見出し画像

#勝手に社内リレーPLAYBACK vol.15

光文社新書のTwitterで月〜金につぶやいている「#勝手に社内リレー」を厳選プレイバックしていくこちらの連載。光文社古典新訳文庫のツイートを受け、光文社新書が「勝手に」ひもづけて、あるいはこじつけて既刊本をご紹介していきます! 担当・田頭の「勝手な」ふり返り付き。

『永遠平和のために/啓蒙とは何か』→『なぜ戦争は伝わりやすく平和は伝わりにくいのか』

担当の自己採点★★★ ちなみに古典新訳文庫の創刊ラインナップ8冊とは、『リア王』『初恋』『マダム・エドワルダ / 目玉の話』『飛ぶ教室』『カラマーゾフの兄弟』『永遠平和のために / 啓蒙とは何か 他3編』『ちいさな王子』『猫とともに去りぬ』だそうです。


『オルラ/オリーヴ園』→『「人間嫌い」の言い分』

担当の自己採点★★★★ モーパッサンの人間嫌いっぷりは、彼のエッフェル塔のエピソードによく表れていますよね。詳しくはロラン・バルト『エッフェル塔』(ちくま学芸文庫)をどうぞ。


『死刑囚最後の日』→『死にゆく人の心に寄りそう』

担当の自己採点★★★★ 副読本として、『死刑囚200人 最後の言葉』(宝島SUGOI文庫)をどうぞ。ユゴーが到達した心理描写の凄みが実感できると思います。


『オリバー・ツイスト』→『下流社会』

担当の自己採点★★★★ 長〜い『オリバー・ツイスト』の理解を助ける映像作品はポランスキーの映画がありますし、BBCのドラマも素晴らしいです。BBCが文学作品を映像化すると、美しくも重厚で、雰囲気があるんですよねー。


『マノン・レスコー』→『リンボウ先生のオペラ講談』

担当の自己採点★★★ たしかに今読むと「悪女」じゃないような気がしますし、実はオペラ版の『マノン・レスコー』だともっとその印象が強いかもしれません。『蝶々婦人』の蝶々さん、『ラ・ボエーム』のミミのように、プッチーニ好みの一途な女性になっているような…。


この記事が参加している募集

推薦図書

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
光文社新書

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

アランちゃんともども心から感謝しています!
光文社新書の公式noteです。光文社新書の新刊、イベント情報ほか、ぜひ手にとっていただきたい既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの一冊について書かれたnoteを収録するマガジン「#私の光文社新書」は、常時投稿をお待ちしています!