見出し画像

【第10回】タコが進化したらどうなってしまうのか?

■膨大な情報に流されて自己を見失っていませんか?
■デマやフェイクニュースに騙されていませんか?
■自分の頭で論理的・科学的に考えていますか?
★現代の日本社会では、多彩な分野の専門家がコンパクトに仕上げた「新書」こそが、最も厳選されたコンテンツといえます。この連載では、哲学者・高橋昌一郎が「教養」を磨くために必読の新刊「新書」を選び抜いて紹介します!

タコの衝撃の知性

日本人は、タコをよく食べる。刺身に握り鮨、タコ酢にタコの天ぷらや唐揚げ、おでんの具にもなるし、子どもたちはタコ焼きが大好きだ。ゆでタコはサラダやマリネ、炒め料理にもマッチする。海外のアヒージョやパエリア、カラマリにも欠かせない。タコが「万能食材」と呼ばれる所以である。

本書の著者・池田譲氏は、1964年生まれ。北海道大学水産学部卒業後、同大学大学院水産学研究科博士課程修了。京都大学大学院研修員、理化学研究所研究員などを経て、現在は琉球大学理学部教授。多くの専門論文に加えて、著書に『イカの心を探る』(NHK出版)などがある。

さて、タコをイカのような軟体動物から際立たせている特徴といえば、その巨大な脳である。タコの体重に対する脳のサイズは、およそ高等脊椎動物(哺乳類や鳥類)と下等脊椎動物(両生類や爬虫類や魚類)の間にある。タコは、その重い脳を6本の腕で支えて「二足歩行」もできる。凄すぎるではないか。

一口に「タコ」といっても、250種が世界の海洋に分布し、その寿命は1~2年と非常に短い。それにもかかわらず、マダコにボールを提示し、そのボールを攻撃すると餌を与えるようにすると、そのマダコはボールを攻撃するようになる。つまり、イヌと同じレベルの「条件付け」が成立するのである。

さらに、イタリアのタコ研究者として知られるグラツィアーノ・フィオリトとピエトロ・スコットが行った実験では、マダコに赤いボールと白いボールを同時に見せて、赤いボールを攻撃すれば餌を与え、白いボールを攻撃すれば電気ショックを与える。この水槽を透明な仕切りで隔てて、その様子を他のマダコに見せる。そのマダコは、何が起こっているのかを熱心に観察する。

さて、実験を見ていたマダコに赤いボールと白いボールを見せると、なんとこのマダコは、赤いボールだけを攻撃するというのである。一般に、同種の他個体の行動を見て学ぶことを「観察学習」と呼ぶ。これは、チンパンジーでも難しいと言われる学習だが、マダコには、その能力があるというのだ! この研究結果は、1992年の『サイエンス』に掲載された。池田氏のグループは、さらに高度なタコの「鏡像自己認識」や「社会活動」に関する実験を現在進行形で実施し、本書には、その興味深い成果が詳しく解説されている。

本書で最も驚かされたのは、タコが「道具」を使うという事実である。2009年に発表された論文によれば、タコがホタテガイやハマグリのような二枚貝の殻を持ち歩いて、いろいろな局面で利用するケースが20例も報告されている。たとえばメジロダコは、人間が捨てた大きなココナッツの殻をソリのようにして持ち歩き、その中に自分の体を入れて隠れることもあるという。

タコが「二足歩行」して「道具」も使える以上、もし未来に人類が弱体化したら、海から上陸して「火」を使えるほどに進化するかもしれない。そこで思い浮かぶのは、H.G.ウェルズの『宇宙戦争』に登場する「火星人」である。この「タコ型知的生命体」は、脳が異常発達して巨大化する一方、消化器官は退化して、吸盤から動物の血液を直接摂取して栄養を取る。今はタコを食べている傲慢な人類が、未来にはタコの子孫に襲われるかもしれない(笑)!


