新刊情報【まとめ】

150
+4

コロナ禍で変化した「食」への意識。「耕す」ことで手に入れられる豊かな暮らしとは?

食料自給率が40%を下回る日本は、食の大部分を海外に頼っています。また、「飽食の時代」とい…

+6

日本で広がる有機農業(オーガニック)という希望。経済至上主義から新たなライフスタ…

食料自給率が40%を下回る日本は、食の大部分を海外に頼っています。また、「飽食の時代」とい…

+5

日本の食卓は、やがて老農1人が99人を支える? 身近に迫る「食料危機」を直視する

食料自給率が40%を下回る日本は、食の大部分を海外に頼っています。また、「飽食の時代」とい…

+6

【光文社新書】2021年9月刊6冊の内容を3分で!

①小口広太『日本の食と農の未来』 食料自給率が40%を切る日本は、「食の海外依存」「国内農…

+5

独りになることで、なぜ癒されるのか?

新刊『「孤独」という生き方』(織田淳太郎著)より、「はじめに」、目次、1章の冒頭部分を公…

+5

【光文社新書】2021年8月刊5冊の内容を3分で!

①桐村里紗『腸と森の「土」を育てる』 人は森であり、腸に「土」を内包し、消化管で自然とつ…

+2

日本を支配する「世間体」。同調圧力、イジメ、ハラスメント……私たちの生きづらさの…

「世間体が気になる」「世間体が悪い」といった言葉に象徴されるように、私たちは常に「他人の…

+8

「良いニュース」はいかにして創れるのか?|石戸諭『ニュースの未来』「はじめに」を…

編集部の田頭です。光文社新書8月刊で、ただいまあらゆるメディアで縦横無尽に活躍するノンフ…

コールドプレイはなぜ「ランクインしない」のか? ロック野郎特有の「やっかみ」理論…

光文社新書編集部の三宅です。 本noteの好評連載『教養としてのロック名曲ベスト100』が同タ…

なにがあっても、忘れたくない10曲―『教養としてのロック名曲ベスト100』刊行記念 b…

光文社新書編集部の三宅です。 本noteの好評連載『教養としてのロック名曲ベスト100』が同じ…