光文社新書

光文社新書の公式noteです。2021年10月17日に創刊20周年を迎えました。光文社新書の新刊、イベント情報ほか、既刊本のご紹介や連載をアップしていきます。お気に入りの一冊について書いていただいたnoteを収録するマガジン「#私の光文社新書」では、随時投稿をお待ちしています!

光文社新書

光文社新書の公式noteです。2021年10月17日に創刊20周年を迎えました。光文社新書の新刊、イベント情報ほか、既刊本のご紹介や連載をアップしていきます。お気に入りの一冊について書いていただいたnoteを収録するマガジン「#私の光文社新書」では、随時投稿をお待ちしています!

マガジン

  • 新刊情報【まとめ】

    毎月の新刊についての記事をまとめたマガジンです。なお、光文社新書では毎月16〜19日くらいに、5冊前後の新刊を発行しています。

  • 全文公開【まとめ】

    一冊まるまる公開、もしくは本の一部を全文公開している記事をまとめたマガジンです。すべて無料!

  • 光文社新書PLUS

    小説、翻訳、写真集、コミック…新書の枠を超えて光文社新書編集部が制作した+αな本の魅力をお伝えしていきます。キーワードは「多様性」と「ワクワク感」。

  • コトバのチカラ

    ページをめくっていると、何度も読み返したくなる一節に出会うことがあります。それは時に、その一冊を凝縮したかような力をもった言葉でもあります。光文社新書のラインナップの中から選りすぐりの「一節」をご紹介していく連載です。毎週土曜更新。Twitterでも毎日アップしています!

  • 酒場ライター・パリッコの「つつまし酒」

    人生は辛い。未来への不安は消えない。世の中って甘くない。 けれども、そんな日々の中にだって「幸せ」は存在する。 いつでもどこでも、美味しいお酒とつまみがあればいい――。 混迷極まる令和の飲酒シーンに、颯爽と登場した酒場ライター・パリッコが、「お酒にまつわる、自分だけの、つつましくも幸せな時間」について丹念に紡ぐ飲酒エッセイ、待望の連載再開!

ウィジェット

  • 商品画像

    不安型愛着スタイル~他人の顔色に支配される人々~ (光文社新書)

    岡田 尊司
  • 商品画像

    広告の仕事~広告と社会、希望について~ (光文社新書)

    杉山 恒太郎
  • 商品画像

    「美食地質学」入門~和食と日本列島の素敵な関係~ (光文社新書)

    巽 好幸
  • 商品画像

    時を超える美術~「グローカル・アート」の旅~ (光文社新書)

    新見 隆

リンク

新刊情報【まとめ】

毎月の新刊についての記事をまとめたマガジンです。なお、光文社新書では毎月16〜19日くらいに、5冊前後の新刊を発行しています。

すべて見る
  • 285本

刊行1か月で10万部突破! 田坂広志著『死は存在しない』に寄せられた感想の一部を紹介します。

上の記事で、序話と目次をお読みいただけます。 読者の方々からの感動の声、続々!衝撃が走りました。帯に「人生が変わる一冊」とありますが、私にとってはそのとおりの本となりました。(男性、50代) 77歳になる今迄、多くの本を読んできましたが、私の人生にこのような力強く、希望に満ちたインパクトを与えてくれた本は初めてです。(男性、70代) これまで2000冊以上の本を読みましたが、著者である先生に直接メールを送るのは初めてです。(女性、30代) 私がこれまで読んできた全ての

スキ
1

杉山恒太郎さん、山口周さんの特別対談を公開!――新刊『広告の仕事』より

上の記事では『広告の仕事』から「はじめに」と目次を公開中です。 プロボノの大きな意味 杉山 まず山口くんに話を深めてもらいたいのは、プロボノのこと。 本文にも書いたけれど、新型コロナウイルスの影響を受けて、銀座の街が本当に大変なことになった。第一回目の緊急事態宣言の頃は、日本で一番のゴーストタウンになっていたと思うよ。生活のない街だし、本当に人っ子一人いなかったからね。 僕もライトパブリシティに移籍して一〇年、銀座で暮らしている中で老舗の旦那衆と呼ばれる若い経営者たち

スキ
1

【光文社新書】2022年11月刊4冊の内容を3分で!

