光文社新書

光文社新書の公式noteです。創刊は2001年10月17日。光文社新書の新刊、イベント…

光文社新書

光文社新書の公式noteです。創刊は2001年10月17日。光文社新書の新刊、イベント情報ほか、既刊本のご紹介や連載をアップしていきます。お気に入りの一冊について書いていただいたnoteを収録するマガジン「#私の光文社新書」では、随時投稿をお待ちしています!

マガジン

  • 辛酸なめ子の「大人の処世術」

    「巧みな世渡り」の3歩手前。辛酸流「なんとかやっていく技術」。だいたい月1回のペースで、ゆっくり世界に溶け込んでいく予定です。

  • 新刊情報【まとめ】

    毎月の新刊についての記事をまとめたマガジンです。なお、光文社新書では毎月16〜19日くらいに、5冊前後の新刊を発行しています。

  • 馬場紀衣の「読書の森」

    書物の森は、つねに深いものです。林立する木々のあいだで目移りするうちに、途方に暮れてしまうことも珍しくないでしょう。新刊の若木から、自力では辿り着けない名木まで。日頃この森を渉猟しているライター・馬場紀衣さんの先導に添いながら、「読書の森」の深遠に分け入ってみませんか。

  • 酒場ライター・パリッコの「つつまし酒」

    人生は辛い。未来への不安は消えない。世の中って甘くない。 けれども、そんな日々の中にだって「幸せ」は存在する。 いつでもどこでも、美味しいお酒とつまみがあればいい――。 混迷極まる令和の飲酒シーンに、颯爽と登場した酒場ライター・パリッコが、「お酒にまつわる、自分だけの、つつましくも幸せな時間」について丹念に紡ぐ飲酒エッセイ、待望の連載再開!

  • 高橋昌一郎の「視野を広げる新書」

    知的刺激に満ちた必読の新刊「新書」を選び抜いて紹介。あらゆる分野の専門家がコンパクトに仕上げた新書で、多種多彩な世界に「視野」を広げます。

ウィジェット

  • 商品画像

    在宅緩和ケア医が出会った 「最期は自宅で」30の逝き方 (光文社新書)

    髙橋 浩一
  • 商品画像

    日本のヴァイオリニスト 弦楽器奏者の現在・過去・未来 (光文社新書 1292)

    本間 ひろむ
  • 商品画像

    日本のクラシック音楽は歪んでいる 12の批判的考察 (光文社新書 1290)

    森本 恭正
  • 商品画像

    「生命の40億年」に何が起きたのか 生物・ゲノム・ヒトの謎を解く旅 (光文社新書 1291)

    林 純一

リンク

辛酸なめ子の「大人の処世術」

「巧みな世渡り」の3歩手前。辛酸流「なんとかやっていく技術」。だいたい月1回のペースで、ゆっくり世界に溶け込んでいく予定です。

くわしく見る
  • 9本

「滅亡予言」13年周期説|辛酸なめ子

『私が見た未来』の予知夢なぜ定期的に滅亡予言が発生するのでしょう……。もしかして人は心のどこかで滅亡を望んでいるのでしょうか。増税、物価の高騰、上がらない給料、漫然と続く生活、地球の環境の悪化など人生の不安について考えると、いっそ全てをリセットした方が良いのではないか、と……。 このところスピリチュアル界隈や都市伝説界隈の方々に会うと、2025年の7月の予言の話が出ることが多いです。 それは、東日本大震災の予言が的中したことで有名になった漫画家、たつき諒先生の『私が見た未

スキ
34

チョコザップ沼|辛酸なめ子

気になってきた大人のたしなみ 大谷翔平選手と真美子さんが知り合ったのは、ジム的な練習施設だった、と報じられていました。ジムには意識が高い人が集まるのでしょう。そんな出会いを期待しているわけではないですが、常日頃運動不足を実感しているので、何かしなければという思いでいました。地下鉄の階段を上がるだけでかなりの疲労感が。また、家でじっとしているとネガティブなことを連鎖的に考えて不安が大きくなっていくので、体を動かして思考のループから解放されたいです。  そんな時、人にもらったc

スキ
140

伝説の野草茶を求めて|辛酸なめ子

八ヶ岳の秘密結社 そのお店の話題は、健康に詳しい人や、カフェをやっている人などから何度か聞いたことがありました。山の中に知る人ぞ知るお店があって、女主人が調合した野草茶が売られている。その野草茶は行ってすぐ買えるわけではなく、そのお店の女主人が、この人なら、と認めた人しか買えない。何人かで行ったけれど、許しが出なくて買えなかった人がいる、というどこか秘密結社のような集まりで。関門を突破しなければ買えない、というシステムも気になります。その野草茶を出しているカフェが都内にいくつ

