光文社新書

光文社新書の公式noteです。2021年10月17日に創刊20周年を迎えました。光文社新書の新刊、イベント情報ほか、既刊本のご紹介や連載をアップしていきます。お気に入りの一冊について書いていただいたnoteを収録するマガジン「#私の光文社新書」では、随時投稿をお待ちしています!

光文社新書

光文社新書の公式noteです。2021年10月17日に創刊20周年を迎えました。光文社新書の新刊、イベント情報ほか、既刊本のご紹介や連載をアップしていきます。お気に入りの一冊について書いていただいたnoteを収録するマガジン「#私の光文社新書」では、随時投稿をお待ちしています!

マガジン

  • コトバのチカラ

    ページをめくっていると、何度も読み返したくなる一節に出会うことがあります。それは時に、その一冊を凝縮したかような力をもった言葉でもあります。光文社新書のラインナップの中から選りすぐりの「一節」をご紹介していく連載です。毎週土曜更新。Twitterでも毎日アップしています!

  • 『教養としてのパンク・ロック』by川崎大助

    『教養としてのロック名盤100』『教養としてのロック名曲100』(いずれも光文社新書)でおなじみの川崎大助さんの新連載が始まります。タイトルは「教養としてのパンク・ロック」。いろんな意味で、物議を醸すことは間違いありません。ただ、本連載を最後まで読んでいただければ、ご納得いただけるはずです。

  • 私の光文社新書

    どんなに些細なことでも、どんなに短い言葉であっても構いません。お手にとったとき役立ったり、感動したり、人生が変わるきっかけになったりした光文社新書の1冊について、ぜひみなさんだけの言葉でつづられた文章をこのnote上にお寄せください。編集部員が拝見し、ピックアップさせていただいた記事をマガジンとしてシェアします。#私の光文社新書をつけるのをお忘れなく!

  • 新刊情報【まとめ】

    毎月の新刊についての記事をまとめたマガジンです。なお、光文社新書では毎月16〜19日くらいに、5冊前後の新刊を発行しています。

  • 新書こそが教養!

    現代の日本社会では、多彩な分野の専門家がコンパクトに仕上げた「新書」こそが、最も厳選されたコンテンツといえます。この連載では、哲学者・高橋昌一郎が「教養」を磨くために必読の新刊「新書」を選び抜いて紹介します! 高橋先生のお名前にちなんで、「1」の日、毎月1、11、21日の更新です。

ウィジェット

  • 商品画像

    社会を変えるスタートアップ~「就労困難者ゼロ社会」の実現~ (光文社新書)

    小野 貴也
  • 商品画像

    教育大国シンガポール~日本は何を学べるか~ (光文社新書)

    中野 円佳
  • 商品画像

    エンタメ小説家の失敗学~「売れなければ終わり」の修羅の道~ (光文社新書)

    平山 瑞穂
  • 商品画像

    「おふくろの味」幻想~誰が郷愁の味をつくったのか~ (光文社新書)

    湯澤 規子

リンク

コトバのチカラ

ページをめくっていると、何度も読み返したくなる一節に出会うことがあります。それは時に、その一冊を凝縮したかような力をもった言葉でもあります。光文社新書のラインナップの中から選りすぐりの「一節」をご紹介していく連載です。毎週土曜更新。Twitterでも毎日アップしています!

すべて見る
  • 146本

【名言集】光文社新書の「#コトバのチカラ」 vol.146

バックナンバーはこちら 門倉貴史『統計数字を疑う』統計は私たちにただひとつの数字を示すが、その数字の解釈の仕方は何通りもある。間違った解釈をしないためには、どうしてもその統計の生い立ちや過去の動きを知っておかなければならない。 山口仲美『犬は「びよ」と鳴いていた』[ABAB]型は、「いらいら」「うろうろ」「がたがた」「ごそごそ」「ぴかぴか」と現代と共通の語を多く含み、かつ全種類数の四割を占めています。江戸時代も同様です。[ABAB]型は、まさに日本の擬音語・擬態語の中枢を

スキ
4

【名言集】光文社新書の「#コトバのチカラ」 vol.145

バックナンバーはこちら 成毛眞『教養は「事典」で磨け』本棚は読んだ本を並べておく場所だが、では、そこに並んでいる本の内容がすべて頭に入っているかというと、決して、断じて、絶対に、ない。本とは、読んだそばからその内容を忘れていくものだからだ。だからこそ、本棚に保管しておくのである。 赤瀬川原平『個人美術館の愉しみ』美術館があらわれてから、芸術と趣味の境界は窮屈になってきた。芸術と認定されたものは、何か恐れ多いものという印象が強くなり、趣味とは違うものになってしまった。でも芸

