見出し画像

【28位】ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズの1曲―「すべてはうまくいくんだよ」と、聖人のやさしきレゲエが繰り返す

「ノー・ウーマン、ノー・クライ」ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズ(1975年8月/Island/英)

画像1

Genre: Reggae
No Woman, No Cry - Bob Marley and the Wailers (Aug. 75) Island, UK
(Vincent Ford) Produced by Bob Marley and the Wailers, Steve Smith and Chris Blackwell
(RS 37 / NME 139) 464 + 362 = 826
※28位から25位までの4曲が同スコア

ボブ・マーリーの代表曲のひとつ、最もポピュラーな1曲かもしれない。つまりあらゆるレゲエ・ナンバーのなかで世界中の人々に最も多く愛された歌が、これかもしれない。

初出は74年のスタジオ・アルバム『ナッティ・ドレッド』。しかし翌75年7月にロンドンでおこなれたライヴの模様を収録したヴァージョンのほうが有名だ。こちらはシングルとしてリリースされたのち『ライヴ!』と題されたアルバムにおさめられた。もっとも同シングルは全英チャートで22位と、あまり伸びなかった。前作シングル(73年4月)の曲「アイ・ショット・ザ・シェリフ」が、74年にエリック・クラプトンにカヴァーされ、そっちのほうが各国で1位取得など大ヒットしていたのだが、しかしマーリーへのセールス的なフィードバックはここまでだった。とはいえ瞬間風速では測れない形で、末長く、当曲は愛され続けている。たとえばジョン・レノンの「イマジン」(83位)のように。

おだやかな、寄せては返す波のようなレゲエ・バラッドだ。タイトルに掲げられたキー・フレーズが、まずもって素晴らしい。「いけない、女よ。泣いてはいけない」という意味だ。目の前に泣いている人がいて、一生懸命なぐさめている感じの口語的表現だ。ときに「女がいなければ涙はない」と理解する人がいるようなのだが、完全な間違いだ。日本のタワーレコードの宣伝文句「No Music, No Life」の構文と、当曲のは違うのだから。

ジャマイカはキングストンの貧困地区・トレンチタウンの公営住宅に「僕らはいた」と主人公は言う。思い出話だ。焚火でコーンミールのお粥も作れたろうね、などと。そして「偽善者」がいたことや、仲間たちの人生の不遇も示唆される。「でも」と主人公は言う。泣いてはいけないんだ、と。「すべてはうまくいくんだよ(Everything's gonna be alright)」と。このフレーズが、歌の中盤、ブリッジ部で計8回も繰り返される――。

というこの曲、書いたのはもちろんボブ・マーリー本人と目されているのだが、ソングライター・クレジットのなかに彼の名はない。マーリーの幼なじみ、ヴィンセント・フォードの名前のみが記されている。フォードは当曲の舞台となったトレンチタウンで、貧しい人々のためのスープ・キッチンを営んでいた。だからマーリーのこの行為について「歌のなかに描いた世界」の人々、社会的弱者の救済へと印税収入を役立てたい、という意志のあらわれだと考える人が多い。つまり無限大の「愛とやさしさ」に裏打ちされつつ、無限大の「愛とやさしさ」を描いたナンバーこそが、この曲なのだ。だから愛されるのだ。

(次回は27位、お楽しみに! 毎週火曜・金曜更新予定です)

※凡例:
●タイトル表記は、曲名、アーティスト名の順。括弧内は、オリジナル・シングル盤の発表年月、レーベル名、レーベルの所在国を記している。
●曲名については、英文の片仮名起こしを原則とする。とくによく知られている邦題がある場合は、本文中ではそれを優先的に記載する。
●「Genre」欄には、曲の傾向に近しいサブジャンル名を列記した。
●ソングライター名を英文の括弧内に、そのあとにプロデューサー名を記した。
●スコア欄について。「RS」=〈ローリング・ストーン〉のリストでの順位、「NME」は〈NME〉のリストでの順位。そこから計算されたスコアが「pt」であらわされている。
川崎大助(かわさきだいすけ)
1965年生まれ。作家。88年、音楽雑誌「ロッキング・オン」にてライター・デビュー。93年、インディー雑誌「米国音楽」を創刊。執筆のほか、編集やデザイン、DJ、レコード・プロデュースもおこなう。2010年よりビームスが発行する文芸誌「インザシティ」に短編小説を継続して発表。著書に『東京フールズゴールド』『フィッシュマンズ 彼と魚のブルーズ』(ともに河出書房新社)、『日本のロック名盤ベスト100』(講談社現代新書)、『教養としてのロック名盤ベスト100』(光文社新書)、訳書に『フレディ・マーキュリー 写真のなかの人生 ~The Great Pretender』(光文社)がある。
Twitterは@dsk_kawasaki


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

アランちゃんも喜んでいます!
17
新刊、イベント情報ほか、ぜひ手にとっていただきたい既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの光文社新書について書かれたnoteをまとめたマガジン「#私の光文社新書」は、アイコンのキャラクター「アランちゃん」ともども投稿をお待ちしています!

こちらでもピックアップされています

教養としてのロック名曲ベスト100 by 川崎大助
教養としてのロック名曲ベスト100 by 川崎大助
  • 79本

今を生きる我々にとっての基礎教養とも言えるロックの名曲を、作家・川崎大助が全く新しい切り口で紹介・解説!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。