①岡田尊司『不安型愛着スタイル』「生きづらいのは、なぜ?」自己肯定感が低い、気を遣いすぎて疲れてしまう、感覚が敏感で体調を崩しやすい…様々な困難の真の原因、克服、治療法。男性の15%、女性の20%が該当。職場や家庭での対応法も含め、事例を交え解説。 詳しくはこちら ②杉山恒太郎『広告の仕事』遍く広く告げる「広告」から、公に告げる「公告」へ。それが広告力再生の一つの道――。日本の広告界のレジェンドが、自らのクリエイティブを振り返りながら、広告の未来を熱く鋭く語る。山口周氏と

スキ
8

ドーハの奇跡! 日本vs.ドイツ試合後の現地リポート by小川光生

「これはもはや“奇跡”ではない」  歴史的勝利を挙げたドイツ戦の後、日本代表の森保一監督は次のような言葉で対戦チームへ謝意を表した。  個人的にこういうコメントは嫌いではない。サッカーとは基本的に“歴史”の積み上げだと思っている。各国の代表の特徴というのは、そのチームが創設以来積み上げてきた経験によって培われていくと信じているからだ。森保監督の発言は、ワールドカップという大舞台での日本とドイツという対戦の意味が分かった者の言葉であり、(ドイツ側がどう思うかは別として)新しい

スキ
31

全文公開【まとめ】

一冊まるまる公開、もしくは本の一部を全文公開している記事をまとめたマガジンです。すべて無料!

すべて見る
  • 180本

杉山恒太郎さん、山口周さんの特別対談を公開!――新刊『広告の仕事』より

上の記事では『広告の仕事』から「はじめに」と目次を公開中です。 プロボノの大きな意味 杉山 まず山口くんに話を深めてもらいたいのは、プロボノのこと。 本文にも書いたけれど、新型コロナウイルスの影響を受けて、銀座の街が本当に大変なことになった。第一回目の緊急事態宣言の頃は、日本で一番のゴーストタウンになっていたと思うよ。生活のない街だし、本当に人っ子一人いなかったからね。 僕もライトパブリシティに移籍して一〇年、銀座で暮らしている中で老舗の旦那衆と呼ばれる若い経営者たち

スキ
1

岡田尊司著『不安型愛着スタイル――他人の顔色に支配される人々』のまえがき&目次を公開|光文社新書

はじめに 不安型愛着スタイルとは 「人に気を遣いすぎて、疲れてしまう」 「自分のことが嫌われていないか、過度に気にしてしまう」 「何事にも過敏で傷つきやすい」 といったことで苦しんでいる方はとても多い。 そういう傾向を持つ方は、自分が一生懸命人に気を遣い、サービスする心理の根底で、自分のことを実際よりも低く、つまらない存在と見なしていて、自己評価や自己肯定感が低いこともしばしばだ。 そのため、人から認められているとか、受け入れられているとか、愛されているということを確

スキ
14

突如、家族もろとも消えた、セリエA優勝3回の名監督をご存じですか?――『セリエA発アウシュヴィッツ行き』より

藤島大さんが素晴らしい書評を書いてくださいました。 あとがき――アールパード・ヴァイスを知っていますかすべての痕跡が途絶える 本書を書きはじめる前、私はアールパード・ヴァイスについてほとんど何も知らなかった。1930年代のサッカー監督で、たしか第二次大戦の直前、人種法か何かで無理やりイタリアを追われた人。そんな記憶がかろうじてあるくらいだった。白状するなら、長い間、サッカーに携わっている人間としては、決して豊富な知識とは言えなかった。 幸か不幸か、今となっては分からない

スキ
23

杉山恒太郎さんの新刊『広告の仕事 広告と社会、希望について』より「はじめに」と目次を公開します!

はじめに──広告から〝公告〟へ環境変化とともに変わる役割 「遍(あまね)く広く告げる」と書いて「広告」だけれど、僕は「公に告げる」と書いて「公告」という感覚が現代では必要だと思っている。 「公」=パブリックの意識を持った新しい伝え方をしないと、広告には明日はない。逆にいえば、「公告」に姿を変えることで、広告はまだまだ多くの人々に必要とされていくはずだ。公共広告に関わっているときから、このことは仄かに感じていたが、蒙が啓かれ確信に変わったのは比較的最近、「プロボノ」を始めて

