見出し画像

【32位】ビヨンセ・フィーチャリング・ジェイ・Zの1曲―燃え上がる女神の出立を、婦唱夫随で「社長」が盛り立てる

「クレイジー・イン・ラヴ」ビヨンセ・フィーチャリング・ジェイ・Z(2003年5月/Columbia • Music World/米)

画像1

※こちらはヨーロッパ盤CDシングルのジャケットです

Genre: R&B, Hip Hop, Funk
Crazy in Love - Beyoncé feat. Jay-Z (May. 03) Columbia • Music World, US
(Rich Harrison • Beyoncé Knowles • Eugene Record • Shawn Carter) Produced by Rich Har-rison and Beyoncé Knowles
(RS 118 / NME 82) 383 + 419 = 802
※33位と32位の2曲が同スコア

前回の「ヘイ・ヤ!」と同スコアながら、リリース時期が早かったため、ルールに基づき、こっちが上位に入った。その差はたった4ヶ月。そしてこちらも、すさまじいメガヒット。HOT100の1位を8週連続、トップ10内に15週もランクインして「この夏」をほぼ完全制覇した(そのあとの秋にアウトキャストが暴れた)。全英でも1位を取得した。

当曲はビヨンセのソロ・デビュー・アルバム『デンジャラスリィ・イン・ラヴ』の先行シングルとして発表された。すでにデスティニーズ・チャイルドの一員として、あるいは映画出演などでスターとなっていた彼女だが、しかしソロでの成功はまだ未知数だった。ゆえに幾度か、アルバムの発売予定が延期された。作り込みが続いていた。そうやって「さらなる強い曲」を模索していたビヨンセが、ソングライター/プロデューサーのリッチ・ハリソンと温め続けていたアイデアのひとつが、この曲だった。

ループする印象的なホーン・リフは、ソウル・グループ、ザ・シャイ・ライツの曲「アー・ユー・マイ・ウーマン?(テル・ミー・ソー)」(70年)からのサンプリングだ。ここに「オッ・オー、オ・オー~」という、これまた印象的なビヨンセのコールが繰り返される。歌の主題は、燃え上がるような恋に囚われて「おかしくなっちゃった」心根だ。だからとにかく、ドラマチックに、エモーショナルに歌は進み、情念のホーンが吹き上がる――というところに「社長」だ。冒頭からジェイ・Zが、見事なラップでビヨンセを盛り立てる。史上最強のパワー・カップルが協調した、最初のメガヒットがこの曲だ。

両者の共演は、前年のジェイ・Zのナンバー「'03ボニー&クライド」に続いてのものだった。ビヨンセとハリソンがおよそ3ヶ月間、ああでもないこうでもないと試行錯誤した果ての、レコーディングの最後の最後。ジェイ・Zは深夜の3時にスタジオ入りすると即興でラップして、一瞬でこれを決めた。所用時間は約10分だったという。

かくしてこの夏、世界中のいたるところでMVのビヨンセの動きを真似つつ「オッ・オー、オ・オー~」と歌う人が続出した。「04年に最も演奏された曲」とも呼ばれている。意外なところでは、トーキング・ヘッズの頭脳、あのデヴィッド・バーンが、エクストラ・アクション・マーチング・バンドとともに、05年のハリウッド・ボウル公演でカヴァーしている。オルタナティヴなサンバ調の演奏からの、メドレーだ。つまりまさに「神速で」米ポップ文化界の永久所蔵品となったがごときナンバーが、これだった。

(次回は31位、お楽しみに! 毎週火曜・金曜更新予定です)

※凡例:
●タイトル表記は、曲名、アーティスト名の順。括弧内は、オリジナル・シングル盤の発表年月、レーベル名、レーベルの所在国を記している。
●曲名については、英文の片仮名起こしを原則とする。とくによく知られている邦題がある場合は、本文中ではそれを優先的に記載する。
●「Genre」欄には、曲の傾向に近しいサブジャンル名を列記した。
●ソングライター名を英文の括弧内に、そのあとにプロデューサー名を記した。
●スコア欄について。「RS」=〈ローリング・ストーン〉のリストでの順位、「NME」は〈NME〉のリストでの順位。そこから計算されたスコアが「pt」であらわされている。
川崎大助(かわさきだいすけ)
1965年生まれ。作家。88年、音楽雑誌「ロッキング・オン」にてライター・デビュー。93年、インディー雑誌「米国音楽」を創刊。執筆のほか、編集やデザイン、DJ、レコード・プロデュースもおこなう。2010年よりビームスが発行する文芸誌「インザシティ」に短編小説を継続して発表。著書に『東京フールズゴールド』『フィッシュマンズ 彼と魚のブルーズ』(ともに河出書房新社)、『日本のロック名盤ベスト100』(講談社現代新書)、『教養としてのロック名盤ベスト100』(光文社新書)、訳書に『フレディ・マーキュリー 写真のなかの人生 ~The Great Pretender』(光文社)がある。
Twitterは@dsk_kawasaki




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

アランちゃんも感謝しています!
15
新刊、イベント情報ほか、ぜひ手にとっていただきたい既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの光文社新書について書かれたnoteをまとめたマガジン「#私の光文社新書」は、アイコンのキャラクター「アランちゃん」ともども投稿をお待ちしています!

こちらでもピックアップされています

教養としてのロック名曲ベスト100 by 川崎大助
教養としてのロック名曲ベスト100 by 川崎大助
  • 82本

今を生きる我々にとっての基礎教養とも言えるロックの名曲を、作家・川崎大助が全く新しい切り口で紹介・解説!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。