光文社新書

光文社新書の公式noteです。2021年10月17日に創刊20周年を迎えました。光文社新書の新刊、イベント情報ほか、既刊本のご紹介や連載をアップしていきます。お気に入りの一冊について書いていただいたnoteを収録するマガジン「#私の光文社新書」では、随時投稿をお待ちしています!

光文社新書

光文社新書の公式noteです。2021年10月17日に創刊20周年を迎えました。光文社新書の新刊、イベント情報ほか、既刊本のご紹介や連載をアップしていきます。お気に入りの一冊について書いていただいたnoteを収録するマガジン「#私の光文社新書」では、随時投稿をお待ちしています!

マガジン

  • #勝手に社内リレーPLAYBACK

    光文社新書のTwitterで月〜金につぶやいている「#勝手に社内リレー」を厳選プレイバックしていきます。「サザエさん」と同じ日曜18:30、隔週で読書の楽しさをお届けできたらと思います!

  • 光文社新書の人びと

    新書編集部に在籍する8名が書いたnoteをまとめたマガジンです。部員がどんな人であるか、どんな本をつくっているのか、記事からちょっとした横顔がのぞけます。たまに、光文社新書に関わる別部署の社員も登場します。

  • 「微笑みの国」タイの光と影

    タイ在住20年のライター、高田胤臣(たねおみ)が綴るタイ社会/タイ人のリアル。日常の小話から政治経済の情勢まで、家族も仕事もタイに根差してきたからわかる本質的なタイ事情を伝えます。

ストア

  • 商品の画像

    ナカムラクニオ『洋画家の美術史』サイン本+ポストカードセット

    ナカムラクニオさんの『洋画家の美術史』サイン本に、本書に登場する画家16人が一堂に会した特製ポストカード付きのセットです。 イラストは、すべてナカムラクニオさんが描いたものになります。このストアでしか手に入らない限定アイテムです!
    1,300円
    光文社新書
  • 商品の画像

    ナカムラクニオ『洋画家の美術史』サイン本+ポストカード5枚セット

    ナカムラクニオさんの『洋画家の美術史』サイン本に、佐伯祐三、藤田嗣治、岸田劉生、梅原龍三郎、東郷青児の特製ポストカード5枚付きのセットです。 イラストは、すべてナカムラクニオさんが描いたものになります。このストアでしか手に入らない限定アイテムです!
    2,000円
    光文社新書

ウィジェット

  • 商品画像

    いままで起きたこと、これから起きること。~「周期」で読み解く世界の未来~ (光文社新書)

    高城 剛
  • 商品画像

    IoTと日本のアーキテクチャー戦略 (光文社新書)

    柴田 友厚
  • 商品画像

    会話を哲学する~コミュニケーションとマニピュレーション~ (光文社新書)

    三木 那由他
  • 商品画像

    昭和の東京郊外 住宅開発秘史 (光文社新書)

    三浦 展
  • 商品画像

    農家はもっと減っていい~農業の「常識」はウソだらけ~ (光文社新書)

    久松 達央

リンク

#勝手に社内リレーPLAYBACK

光文社新書のTwitterで月〜金につぶやいている「#勝手に社内リレー」を厳選プレイバックしていきます。「サザエさん」と同じ日曜18:30、隔週で読書の楽しさをお届けできたらと思います!

すべて見る
  • 84本

#勝手に社内リレーPLAYBACK vol.84

『アルハンブラ物語』→『「食べること」の進化史』 『毛皮を着たヴィーナス』→『世界最高のピアニスト』 『シラノ・ド・ベルジュラック』→『ヒルビリー・エレジー』 『グランド・ブルテーシュ奇譚』→『感染症としての文学と哲学』 『ロウソクの科学』→『古典落語CDの名盤』 前回はこちら

スキ
4

#勝手に社内リレーPLAYBACK vol.83

『ハックルベリー・フィンの冒険』→『自由という服従』 『現代の英雄』→『人格障害かもしれない』 『ステパンチコヴォ村とその住人』→『新書で名著をモノにする 『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』』 『高慢と偏見』→『アイロニーはなぜ伝わるのか?』 『ガリレオの生涯』→『ルポ  不法移民とトランプの闘い』 前回はこちら

