光文社新書

光文社新書の公式noteです。創刊は2001年10月17日。光文社新書の新刊、イベント…

光文社新書

光文社新書の公式noteです。創刊は2001年10月17日。光文社新書の新刊、イベント情報ほか、既刊本のご紹介や連載をアップしていきます。お気に入りの一冊について書いていただいたnoteを収録するマガジン「#私の光文社新書」では、随時投稿をお待ちしています!

マガジン

  • 新刊情報【まとめ】

    毎月の新刊についての記事をまとめたマガジンです。なお、光文社新書では毎月16〜19日くらいに、5冊前後の新刊を発行しています。

  • 馬場紀衣の「読書の森」

    書物の森は、つねに深いものです。林立する木々のあいだで目移りするうちに、途方に暮れてしまうことも珍しくないでしょう。新刊の若木から、自力では辿り着けない名木まで。日頃この森を渉猟しているライター・馬場紀衣さんの先導に添いながら、「読書の森」の深遠に分け入ってみませんか。

  • 私の光文社新書

    どんなに些細なことでも、どんなに短い言葉であっても構いません。お手にとったとき役立ったり、感動したり、人生が変わるきっかけになったりした光文社新書の1冊について、ぜひみなさんだけの言葉でつづられた文章をこのnote上にお寄せください。編集部員が拝見し、ピックアップさせていただいた記事をマガジンとしてシェアします。#私の光文社新書をつけるのをお忘れなく!

  • 高橋昌一郎の「視野を広げる新書」

    知的刺激に満ちた必読の新刊「新書」を選び抜いて紹介。あらゆる分野の専門家がコンパクトに仕上げた新書で、多種多彩な世界に「視野」を広げます。

  • 酒場ライター・パリッコの「つつまし酒」

    人生は辛い。未来への不安は消えない。世の中って甘くない。 けれども、そんな日々の中にだって「幸せ」は存在する。 いつでもどこでも、美味しいお酒とつまみがあればいい――。 混迷極まる令和の飲酒シーンに、颯爽と登場した酒場ライター・パリッコが、「お酒にまつわる、自分だけの、つつましくも幸せな時間」について丹念に紡ぐ飲酒エッセイ、待望の連載再開!

ウィジェット

  • 商品画像

    在宅緩和ケア医が出会った 「最期は自宅で」30の逝き方 (光文社新書)

    髙橋 浩一
  • 商品画像

    日本のヴァイオリニスト 弦楽器奏者の現在・過去・未来 (光文社新書 1292)

    本間 ひろむ
  • 商品画像

    日本のクラシック音楽は歪んでいる 12の批判的考察 (光文社新書 1290)

    森本 恭正
  • 商品画像

    「生命の40億年」に何が起きたのか 生物・ゲノム・ヒトの謎を解く旅 (光文社新書 1291)

    林 純一

リンク

記事一覧

固定された記事

【サイトマップ】光文社新書 公式noteの歩き方をご案内します(更新:2022.8.23)

