光文社新書

光文社新書の公式noteです。創刊は2001年10月17日。光文社新書の新刊、イベント…

光文社新書

光文社新書の公式noteです。創刊は2001年10月17日。光文社新書の新刊、イベント情報ほか、既刊本のご紹介や連載をアップしていきます。お気に入りの一冊について書いていただいたnoteを収録するマガジン「#私の光文社新書」では、随時投稿をお待ちしています!

マガジン

  • 馬場紀衣の「読書の森」

    書物の森は、つねに深いものです。林立する木々のあいだで目移りするうちに、途方に暮れてしまうことも珍しくないでしょう。新刊の若木から、自力では辿り着けない名木まで。日頃この森を渉猟しているライター・馬場紀衣さんの先導に添いながら、「読書の森」の深遠に分け入ってみませんか。

  • 酒場ライター・パリッコの「つつまし酒」

    人生は辛い。未来への不安は消えない。世の中って甘くない。 けれども、そんな日々の中にだって「幸せ」は存在する。 いつでもどこでも、美味しいお酒とつまみがあればいい――。 混迷極まる令和の飲酒シーンに、颯爽と登場した酒場ライター・パリッコが、「お酒にまつわる、自分だけの、つつましくも幸せな時間」について丹念に紡ぐ飲酒エッセイ、待望の連載再開!

  • 高橋昌一郎の「視野を広げる新書」

    知的刺激に満ちた必読の新刊「新書」を選び抜いて紹介。あらゆる分野の専門家がコンパクトに仕上げた新書で、多種多彩な世界に「視野」を広げます。

  • 辛酸なめ子の「大人の処世術」

    「巧みな世渡り」の3歩手前。辛酸流「なんとかやっていく技術」。だいたい月1回のペースで、ゆっくり世界に溶け込んでいく予定です。

  • 新刊情報【まとめ】

    毎月の新刊についての記事をまとめたマガジンです。なお、光文社新書では毎月16〜19日くらいに、5冊前後の新刊を発行しています。

ウィジェット

  • 商品画像

    在宅緩和ケア医が出会った 「最期は自宅で」30の逝き方 (光文社新書)

    髙橋 浩一
  • 商品画像

    日本のヴァイオリニスト 弦楽器奏者の現在・過去・未来 (光文社新書 1292)

    本間 ひろむ
  • 商品画像

    日本のクラシック音楽は歪んでいる 12の批判的考察 (光文社新書 1290)

    森本 恭正
  • 商品画像

    「生命の40億年」に何が起きたのか 生物・ゲノム・ヒトの謎を解く旅 (光文社新書 1291)

    林 純一

リンク

  • 商品画像

    在宅緩和ケア医が出会った 「最期は自宅で」30の逝き方 (光文社新書)

    髙橋 浩一
  • 商品画像

    日本のヴァイオリニスト 弦楽器奏者の現在・過去・未来 (光文社新書 1292)

    本間 ひろむ
  • 商品画像

    日本のクラシック音楽は歪んでいる 12の批判的考察 (光文社新書 1290)

    森本 恭正
  • 商品画像

    「生命の40億年」に何が起きたのか 生物・ゲノム・ヒトの謎を解く旅 (光文社新書 1291)

    林 純一

最近の記事

  • 固定された記事

【サイトマップ】光文社新書 公式noteの歩き方をご案内します(更新:2022.8.23)

いつもご愛読ありがとうございます。 光文社新書のnoteも記事やマガジンがかなり増えてきましたので、全体像をわかりやすく整理してご案内します。はじめましての方も、フォロワーの方も、一度ご覧いただければ、光文社新書のnoteの全体像を把握しやすくなると思います! はじめに光文社新書にはキャラクターがいます!光文社新書20年のヒストリーはこちら「#私の光文社新書」で投稿してください!連載中のマガジン → 14本他にもこんなマガジンがあります! → 3本全文公開マガジン → 3

    • パレードのシステム|馬場紀衣の読書の森 vol.39

      不思議な懐かしさに覆われた小説だ。それでいて、なんだか床が抜けてしまったみたいに心もとない。終わりまでずっとそこはかとない不安にくるまれている気分だった。 うら若い現代アーティストの「私」は、亡くなった祖父に一目会うために10年ぶりに生まれ育った町に帰って来る。そこで会った従姉妹の「ねえ、知ってた、おじいちゃんってガイジンだったんだって」という言葉から、物語はゆっくりと動きだす。 自死だった祖父の部屋からでてきたのは、古い写真、絵葉書の束、どこの国の言葉なのか分からない記

      • たどり着いた「ダーパンジー」|パリッコの「つつまし酒」#222

        ノーチェックだった地元のお店 ちょくちょく地元の話をしてしまって縁のない方には面目ないんですが、僕の住む東京都練馬区、石神井公園という街に「香満園」という中華料理屋さんがあるんです。  本場の方がやっている、いわゆる大陸系と呼ばれるようなお店で、数年前までは同じ場所に違う店名の中華屋さんがあったので、居抜きで入った、比較的新しめのお店だと思われます。いや、思われますってなんだよって話ですけれども、地元には他にも好きでよく行くお店がたくさんあるので、けっこう最近までノーチェック