スキ
74

生成AI、どう使う?|辛酸なめ子

消えた10万円 生成AIを活用できるかできないかが、運命の分かれ道……。そんな空気が高まっている中、インスタに流れてくる「ChatGPTセミナー」のURLをついクリックしてしまいます。2020年のコロナ禍に、手に職をつけなければと焦燥感に駆られた感覚が蘇ります。データサイエンティストに憧れて「データサイエンススクール」に10万円(全国民に配られた給付金)を入金したけれど、結局何も身に付かなかった件の再来かもしれません。  いっぽうで、今回の生成AI活用術はデータサイエンス以

スキ
173

新刊情報【まとめ】

毎月の新刊についての記事をまとめたマガジンです。なお、光文社新書では毎月16〜19日くらいに、5冊前後の新刊を発行しています。

くわしく見る
  • 382本

新刊の内容を3分で! 光文社新書2024年5月刊

①中原翔『組織不正はいつも正しい』三菱自動車・スズキの燃費不正、東芝の不正会計、製薬業界の品質不正、軍事転用不正(大川原化工機「冤罪」事件)……。組織不正はなぜあとを絶たないのか――。気鋭の経営学者が最新の研究成果を踏まえて考察。 さらに詳しくはこちら ②角野然生『経営の力と伴走支援』「対話と傾聴」を通じて、企業の本質的な経営課題を経営者とともに明らかにし、解決に向けて動き出すことをサポートする「伴走支援」の手法を示す一冊。中村和彦南山大学教授による、組織開発の側面からの

スキ
17

「日本語が不安」「英語にも自分にも自信がない」……英語で教育を受けた学生に何が起きているのか?:新刊『英語ヒエラルキー』が描く現実|佐々木テレサ、福島青史

(2)入学後――英語ヒエラルキーの世界での苦悩 1.英語環境の過酷さ――英語による承認の崩壊 EMI実施学部に対する期待と、英語能力に対する自信を持って入学した彼らであったが、実際に入学した後の振り返りでは、〈英語で苦労した〉〈英語が分からない〉〈授業が理解できない〉といった言葉によって、英語環境の過酷さが語られている。 帰国子女ではなく、入学以前の海外経験もない、のぞむ、あすか、じゅんは、言語の壁に突き当たっていた。 のぞむにとって、当該学部の環境は、転部を検討する

スキ
56

人は、無関心なまま「組織不正」に手を染める|中原翔

いつでも、どこでも、どの組織でも、 誰にでも起こりうる本書は、組織不正がなぜなくならないのかを、組織をめぐる「正しさ」に注目しながら説明する本です。 組織不正というと、本書でも扱うような燃費不正や品質不正などを思い浮かべる方が多いかと思います。それらの組織不正はあくまで他社の出来事としてメディアを通して伝わってくるため、どこか他人事のようにも感じるかもしれません。 しかし、本書を読んでいただければ分かるように、組織不正とは、いつでも、どこでも、どの組織でも、誰にでも起こり

スキ
34

「対話と傾聴」で、組織はなぜ変わる?組織開発を実践するような「伴走支援」の取り組みを、豊富な実践経験とともに解説する一冊

はじめに本書は、これまで筆者が中小企業支援活動の中で取り組んできた伴走支援の考え方を整理したものです。ここで述べる伴走支援とは、企業経営者に対して、「対話と傾聴」を通じて寄り添いながら継続的に経営支援を行っていくことです。 それだけのことと思われるかもしれませんが、このアプローチは従来の支援手法とは違った効果をもたらしてきました。経営者の方々が、より本質的な経営課題に気づき、納得し、主体性を持って自己変革に取り組み始めたのです。そして、社員にもその動きが伝わったとき、企業組織

スキ
23

馬場紀衣の「読書の森」

書物の森は、つねに深いものです。林立する木々のあいだで目移りするうちに、途方に暮れてしまうことも珍しくないでしょう。新刊の若木から、自力では辿り着けない名木まで。日頃この森を渉猟しているライター・馬場紀衣さんの先導に添いながら、「読書の森」の深遠に分け入ってみませんか。