スキ
10

【名言集】光文社新書の「#コトバのチカラ」 vol.144

バックナンバーはこちら 更谷富造『漆芸―日本が捨てた宝物』知識としての判断力ではなく自分自身の心が下す選択。それは暮らしの中で教養と感性を高め、自分の内面を豊かにしておくことで可能になる。 加藤徹『漢文の素養』江戸時代から明治にかけて、漢文は「生産財としての教養」であった。日本の中流実務階級にとって、漢詩文は風雅な趣味ではなく、実社会で仕事をするための生産的な教養であった。 ナカムラクニオ『洋画家の美術史』西洋人が「木を見る」のに対して、東洋人は「森を見る」と言われるよ

スキ
16

【名言集】光文社新書の「#コトバのチカラ」 vol.143

バックナンバーはこちら 中田力『天才は冬に生まれる』コペルニクスの時代、地球が動かないという概念は、「全能の神」をも巻き込んだ絶対的な中心教義であった。(中略)「世の確信」と真っ向から対立する理論を堂々と主張出来るまでになった科学者の背景には、どれだけの知識と熟慮とが存在したかは、想像を絶するものがある。 山口真一『正義を振りかざす「極端な人」の正体』正義とは、非常に扱いの難しいものである。人は「自分は正しい」と思った時こそが、一番危険だ。正義とは、人々の目を曇らせる。自

スキ
7

『教養としてのパンク・ロック』by川崎大助

『教養としてのロック名盤100』『教養としてのロック名曲100』(いずれも光文社新書)でおなじみの川崎大助さんの新連載が始まります。タイトルは「教養としてのパンク・ロック」。いろんな意味で、物議を醸すことは間違いありません。ただ、本連載を最後まで読んでいただければ、ご納得いただけるはずです。

すべて見る
  • 24本

3:そしてロンドンには、モッド・ポップと「牛肉心」が……——『教養としてのパンク・ロック』第24回 by 川崎大助

過去の連載はこちら。 第3章:パンク・ロックの「ルーツ」と「レシピ」とは?3:そしてロンドンには、モッド・ポップと「牛肉心」が…… セックス・ピストルズの「素材やレシピ」  では、ロンドン・パンクのトップランナー、セックス・ピストルズの「素材やレシピ」とは、基礎的な音楽アイデアとは、いかなるものだったのか?  すでに書いたとおり、ストゥージズらアメリカのガレージ・バンドからの影響がある。ほかにアメリカ方面からは、「プロトパンク」バンドの雄、ニューヨーク・ドールズからの影

スキ
6

2:ブルースなんて、知らないよ——『教養としてのパンク・ロック』第23回 by 川崎大助

過去の連載はこちら。 第3章:パンク・ロックの「ルーツ」と「レシピ」とは?2:ブルースなんて、知らないよ ガレージ・ロックの「二重屈折」構造  『ナゲッツ』に収録されているバンド、あるいはそれ以外の60年代の「ガレージ」連中がお手本としたのは、まず最初にビートルズが先導した第一次ブリティッシュ・インヴェイジョン、つまりはマージー・ビート(日本で言うリヴァプール・サウンド)につらなる「UKのビート・バンドたち」だった。  そして濃淡はあれど、その波のなかにあるかなり多数

スキ
12

1:なによりもまず「60年代」。それから、ガレージ——『教養としてのパンク・ロック』第22回 by 川崎大助

過去の連載はこちら。 第3章:パンク・ロックの「ルーツ」と「レシピ」とは?1:なによりもまず「60年代」。それから、ガレージ  どんな音楽にも、かならず「ルーツ」がある。いや、どんなポップ文化の表象であろうが、商品であろうが、歴史的経緯から完全に自由なものなどない。つまりはすべてに「元ネタ」がある。往々にして複数のそれら「ネタ=素材」が混ぜ合わされて、新しい表現物となる。パンク・ロックも、まったく同じ。というか、パンクこそが、ポストモダン時代における「教養」のロックであっ

スキ
16

7:そしてパンクが終わって、ロックが終わる——『教養としてのパンク・ロック』第21回 by 川崎大助

過去の連載はこちら。 第2章:パンク・ロック創世記、そして、あっという間の黙示録7:そしてパンクが終わって、ロックが終わる ピストルズは「カネの成る木」  ロナルド・アーサー・ビッグズは、このとき48歳、逃亡中の犯罪者だった。イギリスでは「大列車強盗(Great Train Robbery)」の名で知られる事件の、強奪犯の一員だ。63年、ビッグズを含む15人が、バッキンガムシャー州メントモアはレッドバーンの鉄道橋プリデコ橋にて、グラスゴーからロンドンに向かって走る郵便列

スキ
17

私の光文社新書

どんなに些細なことでも、どんなに短い言葉であっても構いません。お手にとったとき役立ったり、感動したり、人生が変わるきっかけになったりした光文社新書の1冊について、ぜひみなさんだけの言葉でつづられた文章をこのnote上にお寄せください。編集部員が拝見し、ピックアップさせていただいた記事をマガジンとしてシェアします。#私の光文社新書をつけるのをお忘れなく!

