見出し画像

【43位】ザ・ローリング・ストーンズの1曲―脱進歩・始原をたどって旅した先に「未来の普遍」があった

「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」ザ・ローリング・ストーンズ(1968年5月/Decca/英)

画像1

※こちらはアメリカ盤シングルのジャケットです

Genre: Rock, Blues Rock
Jumpin' Jack Flash - The Rolling Stones (May, 68) Decca, UK
(Jagger/Richards) Produced by Jimmy Miller
(RS 125 / NME 131) 376 + 370 = 746

連続してストーンズだ。しかも奇遇にも、これも68年。「シンパシー・フォー・ザ・デヴィル」に先立つこと7ヶ月、バンドの「起死回生」を図る1曲として、シングル・リリースされた。彼らの数多いレパートリーのなかでも、1、2を争う人気ナンバーであり、発表後、すべてのツアーで漏れなく演奏されている「定番曲」でもある。

と、それほどまでに聴き手とバンド双方から深く愛された理由は、彼らがここで「ブレイクスルー」できたことと深く関係している。サイケデリック時代の迷走を経て、ルーツであるブルースに回帰することで、唯一無二の「ストーンズ節」を確立していく、その第一歩となったのがこの曲だったからだ。名プロデューサー、ジミー・ミラーと組んで初めて取り組んだアルバム『ベガーズ・バンケット』用のセッションから生み出され、同作の露払いとして単独リリースしたところ、「ペイント・イット・ブラック」(60位、66年)以来の全英1位を奪取。ビルボードHOT100では3位のヒットを記録した。

この曲の魅力とは「古くさく、同時に新しい」ところだ。言葉遊びのような歌詞は、ブルースの伝統の上に立っているのだが、あまりにも極端な「簡潔さ」ゆえ、まるで2010年代のラップ・ソングみたいな箇所もある。「ジャンピンジャックフラッシュ、ガスガスガス」なんて、普通あまり、繰り返しはしない。同様の構造は、ギター・リフにもある。「サティスファクション」を簡略化したようなフレーズなのだが「あまりに簡単で」一度聴いたら一生忘れられなくて当たり前。しかしレコーディングではひと工夫あって、それがこの独特の音色となった。キース・リチャーズはオープン・チューニングのアコースティック・ギターのみを使用、カセット・テープに録音したフレーズをスピーカーで大きく鳴らし「音が荒れた」状態のものを、再度テープに取り込んだ。この発想と嗜好性は、サンプラーを「楽器」ととらえた90年代初頭のヒップホップ・アーティストとほぼ同じだ。

さらには、文学もあった。近年の研究では、ウィリアム・ブレイクの詩「ザ・メンタル・トラヴェラー」と、当曲の歌詞の類似についての指摘がある。ヴァース3における、頭上の棘付き冠や出血する両足といったイメージが、ブレイクの同作と共通している。

ライバルのビートルズが、音楽的豊穣さや実験性で新天地を創造したのに対して、ストーンズはまったく逆に「やることを絞った」。文学のみを手に、ブルースの河を遡っていった。そこで手にした黄金の最初の一片こそが、超特大のこれだった。

(次回は42位、お楽しみに! 毎週火曜・金曜更新予定です)

※凡例:
●タイトル表記は、曲名、アーティスト名の順。括弧内は、オリジナル・シングル盤の発表年月、レーベル名、レーベルの所在国を記している。
●曲名については、英文の片仮名起こしを原則とする。とくによく知られている邦題がある場合は、本文中ではそれを優先的に記載する。
●「Genre」欄には、曲の傾向に近しいサブジャンル名を列記した。
●ソングライター名を英文の括弧内に、そのあとにプロデューサー名を記した。
●スコア欄について。「RS」=〈ローリング・ストーン〉のリストでの順位、「NME」は〈NME〉のリストでの順位。そこから計算されたスコアが「pt」であらわされている。
川崎大助(かわさきだいすけ)
1965年生まれ。作家。88年、音楽雑誌「ロッキング・オン」にてライター・デビュー。93年、インディー雑誌「米国音楽」を創刊。執筆のほか、編集やデザイン、DJ、レコード・プロデュースもおこなう。2010年よりビームスが発行する文芸誌「インザシティ」に短編小説を継続して発表。著書に『東京フールズゴールド』『フィッシュマンズ 彼と魚のブルーズ』(ともに河出書房新社)、『日本のロック名盤ベスト100』(講談社現代新書)、『教養としてのロック名盤ベスト100』(光文社新書)、訳書に『フレディ・マーキュリー 写真のなかの人生 ~The Great Pretender』(光文社)がある。
Twitterは@dsk_kawasaki


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

いい本とのいい出会いがありますように!
14
新刊、イベント情報ほか、ぜひ手にとっていただきたい既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの光文社新書について書かれたnoteをまとめたマガジン「#私の光文社新書」は、アイコンのキャラクター「アランちゃん」ともども投稿をお待ちしています!

こちらでもピックアップされています

教養としてのロック名曲ベスト100 by 川崎大助
教養としてのロック名曲ベスト100 by 川崎大助
  • 72本

今を生きる我々にとっての基礎教養とも言えるロックの名曲を、作家・川崎大助が全く新しい切り口で紹介・解説!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。