見出し画像

【#100日ビスコまとめ⑩】10/13~10/19の記録

ついに表紙の色校が出るなど、書籍の完成まであと一歩に迫りつつある10週目。京都・大阪出張もはさんで盛りだくさんです。『100日ビスコ』の谷間にひっそりと月見草のように咲くダイアリー、今週もお届けします!

【64日目】 10月13日(火)

近ごろ毎日が夢のように早く過ぎ、というかこの日の記憶がほとんどなく…。やっぱり日記は毎日つけないとダメですね。ビスコを食べたら日記をすぐ書く、という体質改善は、はたして残りの日程中に叶うのか。

【65日目】 10月14日(水)

本の制作過程で、表紙のデザインが最初に上がってきた瞬間というのは、編集者としてはワクワク、ドキドキ。それはそれは嬉しいものでして。何と言いますか、今まで時間をかけて一生懸命に作ってきた像に生命が吹き込まれた感があるとでも言えばいいんでしょうか。個人的にはいちばん好きなプロセスですね。デザイナーさん、イラストレーターさんに心より感謝です。

【66日目】 10月15日(木)

このダイアリーの中で2度目の関西出張です。京大と阪大に、ビスコ片手にお邪魔しました。大学という自由な空間に万歳です。大人になるとなかなか経験のある人はいないでしょうが、開放的なキャンパスで食べるビスコって気持ちいいんですよ(自慢しています)。気分だけは大学生に若返りますが、もちろん気分だけです(笑)。

【67日目】 10月16日(金)

金閣寺で撮りたかったんですが、なんと修復中につき、予定を変更して伏見稲荷大社にお邪魔しました。中川家(弟)が愛してやまない京阪電鉄にゆられ、のんびり稲荷詣ではなかなかオツなものでございました。ビスコにシンクロした写真も撮れ、「商売繁盛」のお札も買えたので、すべて結果オーライですね。神様の前で思わず長めに祈願をしてしまいましたが、どうかこの本がヒットしますように…。

【68日目】 10月17日(土)

この電気ブランのアイデアはとある親切な人の助言による集合知の結果です。そういえば昔アイスティーで割って飲んだことがあるな、と記憶の糸をたぐりよせて作ってみたんですが、オールドの電気ブランは思っていたよりかなり強いお酒でした(笑)。したたかに酔っ払い、妻ではなく、ぼくの方が嫌なことを忘れられたしだいでして。あれ?

【69日目】 10月18日(日)

紅茶にブランデー、といえば、かの『銀河英雄伝説』のヤン・ウェンリーがこよなく愛する飲み方ですが、子どもの頃はこれにとにかく憧れたものです。本当においしいのでぜひみなさんもご自宅でお試しくださいね。よいこは、大人になったときの楽しみにとっておいてください。

【70日目】 10月19日(月)

赤って不思議な吸引力のある色だとつくづく思います。そしてやっぱり絵になる。戦隊ものの主人公の色は絶対に赤だし、「赤毛のアン」「赤い鳥」「赤いくつ」「赤い彗星」「赤いスイートピー」「赤い悪魔」、あるいはもっとしぶく「赤備え」「赤バット」とか(笑)、不朽の名作や不動の人気を誇るものの色に「赤」がついている例はすごく多いんじゃないでしょうか(当社調べ)。



そろそろゴールが見えてきましたが、まだまだビスコを食べ続けます! 公式アカウント(毎日更新)のフォローと、応援をよろしくお願いします!! そして、同情するならレシピをくれ!(引き続き募集中です)

Twitter:100days_bisco


この記事が参加している募集

習慣にしていること

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

アランちゃんも感謝しています!
9
新刊、イベント情報ほか、ぜひ手にとっていただきたい既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの光文社新書について書かれたnoteをまとめたマガジン「#私の光文社新書」は、アイコンのキャラクター「アランちゃん」ともども投稿をお待ちしています!

こちらでもピックアップされています

光文社新書PLUS
光文社新書PLUS
  • 41本

小説、翻訳、写真集、コミック…新書の枠を超えて光文社新書編集部が制作した+αな本の魅力をお伝えしていきます。キーワードは「多様性」と「ワクワク感」。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。