くわしく見る
  • 51本

エロス身体論|馬場紀衣の読書の森 vol.50

人間は矛盾した生き物だ。そもそも、この「身体」が矛盾している。現代人は長らく「精神と肉体」とか「心と物質」だとか分かりやすい言葉で身体を説明しようとしてきたけれど、心身二元論も物心二元論も、あるいは心身一如論にしても、あくまで抵抗の姿勢としてあるにすぎない。身体について本当に語る言葉というのを、私たちはまだ持っていないような気がする。そういうわけで、私にとって身体というのは、いつも薄膜に覆われたわけのわからない存在である。世界と関係を結び、他者と触れ合い、出あうことだけが「私

スキ
27

日本の裸体芸術|馬場紀衣の読書の森 vol.49

羞恥心の歴史を分析したハンス・ペーター・デュルによれば、日本の社会において裸体は見えているのに見てはいけないもの、らしい。日常的に見る機会は多いのに、じっと見てはいけない。たとえ見たとしても、心に留めてはいけない。それって、すごく難しい。じっと見ることは不作法にちがいないけれど、あるものを、ないように振る舞うなんてちぐはぐだ。でも、このちぐはぐが日本ならではの裸体芸術を育んだともいえる。 本書によれば、そもそも日本には裸体美という概念はなかったのだという。裸体へと向けられる

スキ
30

頭上運搬を追って|馬場紀衣の読書の森 vol.48

人間て、美しいな、と思った。 若いとか、痩せているとか、目が大きいとか。美しいとされる規格は無数にあるけれど、そのどれともちがう、ほんとうの意味での美しさ。人が生きて、生活があって、労働のなかから生まれてきた生身の動作である。厳しくて強い、人間の姿を正面切って見つめる作者の目もいい。 「頭上運搬」というのは、言葉のとおり頭の上でものを運ぶこと。今のように自動車などでものを運べなかった時代、人が両手でものを運ぶのには限りがあるから、人はものを頭に載せて運んでいた。日本ではかつ

スキ
25

触れることの科学|馬場紀衣の読書の森 vol.47

触れることで気持ちのすべてを伝えられるなんて信じていないけれど、人に触れることで、不確かだった気持ちを言葉よりずっと的確に伝えることができるとは信じている。そういう確信めいた予感がある。誰かとの触れあいが、言葉を簡単に超えてしまうという経験を、きっとしたことがあるからだ。 感情伝達における対人接触の役割を調べた実験によると、内向きの感情(困惑、嫉妬)よりも外向きの感情(愛情、感謝)のほうが解読されやすいのだという。もちろん、触れあいに関する考えかたは文化や性差あるいは社会

スキ
23

酒場ライター・パリッコの「つつまし酒」

人生は辛い。未来への不安は消えない。世の中って甘くない。 けれども、そんな日々の中にだって「幸せ」は存在する。 いつでもどこでも、美味しいお酒とつまみがあればいい――。 混迷極まる令和の飲酒シーンに、颯爽と登場した酒場ライター・パリッコが、「お酒にまつわる、自分だけの、つつましくも幸せな時間」について丹念に紡ぐ飲酒エッセイ、待望の連載再開!

くわしく見る
  • 178本

レンチン蒸し器奮闘記|パリッコの「つつまし酒」#228

レンチン一発じゃがバター 先日、大好きな雑貨店「3COINS」で見つけて一目惚れし、衝動買いしてしまったアイテムがあります。それが「レンジ調理蒸しメーカー(Microwave Cooking Steamer)」。  300円均一商品が基本のお店で、ちょっと高級な500円なのですが、見本写真のとおり、一般的な大きさの肉まんが4つも入ってしまう大きなサイズのもの。電子レンジでお気軽に蒸し料理ができ、内部にざるがあるのでムラなく食材に火が通る構造になっているんだとか。  そもそ

スキ
58

闇煮込|パリッコの「つつまし酒」#227

割引きの牛もつがきっかけで スーパーで、好物の牛もつが割引になっていたので、衝動的に購入しました。  さてこれを、単純に焼いて食べるか、簡易的もつ鍋にするか、煮込みっぽくして酒のつまみにするのもいいな……なんて考えていて、おもしろそうなことを思いついてしまいました。  酒場でたまに、牛もつや牛すじなど、数種類のもつが入った煮込みに出合うことがあります。あれ、なんだか無性にわくわくしません? 牛もつや牛すじ一種類の煮込みも潔くていいけれど、「お、これはどの部位だ?」なんて言い