スキ
10

#勝手に社内リレーPLAYBACK vol.82

『アルハンブラ物語』→『人生に疲れたらスペイン巡礼』 『田舎医者/断食芸人/流刑地で』→『感染症としての文学と哲学』 『ロレンザッチョ』→『ルネサンス  歴史と芸術の物語』 『カルメン/タマンゴ』『田舎医者/断食芸人/流刑地で』→『バール、コーヒー、イタリア人』 『毛皮を着たヴィーナス』→『生きていくためのクラシック』 前回はこちら

スキ
8

#勝手に社内リレーPLAYBACK vol.81

『社会契約論』『人間不平等起源論』『孤独な散歩者の夢想』→『日本の少子化対策はなぜ失敗したのか?』 『ちいさな王子』→『目の見えない人は世界をどう見ているのか』 『存在と時間』『純粋理性批判』→『誤解だらけの日本美術』 『青い麦』『老人と海』『ポールとヴィルジニー』→『沖縄・奄美《島旅》紀行』 『クレーヴの奥方』『ドルジェル伯の舞踏会』→『恋する西洋美術史』 前回はこちら

スキ
10

光文社新書の人びと

新書編集部に在籍する8名が書いたnoteをまとめたマガジンです。部員がどんな人であるか、どんな本をつくっているのか、記事からちょっとした横顔がのぞけます。たまに、光文社新書に関わる別部署の社員も登場します。

すべて見る
  • 414本

#勝手に社内リレーPLAYBACK vol.84

『アルハンブラ物語』→『「食べること」の進化史』 『毛皮を着たヴィーナス』→『世界最高のピアニスト』 『シラノ・ド・ベルジュラック』→『ヒルビリー・エレジー』 『グランド・ブルテーシュ奇譚』→『感染症としての文学と哲学』 『ロウソクの科学』→『古典落語CDの名盤』 前回はこちら

スキ
4

【電子書籍】光文社新書9月新刊発売記念フェア

皆さま、こんにちは!光文社の電子書籍担当の佐藤です。 光文社新書の9月新刊の電子書籍、配信開始いたしました。 今月の新刊は5冊。 紙書籍と電子書籍、同時発売です!(編集部の皆さま、お疲れ様です!!!!) 9月新刊の発売にあわせ、「光文社新書9月新刊発売記念フェア」を本日よりスタート! 新刊発売記念フェアの内容をご紹介いたします。 ◆◆フェア実施の電子書店さまはこちら◆◆ hontoさま、シーモアさま、yodobashi.comさま、DMM.comさま、BOOK☆WALK

スキ
3

#勝手に社内リレーPLAYBACK vol.83

『ハックルベリー・フィンの冒険』→『自由という服従』 『現代の英雄』→『人格障害かもしれない』 『ステパンチコヴォ村とその住人』→『新書で名著をモノにする 『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』』 『高慢と偏見』→『アイロニーはなぜ伝わるのか?』 『ガリレオの生涯』→『ルポ  不法移民とトランプの闘い』 前回はこちら

スキ
10

新書が1冊できるまで ①:原稿整理の長い道

こんにちは、光文社新書編集部の江口です。配属されてから早3か月。社会人1年目の夏が終わろうとしています。今年の春まで大学生だったわたしにとって、この時期といえば「夏休み」。大学に通った5年間、毎年2か月もの休みを貪っていたのがすでに懐かしいです。 とはいえ、忙しい編集部のみなさんもしっかり夏休みをとっています。1週間ほどまとめて休む方もちらほらと。「夏休みとか、本当にとれるのだろうか?」と心配していたので、これはいい意味で驚きでした。わたしも9月後半に大型連休を爆誕させるべ

スキ
64

「微笑みの国」タイの光と影

タイ在住20年のライター、高田胤臣(たねおみ)が綴るタイ社会/タイ人のリアル。日常の小話から政治経済の情勢まで、家族も仕事もタイに根差してきたからわかる本質的なタイ事情を伝えます。

すべて見る
  • 21本

タイの屋台料理は自己責任で食すべし(第20回)

