新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

【お知らせ】専修大学教授・河野真太郎さんの連載が始まります!

こんにちは、編集部の田頭です。

本日より、専修大学教授・河野真太郎先生による新連載「一橋大学を辞め、文科省の前で叫んだ。」が始まります。

先生への原稿のご依頼は、本文にも出てくる、現代ビジネスに掲載された「私が一橋大学の教員を辞めた理由〜国立大に翻弄された苦しい日々」という記事を拝見したことがきっかけでした。

初めてお目にかかったのが、昨年秋、萩生田文科相による例の「身の丈発言」の翌日というタイミング。お願いしたテーマは「大学改革」についてでした。その後大きな批判と注目を集めた英語民間試験導入はひとまず延期されたわけですが、このコロナウイルス禍で大学の授業がのきなみ休講やリモート講義を強いられる状況下、受験制度はもとより、大学とは、教養とは、今後どうなっていくのでしょうか。

この連載は河野先生ご自身の体験をふまえながら、今もっともアクチュアルでありつつ、本質的な大学論、教養論として書き進めていきたい、と意気込みを語ってくださっています。

不定期更新の連載になりますが、随時お知らせしていきます。みなさまどうぞよろしくお願いいたします!


第1回は、本日5月10日18時にアップします!



この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

いい本とのいい出会いがありますように!
15
新刊、イベント情報ほか、ぜひ手にとっていただきたい既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの光文社新書について書かれたnoteをまとめたマガジン「#私の光文社新書」は、アイコンのキャラクター「アランちゃん」ともども投稿をお待ちしています!

こちらでもピックアップされています

一橋大学を辞め、文科省の前で叫んだ。
一橋大学を辞め、文科省の前で叫んだ。
  • 6本

専修大学・河野真太郎教授による、大学とは?教養とは?を問う連載です。不定期更新。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。