すべて見る
  • 146本

トークド対談 : 「夢中は努力に勝てない」杉山恒太郎さん

私が本をじっくり読めるのは、飛行機の中と沖縄に居るときである。 東京とロスは街が忙しずぎて、それに自分の脳が連動しているのか時間が取りにくい。仕事柄、毎日たくさんの企画書PDFや映像リンクが送られてくる。それを見なければならず、読書の気分になれないというのが本当のところだろう。 先日、マイアミに向かう機中で大先輩 杉山恒太郎さんの新刊「広告の仕事~広告と社会、希望について 」(光文社新書 1229) を読み始めたら止まらない。知的興奮を得る!とはこのことだ。早速、杉山さん

スキ
2

読書: #2 誤読のイタリア | ディエゴ・マルティーナ

この五年以上 毎日 仕事関連以外に何かしらの活字を読むのを 自分に課したノルマ/習慣にしている の ですが 堅い本を集中して読めば 遅読が災いして脳内のフィラメント(もはや古語?)のどこかが焼き切れ 読書習慣自体がお釈迦になりそうな感覚に襲われるため 肩の凝らない軽めの本を 同時に/付け合せ的に読み進め バランスを保っている次第です。 コロナ騒ぎが少し収まった去年のある時期 近所の書店もどきの書棚で まだ暫く叶いそうにない旅行の疑似体験にと 日本や世界各地の観光本を立ち読み

スキ
8

「週刊朝日」2023年1月20日号に小松理虔『新地方論』(光文社新書)の書評を書いています。

地方か都市か。長らく議論されてきたそんな二項対立的な問いは、都市/地方に関するステレオタイプを強化してしまうだけではないか。大事なのはそのグラデーションの「間」で考え続けることだ。ローカルアクティビストとして福島で活動し続ける著者は、そう言います。 地方で暮らしながら、その土地でかたち作られるアート、スポーツ、あるいは書店の現場を観察する著者は、そこに自分だけの居心地の良さが織りなされる空間を発見していきます。伸びやかな創造性、風通しの良いコミュニティの力、孤独を癒す繋がり

スキ
3

読書の記録 三木那由他『会話を哲学する コミュニケーションとマニピュレーション』

 朝起きて夜寝るまでの間のどこかのタイミングで、たいていの場合、私は誰かと会話しています。家族や職場の同僚、取引先の偉い人、友人、コンビニの店員さん、その他、いろんな人と特に何か考えることなく会話をしています。  会話を哲学するなんて言われてもな〜と読む前は思っていたのですが、会話を哲学するのがこんなに面白いことなのかと読み終えた今、私、少々興奮しております。この興奮を醒めやらないうちに誰かに伝えたいという思い半分、この興奮のあるままではちゃんと伝えることはできないのではな

スキ
23

新刊情報【まとめ】

毎月の新刊についての記事をまとめたマガジンです。なお、光文社新書では毎月16〜19日くらいに、5冊前後の新刊を発行しています。

すべて見る
  • 293本

社会課題の解決と利益追求は両立できる|小野貴也

はじめに 日本の就労困難者数、およそ1500万人。 20年後の労働人口数、1500万人超の減少。 私たちが暮らすここ日本は、少子高齢化に伴う労働人口の減少問題を突破しなければなりません。この問題には世界も注目しています。 労働人口減少問題と就労困難者問題。双方の労働市場における不均衡な状態は、明らかに深刻な社会課題であり、日本が突破しなければならない歴史的な重大ミッションです。 私はもともと、製薬企業の人間です。主に生活習慣病と精神疾患系の医薬品を扱うMR(クリニック

スキ
15

『教育大国シンガポール』で5年暮らした研究者の現地からの報告――母親、子どもたちの葛藤、試行錯誤…|中野円佳

はじめに 2022年、春。麗らかな日差しに、風が吹くとまだ少し肌寒かった4月1日、私は自分の子どもたちと3年ぶりに、桜の咲く日本の公園にいた。我が子だけではなく、公園にいた子どもたちが夢中になっていたのは、花でもなく団子でもなく、子どもが落ちても大丈夫な程度の浅い、池と川の間のような水たまりにいる、おたまじゃくしだった。 3歳くらいの男の子や、それぞれにかわいらしく髪を結った小学生の女の子のグループが、網やペットボトルや木の棒でおたまじゃくしを探して、人工ではあるものの木