これまでの連載はこちらから読めます↓↓↓ タイのグルメサイトで「清潔」が重んじられる理由 日本では年金こそ今の若い世代が受給年齢に達したときに支払った分よりも受け取れる分が少なくなるが、そのほかの社会保障はわりとしっかりしている。年金もかつては払った分より多くもらえたため、それを基準にすると今は払うのがバカらしくなってくるのは心情としては理解できる。一方タイでは年金制度がまだ始まったばかりで、物価が上がりつつある現在では「ないよりはマシ」といった程度だ(このあたりはまた詳

スキ
14

自炊よりも遥かに安い、タイの外食事情(第19回)

これまでの連載はこちらから読めます↓↓↓ 食好き、屋台好きなタイの国民性タイは全土的に自炊ではなく外食文化だ。バンコクの中流層以下のタイ人が暮らすようなアパートにはそもそもキッチンなどがない。簡易的な電気式の調理器具を使って調理するか、外の屋台などで食べる、もしくはテイクアウトしてくる。 中韓を含め、日本以外のアジア圏はだいたい屋台が充実しているイメージがある。海外からの観光客の中にはこれを目的にする人もいる。ベトナムもカンボジアも、タイの隣国でほぼ同じような文化を持つラ

スキ
27

タイ人の時間はゆっくり流れる(第18回)

これまでの連載はこちらから読めます↓↓↓ タイ人が時間にルーズなのは事実? タイ人の友人ができると、あるいは会社勤めで日常的にタイ人と接するようになるとまず多くの日本人が感じることは「タイ人は時間にルーズではないか」ということだ。約束の時間には平気で遅れるし、アポイントの急なキャンセルもまた日常茶飯事である。 1998年1月に初めてタイを訪れたときはタイ語がまったくできなかったこともあって、特にこれといった友人はできなかったが、2回目の訪タイである同年12月ごろに初めて

スキ
6

日本以上に「自画自賛」が好きなタイ人が考えている、自国の魅力(15回)

これまでの連載はこちらから読めます↓↓↓ 微笑んでいないタイ人たちがタイの魅力を語るとき 当連載の最初の話に戻るが、タイ人はタイという国を誇りに思い、タイ人の優良な部分を堂々と外国人に語り、そしてそのひとつとして「タイは微笑の国」と信じている。これまでの連載の中でボク自身が直接見てきたタイ人やタイという国の一部を垣間見てくださった読者ならもうおわかりかと思うが、その微笑には、タイ人の性格のよさを表す意味合いはほとんどない。まったくないとはいわないが、基本的にはタイ人の処世

スキ
18

新刊情報【まとめ】

毎月の新刊についての記事をまとめたマガジンです。なお、光文社新書では毎月16〜19日くらいに、5冊前後の新刊を発行しています。

すべて見る
  • 265本

ぼくが『射精道』を書いた理由|今井伸――新刊より「あとがき」特別公開

あとがき 人生の2分の1は性的なことを考えて生きてきました。 僕はこれまで、人間の3大欲求である食欲、性欲、睡眠欲には、忠実な僕(しもべ)として、可能な限りこの欲求を素直に受け止めて行動してきました。それが、僕のポリシーでもあります。 物心ついてから思春期までは、食べることが大好きで、起きているときの大半は「あれも食べたい、これも食べたい」と食べることばかり考えていました。ロビンソン・クルーソーが漂着した無人島で食べるウミガメやウミガメの卵の味を妄想したり、子ども百科事

スキ
18

つらい痛みが消えた!正しい身体の使い「型」とエクササイズを動画で学ぶ――新刊『痛みが消えていく身体の使い「型」』より

「ひ~ざ!!」錦鯉のネタではありませんが、50を過ぎると体のいろんな部位が痛くなりますよね。首、肩、背中、腰、膝などなど。その大部分が、実は誤った体の使い方にあることはご存じでしょうか? 「体の使い方」というと、多くの方がスポーツを連想すると思いますが、日常生活においても、体に負担をかけない効率的な動きや姿勢が存在するのです。立つ、座る、歩く、物を持ち上げるなどなど、一生の間に何十万回と行う動作が誤っていたら、いつか壊れるのは自明の理ですよね? 伊藤和磨さんの新刊『痛みが消

スキ
2

【光文社新書】2022年9月刊5冊の内容を3分で!

