新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

岩田健太郎 新刊『丁寧に考える新型コロナ』の目次を、丁寧に公開!


こんにちは、光文社新書編集部です。

今週発売の岩田健太郎丁寧に考える新型コロナ(光文社新書)。長期戦となった新型コロナ対応について、あらゆる項目を、「本当に分かる」までじっくり解説した本です。

丁寧に、「くどくどと」(by イワタ)、分かったフリを許さずに解説しているだけあって、見出しだけでも「113」もあります。いったい、どんな内容なのでしょうか!?

本日は、目次をすべて、丁寧に紹介いたします!

丁寧に考える新型コロナ_帯付_RGB


丁寧に考える新型コロナ  目次


はじめに


◆分かりやすい、は分かりにくい。
◆一般化できるデータを見分ける――専門家の重要な仕事
◆「結果」を出すより「形式」重視――官僚の仕事
◆「やってる感」「分かったつもり」「安全より安心」はNG
◆アメリカの新聞記事を読むと謎が解け、日本のそれを読むと謎が深まる
◆分かるまで、時間をかけてくどくどと説明します


ファイル1: なぜ国ごとに差が出たのか。そして第二波がどうなるか。


◆医者はしくじる生き物、臨床家は未来予測すべきでない生き物
◆なぜ日本は第一波をそこそこうまく乗り切ったのか?
◆死亡者数が少ないのは日本だけなのか?
◆最も大事な指標は「人口あたりの死者数」である
◆日本人は屋内で靴を脱ぐから感染者が少ないのか?
◆「日本人の習慣」のおかげなのか?
◆欧米型とアジア型?――遺伝子は変異してもキャラはめったに変わらない
◆BCG接種の効果なのか?
◆血栓と人種の関係
◆したくても、できなかった「PCR検査」
◆PCR検査のキャパシティはなぜ重要か
◆PPEを着る意味、PPEの持つリスク
◆検査数は「目的」ではなく、状況が生み出す「結果」である
◆日本の医療現場で起きた「消耗戦」――悪しき精神主義を脱せよ
◆感染対策が上手くいった本当の理由
◆新型コロナの危険性は「水」のようなもの
◆新型コロナにロックダウンは非常に効果的
◆最大の要因は「運が良かった」
◆長年のラッキーの連続が招いた「感染対策の遅れ」
◆日本はどうしたら第二波に対応できるのか?
◆そして……外れたイワタの予測


ファイル2: 検査について


◆検査は医者でも誤解だらけ
◆まずはPCRから――定量的検査、定性的検査がある
◆PCR検査は間違える
◆「感度」とは何か
◆「特異度」とは何か
◆偽陽性、偽陰性
◆大事なのは患者の属性――「事前確率」
◆流行のない土地でルーチンの検査での「陽性」の意味は?
◆検査をするか、しないかの判断――入院患者には全員PCRを、の有害さ
◆コロナの感染性――無症候の場合
◆症状のある人はいつ感染性を失うか
◆抗原検査
◆抗体検査の意味
◆抗体検査の弱点
◆検査について、の補足――大事なのは状況判断
◆CTを撮ればよいのか?
◆PCRよりもCTよりも大事な「患者のコトバ」
◆丁寧な病歴の聴取は、感染症診療の基本 

ファイル3: マスクについて


◆ここでも大事なのは状況判断
◆マスクは「決定打」にならない
◆情報の断片だけを見て判断しない
◆推奨の「条件」「文脈」を無視する危険
◆「ユニバーサルマスキング」という概念にも条件がある
◆マスクよりソーシャルディスタンス

ファイル4: 緊急事態宣言の考え方


◆全ての施策に大事なのは状況の判断
◆ロックダウンとは何か
◆緊急事態宣言は必要なかったのか?
◆ロックダウンはおろそかにやってはならない
◆一斉休校は必要だったのか?