        • ストレスと戦う「自律神経」とは何か?|高橋昌一郎【第16回】

          「ストレス」に晒される人間「見ればただ 何の苦もなき 水鳥の 足に暇なき 我が思いかな」という歌がある。「一見すると、水鳥は何の苦労もなく水面に浮いてスイスイと泳いでいるように映るが、水面下では足ヒレをひっきりなしに動かしている。それと同じように、私は気楽に生きているように映るかもしれないが、実は私は他人から見えない部分で苦労して生きているのだ」といった趣旨であろう。徳川家康の孫であり「水戸黄門」で知られる水戸藩主・水戸光圀の作と伝えられている。 興味深い観察だが、最後の部

        • 固定された記事

        【サイトマップ】光文社新書 公式noteの歩き方をご案内します(更新:2022.8.23)

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 馬場紀衣の「読書の森」
          光文社新書
        • 酒場ライター・パリッコの「つつまし酒」
          光文社新書
        • 高橋昌一郎の「視野を広げる新書」
          光文社新書
        • 辛酸なめ子の「大人の処世術」
          光文社新書
        • 新刊情報【まとめ】
          光文社新書
        • 発達障害児を育てるということ
          光文社新書

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          生成AI、どう使う?|辛酸なめ子

          消えた10万円 生成AIを活用できるかできないかが、運命の分かれ道……。そんな空気が高まっている中、インスタに流れてくる「ChatGPTセミナー」のURLをついクリックしてしまいます。2020年のコロナ禍に、手に職をつけなければと焦燥感に駆られた感覚が蘇ります。データサイエンティストに憧れて「データサイエンススクール」に10万円(全国民に配られた給付金)を入金したけれど、結局何も身に付かなかった件の再来かもしれません。  いっぽうで、今回の生成AI活用術はデータサイエンス以

          生成AI、どう使う?|辛酸なめ子

          なぜ「高学歴難民」が生じるのか?|高橋昌一郎【第15回】

          博士課程難民・法曹難民・海外留学帰国難民ミシガン大学大学院に留学していた頃、同期で最も優秀だった院生がジム・ジョイスである。彼は私と同じように学部で数学と哲学を専攻し、10年かけて哲学博士号を取得して、現在はミシガン大学の哲学・統計学の教授になっている。 ミシガンで哲学博士号を取得するためには、11のプログラム・ユニットを完結し、6つの専門分野試験に合格して、博士論文を完成させ、5人の権威者で構成される学位審査試問に合格しなければならない。順調でも8年はかかるカリキュラムで

          なぜ「高学歴難民」が生じるのか?|高橋昌一郎【第15回】

          知っておけば不安が和らぐ、余裕が持てる…人生の荒波をサバイブするための一冊

          誰もが知る女優が死後、「無縁遺骨」に――。 2022年7月に亡くなった女優・島田陽子さんの最期は多くの人に衝撃を与えた。 島田さんと言えば、日本人初のゴールデングローブ賞の主演女優賞を受賞し、その後、国内だけでなくハリウッドでも活躍。そんな大女優にふさわしからぬ報道がなされたのは、死後すぐのことだった。 「遺体の引き取り手がいない」「遺体はそのまま渋谷区の施設に安置されている」「自治体によって火葬された」――。 さまざまな報道から明らかになったのは、亡くなる3年前に直腸が

          知っておけば不安が和らぐ、余裕が持てる…人生の荒波をサバイブするための一冊

          猪鹿酒|パリッコの「つつまし酒」#221

          え? 実家? その店に訪れたのは数日前なんですが、いまだに興奮冷めやらずにいる。そんな酒場に、またまた出会ってしまったんです。  先日、神奈川県相模原市にある妻の実家に車で帰省した時のこと。ある道路沿いに、でっかく「実家」と書かれた1軒の建物があったのが見えたんですよ。その時は運転中だったので写真を撮ることもできず、ただ心のなかで「誰のだよ」と思いながら通り過ぎるばかりだったんですが、どうも気になる。気になりつつ、妻の実家(ややこしい)に到着して、ひとまずくつろがせてもらって

          猪鹿酒|パリッコの「つつまし酒」#221

          【イベント告知】 3月1日19時30分より、岩尾俊兵さん×斎藤幸平さんの対談イベント「経営学vs.マルクス主義!!」がジュンク堂書店池袋店にて開催されます。オンライン視聴も可能です。以下のページよりぜひお申し込みください! https://online.maruzenjunkudo.co.jp/products/j70019-240301

          【イベント告知】 3月1日19時30分より、岩尾俊兵さん×斎藤幸平さんの対談イベント「経営学vs.マルクス主義!!」がジュンク堂書店池袋店にて開催されます。オンライン視聴も可能です。以下のページよりぜひお申し込みください! https://online.maruzenjunkudo.co.jp/products/j70019-240301

          大好評! 紀伊國屋書店×光文社新書ビジネス講座、 次回(3月6日)は雨宮処凛さんをお招きして開催! テーマは「無理ゲー時代の死なないノウハウ」です。 発売前から話題の一冊『死なないノウハウ』を中心に語っていただきます。 https://store.kinokuniya.co.jp/event/1706754328/

          大好評! 紀伊國屋書店×光文社新書ビジネス講座、 次回(3月6日)は雨宮処凛さんをお招きして開催! テーマは「無理ゲー時代の死なないノウハウ」です。 発売前から話題の一冊『死なないノウハウ』を中心に語っていただきます。 https://store.kinokuniya.co.jp/event/1706754328/

          【2月23日開催】『発達障害児を育てるということ』発売記念オンラインイベントの申込者が600人に!