スキ
27

一体誰がつくったどんな味? 「おふくろの味」ミステリーの謎を解く|湯澤規子

「おふくろの味」という世界 聞きなれた言葉であるがゆえに、実体があると思い込んでいるもの。しかし、よく考えてみると、それは実際に存在するのか否か曖昧模糊としており、もしかしたら幻想に過ぎないのかもしれないと思えてくるものがある。その一つに、「おふくろの味」という世界がある。  この本を手に取ったあなたは、「おふくろの味」という言葉から、まず、どのような世界やイメージを思い浮かべるだろうか。イメージではなく、具体的な一品を思い浮かべる人もいるかもしれない。ところが、そのイメー

スキ
13

【光文社新書】2022年12月刊5冊の内容を3分で!

①岡嶋裕史『Web3とは何か』「Web2.0」と何が違うのか? ビジネスや社会への影響は?――「巨大IT企業の支配から個人が解放されたインフラ」で、「要素技術としてブロックチェーン、なかでもNFTあたりを重視する」というWeb3の全体像を解説。 詳しくはこちら ②前田雅之『古典と日本人』高等教育の古文・漢文不要論が唱えられる今、古典は本当に必要なのか。古代に始まり近代まで、日本において古典が成立し衰退した歴史を辿りながら、そもそも「古典」とは何かということからその意義を考

スキ
9

新書こそが教養!

現代の日本社会では、多彩な分野の専門家がコンパクトに仕上げた「新書」こそが、最も厳選されたコンテンツといえます。この連載では、哲学者・高橋昌一郎が「教養」を磨くために必読の新刊「新書」を選び抜いて紹介します! 高橋先生のお名前にちなんで、「1」の日、毎月1、11、21日の更新です。

すべて見る
  • 84本

【第84回】進化にとって「意識」は何を意味するのか?

「劣ったもの」の方が生き残る可能性 旧約聖書『創世記』によれば、「神」は、光と闇、天と地、海と植物、太陽と月と星々、海の生き物と鳥、あらゆる生物を6日間で創造し、最後に「自身の姿に似せた」最初の人間「アダム」を創造した。これが「創造論」である。   現代の創造論者は、そこまであからさまな「神の創造」ではなく、「インテリジェント・デザインに基づく創造」だと主張する。生命誕生の背景には、神話的な「神」よりも「知的設計」があったと言う方が布教しやすいからかもしれない。何らかの意図で

スキ
14

【第83回】なぜ脳は積極的に記憶を消去するのか?

「忘れる」ことによって「考える」ことができる!一週間前の夕食は何だったか、覚えているだろうか? 最後に見た映画のストーリーは? 昨日会った友人の服装は思い出せるだろうか? これらは、脳が最も忘れやすい「出来事」の記憶で「①エピソード記憶」と呼ばれる。   エピソード記憶と比べて忘れ難いのが、「1+1=2」や「地球は自転している」や「日本の首都は東京である」といった「普遍的知識」の記憶で、これらは「②意味記憶」と呼ばれる。「①エピソード記憶」と「②意味記憶」は言語で明確に表現す

スキ
47

【第82回】なぜ現代社会にカントが蘇るのか?

秋元康隆氏へ期待を込めて読者が時速60キロで自動車を運転しているとする。突然、5メートル先に5人の子どもたちが交通ルールを無視してボールを追いかけて飛び出してきた。即座に急ブレーキをかけるが、直進すれば5人に衝突することは避けられない。そこで読者は、2メートル先に分岐する道に右折しようとするが、その道には交差する横断歩道があって2人の老夫婦が青信号で手を挙げて歩行している。直進か右折しか選択肢がない場合、読者はどちらを選ぶだろうか? いわゆる「トロッコ問題」を現代風にアレン

スキ
25

【第81回】なぜ「少年法」が必要なのか?

「少年犯罪」の根本的な原因はどこにあるのかアメリカに留学して最も驚いたことの一つは、ショッピング・モールの一角で普通に「銃」が販売されていることだった。日本でいえばイオンやドン・キホーテに相当する総合小売店のスポーツ・コーナーの奥に鍵のかかったショーケースがあり、そこにピストルやライフルが展示されている。野球のバットやテニス・ラケットの隣に殺人兵器があることに異様な違和感を覚えた。   当時はミシガン州の運転免許証さえ持っていたら、最低100ドル程度で誰でも小型拳銃を買うこと

スキ
14