スキ
10

光文社新書PLUS

小説、翻訳、写真集、コミック…新書の枠を超えて光文社新書編集部が制作した+αな本の魅力をお伝えしていきます。キーワードは「多様性」と「ワクワク感」。

すべて見る
  • 75本

2度起きれば奇跡ではない! ドーハの歓喜! スペイン戦、現地からのリポート by小川光生

ドイツ戦のリポートはこちら! コスタリカ戦のリポートはこちら! 「サムライ・ブルー……。悪くないけど、もう少し捻りが欲しいな」  日本代表がハリーファ国際スタジアムで“無敵艦隊”を撃破する10日ほど前、私はザファランのファンビレッジの食堂で、あるスペイン人と出会った。彼の名はフランシスコ。バルセロナ出身のWEBデザイナーだという。    英語とスペイン語、イタリア語が交じり合う奇妙な会話だったが、内容はかなり興味深いものだった。各々の自国の代表の同グループの健闘を称えあ

スキ
12

コスタリカは“最強のダヴィデ”だった――サッカーW杯日本戦現地リポート by小川光生

ドイツ戦リポートはこちら。 ”ジャイキリ”の頻発  今大会の日本代表は、グループステージで、ドイツ、スペインとワールドカップで優勝経験を持つ2チームと“同居”しているが、それよりも多い、なんと3つの優勝経験チームと同じグループで戦いなおかつ勝ち抜いたチームがある。2014年ブラジル大会で、イングランド、イタリア、ウルグアイと同組(グループD)に入ったコスタリカだ。  コスタリカは、初戦のウルグアイ戦で3-1と1930年大会の初代王者を退けると、2戦目では4回の優勝を誇る

スキ
20

ドーハの奇跡! 日本vs.ドイツ試合後の現地リポート by小川光生

「これはもはや“奇跡”ではない」  歴史的勝利を挙げたドイツ戦の後、日本代表の森保一監督は次のような言葉で対戦チームへ謝意を表した。  個人的にこういうコメントは嫌いではない。サッカーとは基本的に“歴史”の積み上げだと思っている。各国の代表の特徴というのは、そのチームが創設以来積み上げてきた経験によって培われていくと信じているからだ。森保監督の発言は、ワールドカップという大舞台での日本とドイツという対戦の意味が分かった者の言葉であり、(ドイツ側がどう思うかは別として)新しい

スキ
31

突如、家族もろとも消えた、セリエA優勝3回の名監督をご存じですか?――『セリエA発アウシュヴィッツ行き』より

藤島大さんが素晴らしい書評を書いてくださいました。 あとがき――アールパード・ヴァイスを知っていますかすべての痕跡が途絶える 本書を書きはじめる前、私はアールパード・ヴァイスについてほとんど何も知らなかった。1930年代のサッカー監督で、たしか第二次大戦の直前、人種法か何かで無理やりイタリアを追われた人。そんな記憶がかろうじてあるくらいだった。白状するなら、長い間、サッカーに携わっている人間としては、決して豊富な知識とは言えなかった。 幸か不幸か、今となっては分からない

スキ
23

コトバのチカラ

ページをめくっていると、何度も読み返したくなる一節に出会うことがあります。それは時に、その一冊を凝縮したかような力をもった言葉でもあります。光文社新書のラインナップの中から選りすぐりの「一節」をご紹介していく連載です。毎週土曜更新。Twitterでも毎日アップしています!

すべて見る
  • 138本

【名言集】光文社新書の「#コトバのチカラ」 vol.138

バックナンバーはこちら 三好範英『ドイツリスク』資源輸出にしか頼れないロシア経済は、西側先進主要国に比して脆弱性を抱えている。ソ連時代もヨーロッパに対し石油、天然ガス供給を停止したことはなかった。相互依存の深化は、ドイツにとっての対ロシア依存より、ロシアにとっての対ドイツ依存の方が決定的に強くなるからである。 仲正昌樹『「みんな」のバカ!』いちど「みんな」を見失ってしまって、「みんなはどこにいる……」と自問し始めたら、もはや、前と同じような「みんな」を見出すことはできない

スキ
4

【名言集】光文社新書の「#コトバのチカラ」 vol.137

バックナンバーはこちら 古郡廷治 『文章ベタな人のための論文・レポートの授業』文章には「完成」という言葉はありません。あるのは、そこで書くのを切り上げたということです。 荒井一博『学歴社会の法則』シグナリング理論の最も重要な特徴は、大学が学生の能力をまったく向上させなくとも、個人は自分の高い能力を企業(や社会一般)に知らせるために、大学あるいは有名大学に進学しようとする点にあります。これは人的資本論と完全に異なる考え方です。 宮下誠『カラヤンがクラシックを殺した』カラヤ

