光文社新書

出版社・光文社の新書編集部です。光文社新書の新刊、イベント情報ほか、ぜひ手にとっていただきたい既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの一冊について書かれたnoteを収録するマガジン「#私の光文社新書」は、常時投稿をお待ちしています!
光文社新書の人びと
光文社新書の人びと
  • 126本

新書編集部に在籍する8名が書いたnoteをまとめたマガジンです。部員がどんな人であるか、どんな本をつくっているのか、記事からちょっとした横顔がのぞけます。たまに、光文社新書に関わる別部署の社員も登場します。

#勝手に社内リレーPLAYBACK
#勝手に社内リレーPLAYBACK
  • 1本

光文社新書のTwitterで月〜金につぶやいている「#勝手に社内リレー」を一部プレイバックしていきます。「サザエさん」と同じ毎週日曜18:30に読書の楽しさをお届けできたらと思います!

治部れんげ『ジェンダーで見るヒットドラマ』(仮)
治部れんげ『ジェンダーで見るヒットドラマ』(仮)
  • 4本

「愛の不時着」は、なぜ世界中でブレイクしたのか? 「半沢直樹」が大ヒットする日本社会の病理とは何か? ジェンダー問題の識者として様々なメディアで活躍するジャーナリスト・治部れんげさんの新著はジェンダー的ヒットドラマ解説本! 初夏、光文社新書より刊行予定、現在鋭意執筆中の取れたて原稿をnoteで先行公開していきます。

新刊情報【まとめ】
新刊情報【まとめ】
  • 81本

毎月の新刊についての記事をまとめたマガジンです。なお、光文社新書では毎月16〜19日くらいに、5冊前後の新刊を発行しています。

コトバのチカラ
コトバのチカラ
  • 41本

ページをめくっていると、何度も読み返したくなる一節に出会うことがあります。それは時に、その一冊を凝縮したかような力をもった言葉でもあります。光文社新書のラインナップの中から選りすぐりの「一節」をご紹介していく連載です。毎週土曜更新。Twitterでも毎日アップしています!

全文公開【まとめ】
全文公開【まとめ】
  • 67本

一冊まるまる公開、もしくは本の一部を全文公開している記事をまとめたマガジンです。すべて無料!

教養としてのロック名曲ベスト100 by 川崎大助
教養としてのロック名曲ベスト100 by 川崎大助
  • 99本

今を生きる我々にとっての基礎教養とも言えるロックの名曲を、作家・川崎大助が全く新しい切り口で紹介・解説!

酒場ライター・パリッコの「つつまし酒」
酒場ライター・パリッコの「つつまし酒」
  • 44本

人生は辛い。未来への不安は消えない。世の中って甘くない。 けれども、そんな日々の中にだって「幸せ」は存在する。 いつでもどこでも、美味しいお酒とつまみがあればいい――。 混迷極まる令和の飲酒シーンに、颯爽と登場した酒場ライター・パリッコが、「お酒にまつわる、自分だけの、つつましくも幸せな時間」について丹念に紡ぐ飲酒エッセイ、待望の連載再開!

パパの家庭進出で、ニッポンを変えるのだ!
パパの家庭進出で、ニッポンを変えるのだ!
  • 9本

ソーシャルマーケター、そしてnoteの人気クリエイターの前田晃平さんが、光文社新書noteに登場。パパになって初めて気づいた日本社会の不平等を、エモい実体験とカタいデータを組み合わせ、わかりやす~く読みときます。前田さんの個人noteでスキが多かったものを再編集した記事や、オリジナル記事も掲載する共同編集マガジンです。毎週金曜日更新、来春書籍化予定!

嬉野珈琲店
嬉野珈琲店
  • 3本

嬉野珈琲店へようこそ。 マスターは大の珈琲好きである「水曜どうでしょう」カメラ担当ディレクターの嬉野雅道さん。店ではこだわりの珈琲を淹れながら、マスターが人生のあれこれについてじっくりと語ります。マスター独特の視点から語られる、胸に詰まった息がすっと抜けるお話――。一息つきたいと感じたら、ぜひ覗いてみてください。