①谷口義明『宇宙を動かしているものは何か』約138億年前に生まれ、膨張を続ける宇宙。謎が多いこの宇宙は、実は私たちが思っている以上にシンプルだ――。鍵を握るキーワードとは? 天文学者が「宇宙を産み出したエンジン」を徹底的に点検。 詳しくはこちら ②今井伸『射精道』「射精は一日にしてならず」その正しい扱い方、練習の方法と重要性……思春期から中高年期まで、知っておくべき知識と心構えとは。性機能と生殖医療の専門医が、各年代で現れやすい問題と対策を解説。生涯にわたり性機能を維持す

スキ
4

思春期から中高年期まで知っておくべき扱い方と基本理念――「自己流&利己的」はダメな理由|今井伸

はじめに 「射精道」とは 生物学的に、男性として生まれた人はみな陰茎を持っています。 本書は、陰茎を備えたすべての方に向けて、泌尿器科専門医として、性機能障害の治療と生殖医療に心血を注いできた僕のこれまでの知見をもとに、知っておくべき性の知識と倫理観、陰茎の正しい扱い方について、お伝えするために記しました。男性が男性器を健全に保ち、その機能性を可能な限り維持することで、心身ともに生命力に満ちた人生を送るための知恵をまとめたものです。 そして、それを最も適切にお伝えするた

スキ
17

全文公開【まとめ】

一冊まるまる公開、もしくは本の一部を全文公開している記事をまとめたマガジンです。すべて無料!

すべて見る
  • 169本

ぼくが『射精道』を書いた理由|今井伸――新刊より「あとがき」特別公開

あとがき 人生の2分の1は性的なことを考えて生きてきました。 僕はこれまで、人間の3大欲求である食欲、性欲、睡眠欲には、忠実な僕(しもべ)として、可能な限りこの欲求を素直に受け止めて行動してきました。それが、僕のポリシーでもあります。 物心ついてから思春期までは、食べることが大好きで、起きているときの大半は「あれも食べたい、これも食べたい」と食べることばかり考えていました。ロビンソン・クルーソーが漂着した無人島で食べるウミガメやウミガメの卵の味を妄想したり、子ども百科事

スキ
18

つらい痛みが消えた!正しい身体の使い「型」とエクササイズを動画で学ぶ――新刊『痛みが消えていく身体の使い「型」』より

「ひ~ざ!!」錦鯉のネタではありませんが、50を過ぎると体のいろんな部位が痛くなりますよね。首、肩、背中、腰、膝などなど。その大部分が、実は誤った体の使い方にあることはご存じでしょうか? 「体の使い方」というと、多くの方がスポーツを連想すると思いますが、日常生活においても、体に負担をかけない効率的な動きや姿勢が存在するのです。立つ、座る、歩く、物を持ち上げるなどなど、一生の間に何十万回と行う動作が誤っていたら、いつか壊れるのは自明の理ですよね? 伊藤和磨さんの新刊『痛みが消

スキ
2

思春期から中高年期まで知っておくべき扱い方と基本理念――「自己流&利己的」はダメな理由|今井伸

はじめに 「射精道」とは 生物学的に、男性として生まれた人はみな陰茎を持っています。 本書は、陰茎を備えたすべての方に向けて、泌尿器科専門医として、性機能障害の治療と生殖医療に心血を注いできた僕のこれまでの知見をもとに、知っておくべき性の知識と倫理観、陰茎の正しい扱い方について、お伝えするために記しました。男性が男性器を健全に保ち、その機能性を可能な限り維持することで、心身ともに生命力に満ちた人生を送るための知恵をまとめたものです。 そして、それを最も適切にお伝えするた

スキ
17

なぜ私は「友だち」という言葉を使わないのか|石田光規

「友だち」を意識しない 自らが動かなければ、つながりから漏れる可能性のある時代を生きる私たちは、つながりを確保しようと肩に力を入れがちだ。つながりを確保するために、なんとか友だちをつくろうと焦る気持ちはわからなくもない。しかし、友だちを得ようと欲するほど、かえって苦しくなることもある。  友だちを得ようと意識すれば、私たちは目の前にあるつながりを逃すまいと肩に力を入れてしまう。その結果、相手の気持ちにとらわれ、つながりのなかにマイナスの材料を持ち込まないよう気を遣ってしまう

スキ
12