          『発達障害児を育てるということ』(柴田哲・柴田コウ著)の発売記念トークイベントが、いよいよ来週2月23日(金・祝)に迫ってまいりました。なんと、申込者は600人に迫る勢い……!  ペンネームで執筆している著者のイベントにこんなにたくさんん集まってくださるなんて、担当者はびっくり仰天、発達障害児に関する正しい知識がどれほど切実に求められているかが伝わってきて、身の引き締まる思いです。 zoomで行われる当イベントでは、講義の最後に30分間の質問コーナーを設けております。我が子

          【2月23日開催】『発達障害児を育てるということ』発売記念オンラインイベントの申込者が600人に!

          隣人、同僚、見知らぬ他人を羨ましく感じてしまうのは、なぜ!?|山本圭

          嫉妬の悪名高さ嫉妬は誰しも多かれ少なかれ馴染みのある感情に違いない。心当たりがあると思う。隣人が高級車に乗っているのを見たとき、同期が自分を差し置いて出世したとき、嫉妬心は静かに芽生え、しだいに私たちを昼夜問わず苦しめるようになる。アメリカの小説家ゴア・ヴィダルはかつて、「友人が成功するたびに、私の中の何かが少しずつ死んでいく」(Hendershott, The Politics of Envy, p. 195)と冗談めかして言ったというが、ここにはどこか笑えない真実味がある

          隣人、同僚、見知らぬ他人を羨ましく感じてしまうのは、なぜ!?|山本圭

          大江健三郎とは何者だったのか。没後1年を機に考える|井上隆史

          二〇二三年三月三日、大江健三郎がこの世を去りました。八十八歳でした。 東京大学でフランス文学を学んでいた学生時代の作品「奇妙な仕事」以来、常に文学界の先頭を走り続けた大江。一九五八年に「飼育」で芥川賞、一九六七年に『万延元年のフットボール』で谷崎潤一郎賞、一九七三年に『洪水はわが魂に及び』で野間文芸賞、一九八三年に『「雨の木」を聴く女たち』で読売文学賞、『新しい人よ眼ざめよ』で大佛次郎賞を受賞、そして一九九四年には、川端康成についで日本で二人目のノーベル文学賞受賞者となりま

          大江健三郎とは何者だったのか。没後1年を機に考える|井上隆史

          【最終回】サッカースカウト、日本へ帰る|サッカースカウトが見る現場目線のフットボール

          お知らせこの連載をもとにした書籍『スカウト目線の現代サッカー事情』が2024年2月15日に発売されます!書下ろしも含めて大幅な加筆修正を行いました。ぜひチェックしてみてください! 波乱のラストマッチノースロンドンからさらに北へと電車で30分ほど行くと、ヒッチンと呼ばれる小さな街がある。その街をホームタウンとするその名もヒッチン・タウンFCは創設なんと1865年! クラブのバッジは黄色と薄緑のカラーに鳥のマーク。チャンピオンシップのノリッジと瓜二つだ。この現在7部クラブでプレ

          【最終回】サッカースカウト、日本へ帰る|サッカースカウトが見る現場目線のフットボール

          「国連」で働くとはどのようなことか?|高橋昌一郎【第14回】

          世界に羽ばたく国際公務員1917年(大正6年)3月、会員制の経済団体「日本工業倶楽部」が設立された。初代理事長は、三井財閥の総帥・団琢磨である。当初は政府の政策決定に寄与していたが、1946年に「日本経済団体連合会」と「経済同友会」が発足した後には、実業家・財界人の社交クラブとしての役割を担うようになった。今でも続いているのが、日本工業倶楽部の設立者の一人である衆議院初代議長・中島久万吉が「実業家・財界人の人格形成」を目的に設立した「素修会」である。 さて、前置きが長くなっ

          「国連」で働くとはどのようなことか?|高橋昌一郎【第14回】

          スウェーデンのハロウィンとクリスマス|村上藍 vol.2

          連載第1回はこちら↓↓↓ スウェーデンのハロウィン スウェーデンでもハロウィンはイベントの一つとして盛り上がるようで、クリスマスと年末を盛大に祝うための助走のようにみえた。  日本でハロウィンというと、渋谷の仮装した人々による大混雑が思い浮かぶ(規制でずいぶんと落ち着いたそうだが)。それ以外は大体、お店のショーウィンドウがハロウィン仕様になり、ハロウィン限定商品などが並ぶイメージだ。こちらでも同様に至る所がハロウィン仕様となるが、市街地の中心通りであるDrottningg

          スウェーデンのハロウィンとクリスマス|村上藍 vol.2