見出し画像

【名言集】光文社新書の「#コトバのチカラ」 vol.18


香西秀信『論より詭弁』

画像1

事実はいくらでも意見として機能する。われわれは事実を口にするときでも、それをわれわれの意見として、何らかの意味で聞き手を説得しようとしているのである。


渡辺政隆『ダーウィンの夢』

画像2

今から一五〇年前、ダーウィンは満を持して『種の起源』を世に問うた。その書では、当時の人々が密かに恐れていた宣告が雄弁に語られていた。すなわち、「ヒトはどこから来てどこへ行くのか」という問いかけとその答が。


東ゆみこ『猫はなぜ絞首台に登ったか』

画像3

数多ある文化研究の中でも、特に知的刺激を与え続けているオリジナルで優れた研究は、おおよそ違和感、つまり「差異空間的な事象」に着目することから始めた研究といっても、言い過ぎではありません。


今野真二『漢和辞典の謎』

画像4

「漢和辞典」に詰まっている「情報量」はすばらしく多い。これは「漢和辞典」を編纂している人の情熱の結晶のように感じる。せっかくそのようにしてつくりあげられている「漢和辞典」が使われないのはおしい。


外尾悦郎『ガウディの伝言』

画像5

効率を最優先にする。それは時として、もちろん大切な場合もあるでしょう。しかし、その先にある「何のために」、あるいは「それは本当に多くの人を幸せにすることなのか」という問いを、勇気を持って、根気強く、冷静に考え続けることは、もっと大切ではないかと思います。


保坂俊司『宗教の経済思想』

画像6

多神教に立脚する日本教は価値判断の基準が多様であり、しかも互いにそれぞれ優劣決しがたい価値を持つ、ということとなる。そのために、日本では多くの職業が、それぞれに価値を認められ、そのために高度に発達し、社会的にも職人に高い地位が与えられてきた。

南雲治嘉『色の新しい捉え方』

画像7

色は言葉と同じく、コミュニケーションのための手段のひとつであり、ある特定のメッセージを伝えるためのツール(道具)だということです。




この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
光文社新書

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

アランちゃんも喜んでいます!
26
光文社新書の公式noteです。光文社新書の新刊、イベント情報ほか、ぜひ手にとっていただきたい既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの一冊について書かれたnoteを収録するマガジン「#私の光文社新書」は、常時投稿をお待ちしています!