見出し画像

「朝読めば、会社に行きたくなくなる本」が出ました!

こんにちは。光文社新書編集部の樋口です。

12月刊の光文社新書が発売になりました。今月は、

朝読めば、会社に行きたくなくなる!
夕方読めば、早く会社を出たくなる!

――そんな惹句の帯が巻かれた、酒場ライター・パリッコさんつつまし酒という本を担当させていただきました。
先週から、書店の店頭に並んでいます。

画像1

お酒を中心に、さまざまな媒体で活躍されるパリッコさんに、

「お酒にまつわる、自分だけの、つつましくも幸せな時間」

についてお書きいただきました。

カバーイラストは、『酒のほそ道』でおなじみ、
ラズウェル細木先生! 
お目にかかれて感動!&つつましくも、多幸感あふれるカバーになり大満足! ありがとうございました!!
(余談ですが、鎖骨を骨折されたとのこと、大変心配です…)

目次からいくつかピックアップすると……

・健康診断後のホッピー&カツカレー

・缶詰で飲む

・チンチロリンハイボール

・スピード晩酌

・あこがれのランチ飲み

・あの日の自分と飲む

・人気のロケ弁で飲む

・街のパン屋のパンで飲む

・冷食晩酌

・今、あえて向き合う「サイゼ飲み」

・キッチン焼肉

・秋の屋上うどん飲み

……と、なんとなく「タモリ倶楽部」とかで特集されそうなテーマが並びます。

皆さん、どれが気になりますか?
ぼくが一番好きなのは、「スピード晩酌」。
苦しい残業を終え、一刻も早く飲みたい。
自宅に帰るのでもなく、酒場の暖簾をくぐるのでもなく、もう一刻も早く、直ちに飲みたいんだ。

だったら、最寄りの公園で飲む!
今回、この「スピード晩酌」の原稿を立ち読み版として公開させていただきます。

原稿1

原稿2

原稿3

原稿4

原稿5

原稿6

原稿7

書店でお見かけの際は、ぜひ手にとっていただけると幸いです。

ぼくもいまや、ほとんど飲まない、あわただしくも健康的な生活になっちゃいましたが、それでも楽しめる一冊です。

飲む人も、飲まない人も是非!

#光文社新書 #お酒 #パリッコ #新刊

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

ありがとうございます!
5
新刊、イベント情報ほか、ぜひ手にとっていただきたい既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの光文社新書について書かれたnoteをまとめたマガジン「#私の光文社新書」は、アイコンのキャラクター「アランちゃん」と一緒に首をなが~くして投稿をお待ちしています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。