ファイル5: プール、温泉……そして、「専門家」と「信用」の基準


◆水中よりも、水上・更衣室・付き添いがリスク
◆プールでも、温泉でも、「感染経路さえ遮断」できればよい
◆感染経路が「見える」ことの恐怖――専門はさまざま
◆臓器別のスペシャリストと、臓器横断的なスペシャリスト
◆ダイヤモンド・プリンセス号の「感染防御の破綻」が理解されなかった理由
◆識者でも、専門領域以外は「にわか」同然
◆イワタの感染症医としての歩み
◆ラッキーの連続――アメリカでの経験
◆「城壁」という古典的ゾーニング
◆シエラレオネでのエボラ流行時の感染防御
◆クルーズ船には「やばさ」を共有できる人がいなかった


ファイル6: 楽器、音楽、コンサート――リスクヘッジの方法


◆「一般解」と「特殊解」に分けて考える
◆基本的なことを地味に行うことが大切
◆一般的なコロナ対策が、音楽関係のコロナ対策と同義


ファイル7: 治療について


◆治療効果の吟味は「比較」から始まる
◆新型コロナは「治療効果を示すのが難しい」やっかいなウイルス
◆統計的な差と、臨床的な差
◆アビガンの治療効果は?
◆レムデシビルはどうか?
◆イベルメクチンは論文を撤回
◆ヒドロキシクロロキン、トシリズマブは?
◆ステロイド、タンパク分解酵素阻害薬、抗体……


巻末特別対談:「西浦博先生に丁寧に聞く」
西浦博×岩田健太郎

カット版・Img2269

   

◆「数理モデル」の夏期講習
◆北海道に西浦あり、ではなく岸田あり
◆「数理モデルって何!?」
◆ポピュレーション・サイエンス元年
◆各国の研究者たちの相談の場
◆クラスター対策班の結集
◆クラスター対策か、ロックダウンか
◆皆が皆、二次感染を起こすわけではない
◆「消えやすい」コロナとの付き合い方
◆夜の街の積極的検査――区の保健所の地道な苦労
◆コロナが要求する膨大な労働量
◆クラスター対策に重要な「時間と数」「人とモノ」
◆何が「接触」になるか――一般の人にとっての初めての経験
◆「濃厚接触」の定義とは
◆人の振る舞いが影響する新型コロナ
◆人類史上いちばん変なキャラのウイルス
◆緊急事態宣言の発出は遅すぎたか
◆範囲は広すぎた
◆解除は遅すぎたのか
◆早く始めれば、早く終わる
◆敢えて「今は勉強するフェーズ」と捉える
◆政治が変わるという期待
◆「届け出システム」の課題に見る日本の構造
◆発言と党派性の切り離し方
◆「ファクト」と「高度な専門的意見」を分ける
◆「タイで1人の感染者」からパンデミックが見える
◆実験データと、経験則は違う
◆ゾーニングに必要な「イメージ」
◆「若い人が経済を回せばいい」論について
◆「高齢者だけ感染させない」は現実的ではない
◆抗体ができることの意味
◆今後のウイルスとのつきあい方
◆できるだけ楽をして感染症を防ぐ「最適解探し」
◆一瞬一瞬の最適解を多様化し、ばらばらに選択する
◆エターナルに変わるべきもの


いかがでしょうか。読みたくなってきましたね…!?

神戸大学医学部感染症内科教授・岩田健太郎氏の新刊『丁寧に考える新型コロナは、10/15(木)、全国の書店およびネット書店にて発売です。電子版は10/23(金)にリリースです。

ぜひじっくり、読んでみてください。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

アランちゃんも感謝しています!
22
新刊、イベント情報ほか、ぜひ手にとっていただきたい既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの光文社新書について書かれたnoteをまとめたマガジン「#私の光文社新書」は、アイコンのキャラクター「アランちゃん」ともども投稿をお待ちしています!

こちらでもピックアップされています

新刊情報【まとめ】
新刊情報【まとめ】
  • 62本

毎月の新刊についての記事をまとめたマガジンです。なお、光文社新書では毎月16〜19日くらいに、5冊前後の新刊を発行しています。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。