見出し画像

【62位】ラモーンズの1曲―コミックブック・ヒーローのパンク、爆発的に誕生する

「ブリッツクリーグ・バップ」ラモーンズ(1976年1月/Sire/米)

画像1

※画像はUK盤ピクチャー・スリーヴです

Genre: Punk Rock
Blitzkrieg Bop - Ramones (Jan. 76) Sire, US
(Tommy Ramone, Dee Dee Ramone) Produced by Craig Leon
(RS 92 / NME 237) 409 + 264 = 673

これぞパンク、これがパンク! 邦題の「電撃バップ」で、みんな覚えているはずだ。ニューヨーク出身の4人組である彼らのデビュー曲。同年4月に発売のデビュー・アルバム(『教養としてのロック名盤ベスト100』では43位)のオープニング・ナンバーも、これだった。騒々しく華々しいこの曲から、まさしく、パンク・ロックのすべてが始まった。

特徴はまず、とにかく「短い」こと。実際の曲タイムよりも短く感じるはずだ。約2分10秒だから、63位の「シー・ラヴズ・ユー」よりもたった10秒短いだけなのだが……体感的には「約半分」ぐらいではないか。なぜならば「単調」だからだ。コードは基本3つなのだが、荒削りなディストーション・ギターが繰り返すリフは「一種類」しかない。

さらにビートが「馬鹿っ速い」。BPM、つまり1分間に4分音符を打つ数はおよそ177! この時代以前にはまれな速度だった。しかもギターもベースも8分音符を基本に「ダウンストローク(ピッキング)しかしない」から――とにかく凄絶に素早く、1秒間に幾度も幾度も手首を上下に振り続けなければならない!のだ。

そしてなにより、例の「ヘイ! ホー! レッツ・ゴー!」だ。あのチャントが、ビートに乗って繰り返される。これはコンサートに集ったキッズを祝福し、もっと盛り上がれと焚きつける目的で、ドラマーのトミーが開発した。元ネタは当時爆発的に売れていたスコットランド出身のアイドル・バンド、ベイ・シティ・ローラーズの「サタデイ・ナイト」で、あの曲の「S-A-T-U-R...」と連呼するところを真似た。言葉のほうは、R&Bの名曲「ウォーキング・ザ・ドッグ」のローリング・ストーンズ・ヴァージョンより「High low, tippy toe」のところをいただいてから、変えた。そして世紀のチャントが生み出された。

タイトルの「Blitzkrieg」はドイツ語で、ナチス・ドイツの「電撃戦」の意味だ。一列横隊で何者にもめげず、一気に進撃していく悪ガキ軍団のイメージだった。ベースのディー・ディーの子供っぽい戦争趣味の反映だったのだが、もちろん、物議をかもした。

チャート・アクションは、アルバムも含め、まったくの不発だった。しかしまずはイギリスで、大変なことになった。この曲の真似からUKパンクは始まった。さらに、いつになっても、いつまでも、映画やTVでこの曲は使われ続けている。『スパイダーマン:ホームカミング』(17年)でも大きくフィーチャーされていた。これはスパイディと同じクイーンズ区に育った、4人の「オリジナル・パンク・ヒーロー」へのオマージュを意味した。

(次回は61位、お楽しみに! 毎週火曜・金曜更新予定です)

※凡例:
●タイトル表記は、曲名、アーティスト名の順。括弧内は、オリジナル・シングル盤の発表年月、レーベル名、レーベルの所在国を記している。
●曲名については、英文の片仮名起こしを原則とする。とくによく知られている邦題がある場合は、本文中ではそれを優先的に記載する。
●「Genre」欄には、曲の傾向に近しいサブジャンル名を列記した。
●ソングライター名を英文の括弧内に、そのあとにプロデューサー名を記した。
●スコア欄について。「RS」=〈ローリング・ストーン〉のリストでの順位、「NME」は〈NME〉のリストでの順位。そこから計算されたスコアが「pt」であらわされている。
川崎大助(かわさきだいすけ)
1965年生まれ。作家。88年、音楽雑誌「ロッキング・オン」にてライター・デビュー。93年、インディー雑誌「米国音楽」を創刊。執筆のほか、編集やデザイン、DJ、レコード・プロデュースもおこなう。2010年よりビームスが発行する文芸誌「インザシティ」に短編小説を継続して発表。著書に『東京フールズゴールド』『フィッシュマンズ 彼と魚のブルーズ』(ともに河出書房新社)、『日本のロック名盤ベスト100』(講談社現代新書)、『教養としてのロック名盤ベスト100』(光文社新書)、訳書に『フレディ・マーキュリー 写真のなかの人生 ~The Great Pretender』(光文社)がある。
Twitterは@dsk_kawasaki


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

いい本とのいい出会いがありますように!
13
新刊、イベント情報ほか、ぜひ手にとっていただきたい既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの光文社新書について書かれたnoteをまとめたマガジン「#私の光文社新書」は、アイコンのキャラクター「アランちゃん」ともども投稿をお待ちしています!

こちらでもピックアップされています

教養としてのロック名曲ベスト100 by 川崎大助
教養としてのロック名曲ベスト100 by 川崎大助
  • 72本

今を生きる我々にとっての基礎教養とも言えるロックの名曲を、作家・川崎大助が全く新しい切り口で紹介・解説!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。