本書のハイライト

想像の域を出ないが、タコの先祖である何者かは貝家を飛び出たのだろう。彼は自由を求めて飛び出した。貝家のアウトサイダーとも言えるだろう。後に彼は、あるいは彼女は、大きな脳を身につけ、立派なレンズの入った眼を備え、吸盤のついた八本の腕というユニークな道具で身を固めた。硬い盾で身を守るのではなく、さりとて強靭な牙で獲物を襲うのではなく、状況を読み取り、わずかな力で最大限の成果をあげる、賢さという武具により生き抜く術を体得した。(p. 241)

↓第9回はこちら

著者プロフィール

画像1

高橋昌一郎/たかはししょういちろう 國學院大學教授。専門は論理学・科学哲学。著書は『理性の限界』『知性の限界』『感性の限界』『ゲーデルの哲学』『自己分析論』『反オカルト論』『愛の論理学』『東大生の論理』『小林秀雄の哲学』『哲学ディベート』『ノイマン・ゲーデル・チューリング』『科学哲学のすすめ』など、多数。





この記事が参加している募集

推薦図書

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

アランちゃんも感謝しています!
34
出版社・光文社の新書編集部です。光文社新書の新刊、イベント情報ほか、ぜひ手にとっていただきたい既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの一冊について書かれたnoteを収録するマガジン「#私の光文社新書」は、常時投稿をお待ちしています!

こちらでもピックアップされています

新書こそが教養!
新書こそが教養!
  • 11本

現代の日本社会では、多彩な分野の専門家がコンパクトに仕上げた「新書」こそが、最も厳選されたコンテンツといえます。この連載では、哲学者・高橋昌一郎が「教養」を磨くために必読の新刊「新書」を選び抜いて紹介します! 高橋先生のお名前にちなんで、「1」の日、毎月1、11、21日の更新です。

コメント (14)
小さい時に見ていたアニメや絵本で、タコが割と賢いキャラクターだったのは、本当に賢さを備えているからそのような設定にされたのかなと思いました。凧についてあまり興味がなかったので、ほとんどが初めて知る情報でした。犬と同じくらい条件付けをでき、道具を使っていた目撃情報があるというのは衝撃でした。最後のハイライトの貝家を飛び出たアウトサイダーが武器と賢さを身に着けて生き抜いてきたというので、アウトサイダーは最初は周りから批判されることもあると思うが、将来的に変化を与えてくれるので大切な存在なのだなと思いました。人類が弱体化して、タコが二足歩行をして、火を使っているというのは想像すると、少し怖いです。しかし、人間とタコの食う食われるの関係が逆転しないとも言い切れないので、逆転していたら面白いなと思います。今の時代は、人間がタコを食べる時代なので、万能食材をおいしくいただきたいと思います。(笑)(HN020001)
私はタコについての知識がほとんどないため、この記事を読んで衝撃を受けました。まず、タコの脳のサイズが大きいことです。タコの頭の部分がほとんど脳であれば、賢いことがわかります。記事には赤いボールと白いボールを判別したとありました。このことからタコには色彩判別の能力があるのではないかと考えました。
前に、サッカーワールドカップでどちらのチームが勝つかタコが当てるというのがありました。この話をはじめ聞いたときはでたらめだと思っていましたが、タコが賢いというこの記事を読んで、タコはしっかりと根拠があって選んでいたのではないかと思います。
もし今後タコの脳が急激に進化を遂げてしまったら、人間はタコよりも知能がなくなってしまう恐れがあり、人間がタコを食すのではなくタコが人間を食すといった立場が逆転してしまうのではないかと恐怖を抱きました。その他のチンパンジーなども知能が高いため人間は動物たちに追い抜かれないような努力が必要だと考えます。(H191185)
この記事を読んで、タコはとても頭のいい生物であるが人間を超えることはないだろうと感じました。タコが観察学習ができて、道具を使うことができるという事実は知らなかったので驚きました。そして、それらの事実から、「宇宙戦争」や「猿の惑星」のように人類と争うことになる生物の候補にタコはいるのだなと少し恐ろしいなと感じました。しかし、私は、タコが進歩している間に、同じように人間も進歩していると考えるので、全く問題がないことなのかなと感じます。ただタコの生存能力は恐ろしく高いものなのかなとこの記事を読んで感じました。海というサバイバルが厳しい環境下で今も根強く生き残っているのは脳の発達スピードが速いことが関係しているのだろうと感じます。(K191550)
続きです。
昔、2010年のサッカーのワールドカップで、どちらの国が勝つのかを予想し、かなりの的中率で有名になったパウル君というタコがいました。私は当時ニュースでそのタコを観てて、すごいなと思ったのを覚えています。確率は低く、あり得ない話ではありますが、もしかしたらタコには予知能力があるのではないかと、このパウル君が思わせてくれましたし、タコには何かまだ知られていない多くの潜在能力があるのではないかと感じました笑。タコの研究は今後もっと進めていくべきだと私は考えます。(K191550)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。