スキ
7

【名言集】光文社新書の「#コトバのチカラ」 vol.136

バックナンバーはこちら 難波江和英 内田樹『現代思想のパフォーマンス』「言いたいこと」と「書かれたこと」が過不足なくきちんと対応するということは原理的に起こらない。わたしたちはつねに「言い足りない」か「言いすぎる」かどちらかなのである。 吉川徹『日本の分断』失われた時代、失われた世代とさかんにいわれますが、これはまさに言い得て妙だと思います。この新しい日本社会のメンバーたちは、時代変化の参加基準をもっていないため、自分たちがどこにいて、どこに向かっているのか自覚しようがな

スキ
10

【名言集】光文社新書の「#コトバのチカラ」 vol.135

バックナンバーはこちら 吉井仁実『現代アートバブル』実際のところ、私たちはあまりに多くの物事を、視覚的経験によって先取りしているのです。身体の投入を伴う経験に先立って、メディアを通じて流入するビジュアル・イメージが、私たちの認識のあり方を規定してしまいます。 河野哲也『暴走する脳科学』心理主義は、あらゆる問題を内面の問題として、不健全な形で人々を自己コントロールに向かわせる。私たちは、それが、誰かに、社会的・政治的な何かに強いられた内面化であることに気づかないままに、自己

スキ
8

酒場ライター・パリッコの「つつまし酒」

人生は辛い。未来への不安は消えない。世の中って甘くない。 けれども、そんな日々の中にだって「幸せ」は存在する。 いつでもどこでも、美味しいお酒とつまみがあればいい――。 混迷極まる令和の飲酒シーンに、颯爽と登場した酒場ライター・パリッコが、「お酒にまつわる、自分だけの、つつましくも幸せな時間」について丹念に紡ぐ飲酒エッセイ、待望の連載再開!

すべて見る
  • 139本

ドライフルーツの焼酎漬け|パリッコの「つつまし酒」#189

JUNERAYさんがやっていた 僕も定期的に記事を書かせてもらっているWEBサイト、デイリーポータルZで、以前、ライターのJUNERAYさんが「ドライフルーツで果実酒を仕込むとすごい」という記事を書かれていました。  一般的に果実酒というと、梅酒に代表されるように、旬の季節に果実を酒に漬け、それから飲みごろになるまでに、少なくとも数ヶ月はかかるもの。しかも、度数の高いお酒の他に氷砂糖を用意したり、それを計量したり、専用の瓶を煮沸消毒したりと、ものすごく手間のかかるイメージがあ

スキ
35

どうなんだ? ビアボール!|パリッコの「つつまし酒」#188

「ビアボール」ってなんだ? 最近、サントリーの「ビアボール」っていう新商品の広告を目にする機会、増えましたよね? 常にぼーっとしている僕は、しばらく「なんだろ〜な〜これ?」ってくらいにしか思っていなかったんですが、それがコンビニの店頭に並んでいるのを、先日発見。気になって手にとってみたんです。  するとビアボールとは、いわゆる一般的な日本のビールがアルコール度数5%前後なのに対し、それよりも断然高い16%のビールらしい。それを炭酸水で割って飲むことを前提に開発されたらしい。商

スキ
58

オリーブの丘で待ってます|パリッコの「つつまし酒」#187

そんなにだったの!? 関東地方を中心に展開する、「オリーブの丘」というイタリアンチェーンがあります。 「ある」ということはずいぶん前から知っていました。ところが失礼ながら、今まで一度も、興味を持ったことはなかったんです。すいません……。だって、あまり駅前にあるイメージがなくて、用事で車でちょっと遠出をしたときなどに、街道沿いに見かけ、「あ、あるな〜」くらいの存在感だったんすもん。僕にとって。それに、気軽に飲めるイタリアンチェーンだったら、誰もが知る「サイゼリヤ」があるじゃない

スキ
48

石鍋焼肉フルコース|パリッコの「つつまし酒」#186

突然の出会い 今年の10月、スズキナオさんとの共著で『ご自由にお持ちくださいを見つけるまで家に帰れない一日』なんてタイトルの本を出させてもらいましたが、僕は昔っから、街なかでふと出会う「ご自由にお持ちください」にどうも目がないんです。  先日も、地元でなかなか派手な「ご自由に〜」に出会いましてね。  どうです? 興奮するでしょう〜。街なかを自転車で走っていると、遠くの家の前になにやらあれこれ並んでいるのが見える。もしやご自由に!? と思って近づいていってみるとそのとおり。し

スキ
43