スキ
84

新玉ねぎにどハマり中|パリッコの「つつまし酒」#226

新玉元年 そもそもそういう傾向が僕にはあるのですが、最近、うっかりどハマりしてしまい、毎日そればっかり食べている食材があります。それが、新玉ねぎ。  ごぞんじですよね? 春になるとスーパーなどでもよく見かけるようになる、一般的な玉ねぎよりもみずみずしそうな、白くてでっかい玉ねぎ。あれ、具体的には、普通玉ねぎは収穫後に乾燥させるところ、その過程を経ずにすぐ出荷される、旬の玉ねぎのことなんだそうです。柔らかくて辛味が少なく、生食にも向いているのが特徴。一般的に流通するのは3〜5月

スキ
118

とんそくをしゃぶりつくせ!|パリッコの「つつまし酒」#225

ずっと気にはなっていたけど「とんそくラーメン」ってどうなんだろう?  ふと、そんなことを思ったんです。  というのもですね、たまに行く業務スーパーにいつも売ってるんですよ。パックに大入りのとんそくが、かなりお手頃な値段で。  で、見るたびに気になっていたんだけど、どうもなんていうか、自分のような者の手にはおえない気がして、「次回でいいか」と、毎回購入を見送っていたんです。だって、この量のとんそくですよ。娘は食べず嫌いするだろうし、妻も嫌いじゃないとはいえ、夫婦ふたりで食べつ

スキ
99

高橋昌一郎の「視野を広げる新書」

知的刺激に満ちた必読の新刊「新書」を選び抜いて紹介。あらゆる分野の専門家がコンパクトに仕上げた新書で、多種多彩な世界に「視野」を広げます。

くわしく見る
  • 24本

なぜ倫理学は「つなわたり」になってしまうのか?|高橋昌一郎【第24回】

現代社会に「徳倫理」は可能か?哲学を創始したソクラテスは、人生において最も重要なことは「魂の健康」だと主張した。そのために彼が何よりも必要だと考えたのが「徳(アレテー)」である。よく生きるためには、「徳」で「魂」を磨かなければならない。そして、よく死ぬために、よく生きることが大切だとソクラテスは結論づけた(古代ギリシャ哲学については拙著『自己分析論』(光文社新書)をご参照いただきたい)。 ソクラテスにとって、世俗的な人間が最も求める優れた容姿や豊富な財産、仕事上の成功や身体

スキ
31

なぜ「分子生物学」が希望をもたらすのか?|高橋昌一郎【第23回】

ゲノム医療の重要性と懸念最新作『天才の光と影:ノーベル賞受賞者23人の狂気』(PHP研究所)を上梓したばかりである。この作品では、とくに私が独特の「狂気」を感得したノーベル賞受賞者23人を厳選して、彼らの数奇で波乱万丈な人生を辿っている。 一般に、ノーベル賞を受賞するほどの研究を成し遂げた「天才」は、すばらしい「人格者」でもあると思われがちだが、実際には必ずしもそうではない。どんな天才にも、輝かしい「光」に満ちた栄光の姿と、その背面に暗い「影」の表情がある。本連載の読者の皆

スキ
35

能力はどこまで「遺伝」の影響を受けるのか?|高橋昌一郎【第22回】

行動遺伝学が提起する「生き方」1つの卵子と1つの精子が受精して1つの受精卵が生じる。この受精卵が細胞分裂を繰り返して子宮の中で1人のヒトになっていくわけだが、この細胞分裂の段階で、約0.3~0.4%の確率で受精卵が2つに分裂して2人のヒトとなる場合がある。この2人が「1卵性双生児」である。1卵性双生児は、同一の受精卵から生まれてくるため、同じ遺伝子情報を持ち、稀な例外を除き、性別も血液型も同じになる。瞳の色も髪の色も同じで、外見も「瓜二つ」で生まれてくる。 したがって、1卵

スキ
37

なぜ日本は「詭弁社会」になってしまったのか?|高橋昌一郎【第21回】

「ウソ」と「詭弁」という「二匹の怪物」「【聞かれても答えない国家】国会の答弁拒否。過去最高を更新中。#お答えを差し控える」という立命館大学産業社会学部准教授・桜井啓太氏のポスト がX(Twitter)のタイムラインに流れてきた(@sakuey、2024年1月27日付)。 桜井氏は「いつからこんなに国会は答えなくても許される場所になったのか?」という疑念から「国会会議録検索システム」を利用して「お答えを差し控える」と類似した答弁拒否の回数を集計した。すると、1970年度は年間

スキ
60