅱ『桃の向こう』  結果として『野性時代』に掲載された短篇小説『桃の向こう』は、こういう内容である。  ――大学生・来栖(くるす)幸宏は、同じ講義を受講していた女子学生・仁科煌子(あきこ)に惹かれ、親しくなっていくが、デートを重ね、キスを交わす間柄にまでなっていながら、彼氏・彼女として相手を束縛しながらつきあうような関係性のあり方に疑問を抱いていたばかりに、「つきあってほしい」のひと

          スキ
          14

          『会話を哲学する』は、おかげさまで本日4刷出来となりました! これから全国の書店さんに順次搬入されると思います。たいへんお待たせいたしました。 言語哲学、漫画表現、会話術、創作……あらゆる方面からご好評いただいています。引き続きよろしくお願いいたします。

          スキ
          6

          「そのままでいい ありのままでいい。だから変わろう。」―僕という心理実験33【最終回】妹尾武治

          過去の連載はこちら。 「続きは本で!」 2021年の12月の時点で、本一冊分の原稿が仕上がっていた。編集の三宅さんはそれをWEB連載にしようと言った。 三宅編集長「100日後に死ぬワニ方式ですよ!」 妹尾「ナイスですね〜!」 西村とおるのようには言えなかった。だって死ぬから、事故死だから。 *    *    * だが半年やってきて思った、三宅さん流石だなと。そりゃあ今年光文社の局長になるわ、と。ブラッシュアップする中で、自分を見つめ成長があった。3月以降、私は

          スキ
          32

          #勝手に社内リレーPLAYBACK vol.84

          『アルハンブラ物語』→『「食べること」の進化史』 『毛皮を着たヴィーナス』→『世界最高のピアニスト』 『シラノ・ド・ベルジュラック』→『ヒルビリー・エレジー』 『グランド・ブルテーシュ奇譚』→『感染症としての文学と哲学』 『ロウソクの科学』→『古典落語CDの名盤』 前回はこちら

          スキ
          4

          タイの屋台料理は自己責任で食すべし(第20回)

          これまでの連載はこちらから読めます↓↓↓ タイのグルメサイトで「清潔」が重んじられる理由 日本では年金こそ今の若い世代が受給年齢に達したときに支払った分よりも受け取れる分が少なくなるが、そのほかの社会保障はわりとしっかりしている。年金もかつては払った分より多くもらえたため、それを基準にすると今は払うのがバカらしくなってくるのは心情としては理解できる。一方タイでは年金制度がまだ始まったばかりで、物価が上がりつつある現在では「ないよりはマシ」といった程度だ(このあたりはまた詳

          スキ
          21

          ぼくが『射精道』を書いた理由|今井伸――新刊より「あとがき」特別公開

          あとがき 人生の2分の1は性的なことを考えて生きてきました。 僕はこれまで、人間の3大欲求である食欲、性欲、睡眠欲には、忠実な僕(しもべ)として、可能な限りこの欲求を素直に受け止めて行動してきました。それが、僕のポリシーでもあります。 物心ついてから思春期までは、食べることが大好きで、起きているときの大半は「あれも食べたい、これも食べたい」と食べることばかり考えていました。ロビンソン・クルーソーが漂着した無人島で食べるウミガメやウミガメの卵の味を妄想したり、子ども百科事

          スキ
          19

          【名言集】光文社新書の「#コトバのチカラ」 vol.128

          バックナンバーはこちら 石黒圭『「読む」技術』言葉による理解というものを考えてみると、コミュニケーションのなかでやりとりされる言葉はヒントにすぎず、答えはつねに理解者の頭のなかにあるということがわかります。言葉を手がかりにして、推論によって頭のなかに意味を見いだす活動こそが、理解活動の中心です。 林貞年『誰でもすぐできる 催眠術の教科書』立証可能な事柄を積み重ねられると、人は心の中に真実として受け入れる「心の入れ物」が形成されてしまいます。聞いている人の心は、すべてを真実

          スキ
          11

          思想家、革命家、作家、冒険家たちの素顔に触れる――【第8回】自伝文学の読書論:トロツキー、福澤諭吉、内村鑑三、ミル、トウェイン…etc.|駒井稔

          【第8回】自伝文学の読書論 自伝を読む楽しみ――歴史に残る傑作を紹介 誰でも本が一冊書けるとは、よくいわれます。それは自分史、つまり自伝です。今回はその中でも歴史に残る傑作をご紹介しましょう。 私自身がなによりも、自伝を読むのが一番の楽しみなのです。革命家や思想家、そしてもちろん文学者などの自伝を読むと、とっつきにくいなと感じていた著作も、急に親しみを覚えたりするのが不思議です。些細なエピソードに思えることが、固いイメージの思想家の回想に出てくると、不思議と親近感が湧いて

          スキ
          21