いつもご愛読ありがとうございます。 光文社新書のnoteも記事やマガジンがかなり増えてきまし…

188

ゴーゴリ、プロコフィエフ...ロシア芸術に欠かせないウクライナ出身の芸術家たち|宮…

知られざるウクライナの美術ロシアによるウクライナ侵攻が始まってから二年以上たったが、一向…

光文社新書
10時間前
17

セカンドキャリアの成功と失敗―男女15人のリアルな姿|奥田祥子

思い通りにはいかないけど、 自ら道を切り開いていくしかない「僕の前に道はない。僕の後ろに…

光文社新書
11時間前
12

「終わり」と「終わり」に挟まれた時代|佐々木敦『90年代論』第1回

 90年代について考えてみたいと思います。  1990年代、すなわち1990年から1999年までの10年…

73

タイポグラフィ・ブギー・バック|馬場紀衣の読書の森 vol.57

マニアックな本だなぁ、と思う。でも、この本を嬉々として読んでいる人も、まちがいなくマニア…

40

なぜ知識人が「エセ治療」に騙されるのか?|高橋昌一郎【第29回】

「がん免疫細胞療法」は効かない!川島なお美氏は、テレビドラマ『失楽園』で主演し、妖艶な演…

34

子どもの文化人類学|馬場紀衣の読書の森 vol.56

ものすごく大切なことが、とてもていねいに、とても分かりやすく書かれている。子どもの育ちか…

光文社新書
12日前
27

骨せんべい道|パリッコの「つつまし酒」#231

呼ばれたというか 突然、開眼してしまったんです。あるおつまみの魅力に。長年酒飲みをやって…

光文社新書
13日前
52

近未来の「宇宙戦争」が起こったらどうなるのか?|高橋昌一郎【第28回】

「SFプロトタイピング」ある研究会に向かうため車を運転していると、突然カーナビがフリーズし…

光文社新書
2週間前
36

令和の新・お伊勢参り|辛酸なめ子

映えとマウントなしの「本気」参拝へ 日本の神社の最高峰である伊勢神宮。かつてお伊勢参りは…

光文社新書
2週間前
49

髪をもたない女性たちの生活世界|馬場紀衣の読書の森 vol.55

ほんとうは失礼なことかもしれないのだけど、美しい女性を見ると振りかえらずにはいられない。…

光文社新書
2週間前
41

小川洋子のつくり方|馬場紀衣の読書の森 vol.54

小川洋子の作家活動を最初から追いかけるには遅れての出発になってしまったけれど、これまで出…

光文社新書
3週間前
42

自家製! 国産牛100%ダブルチーズバーガー|パリッコの「つつまし酒」#230

ハンバーグ作りのハードル 家で作る料理のハードルにおいて、「ハンバーグ」ってけっこう高く…

光文社新書
3週間前
74

日本で「安楽死」を合法化すべきか?|高橋昌一郎【第27回】

「安楽死」の「些末化」「安楽死(euthanasia)」という言葉の語源は、ギリシャ語の「良き(eu…

光文社新書
3週間前
58

フランスはパリだけじゃない! オリンピック前に読んでおきたい話|池上英洋

フランスを代表する華麗なシャトー(城館)パリから北に電車で三〇分ほど行ったところに、シャ…

光文社新書
4週間前
24

ジャニーズ問題が「現在進行形の犯罪」として告発されるまで|『なぜBBCだけが伝えら…

「現在進行形の犯罪」——英国からのジャニーズ告発英国のテレビ局が制作した番組が日本の社会…

光文社新書
1か月前
46

【サイトマップ】光文社新書 公式noteの歩き方をご案内します(更新:2022.8.23)

いつもご愛読ありがとうございます。 光文社新書のnoteも記事やマガジンがかなり増えてきまし…

188

ゴーゴリ、プロコフィエフ...ロシア芸術に欠かせないウクライナ出身の芸術家たち|宮…

知られざるウクライナの美術ロシアによるウクライナ侵攻が始まってから二年以上たったが、一向…

光文社新書
10時間前
17

セカンドキャリアの成功と失敗―男女15人のリアルな姿|奥田祥子

思い通りにはいかないけど、 自ら道を切り開いていくしかない「僕の前に道はない。僕の後ろに…

光文社新書
11時間前
12

「終わり」と「終わり」に挟まれた時代|佐々木敦『90年代論』第1回

 90年代について考えてみたいと思います。  1990年代、すなわち1990年から1999年までの10年…

73

タイポグラフィ・ブギー・バック|馬場紀衣の読書の森 vol.57

マニアックな本だなぁ、と思う。でも、この本を嬉々として読んでいる人も、まちがいなくマニア…

40

なぜ知識人が「エセ治療」に騙されるのか?|高橋昌一郎【第29回】

「がん免疫細胞療法」は効かない!川島なお美氏は、テレビドラマ『失楽園』で主演し、妖艶な演…

34

子どもの文化人類学|馬場紀衣の読書の森 vol.56

ものすごく大切なことが、とてもていねいに、とても分かりやすく書かれている。子どもの育ちか…

光文社新書
12日前
27

骨せんべい道|パリッコの「つつまし酒」#231

呼ばれたというか 突然、開眼してしまったんです。あるおつまみの魅力に。長年酒飲みをやって…

光文社新書
13日前
52

近未来の「宇宙戦争」が起こったらどうなるのか?|高橋昌一郎【第28回】

「SFプロトタイピング」ある研究会に向かうため車を運転していると、突然カーナビがフリーズし…

光文社新書
2週間前
36

令和の新・お伊勢参り|辛酸なめ子

映えとマウントなしの「本気」参拝へ 日本の神社の最高峰である伊勢神宮。かつてお伊勢参りは…

光文社新書
2週間前
49

髪をもたない女性たちの生活世界|馬場紀衣の読書の森 vol.55

ほんとうは失礼なことかもしれないのだけど、美しい女性を見ると振りかえらずにはいられない。…

光文社新書
2週間前
41

小川洋子のつくり方|馬場紀衣の読書の森 vol.54

小川洋子の作家活動を最初から追いかけるには遅れての出発になってしまったけれど、これまで出…

光文社新書
3週間前
42

自家製! 国産牛100%ダブルチーズバーガー|パリッコの「つつまし酒」#230

ハンバーグ作りのハードル 家で作る料理のハードルにおいて、「ハンバーグ」ってけっこう高く…

光文社新書
3週間前
74

日本で「安楽死」を合法化すべきか?|高橋昌一郎【第27回】

「安楽死」の「些末化」「安楽死(euthanasia)」という言葉の語源は、ギリシャ語の「良き(eu…

光文社新書
3週間前
58

フランスはパリだけじゃない! オリンピック前に読んでおきたい話|池上英洋

フランスを代表する華麗なシャトー(城館)パリから北に電車で三〇分ほど行ったところに、シャ…

光文社新書
4週間前
24

ジャニーズ問題が「現在進行形の犯罪」として告発されるまで|『なぜBBCだけが伝えら…

「現在進行形の犯罪」——英国からのジャニーズ告発英国のテレビ局が制作した番組が日本の社会…

光文社新書
1か月前
46