見出し画像

【48位】チャック・ベリーの1曲―疾風一閃、ロックンロールの最初の「威張り芸」を高らかに

「ロール・オーヴァー・ベートーヴェン」チャック・ベリー(1956年5月/Chess/米)

画像1

Genre: Rock 'n' Roll
Roll Over Beethoven - Chuck Berry (May, 56) Chess, US
(Chuck Berry) Produced by Leonard Chess and Phil Chess
(RS 97 / NME 177) 404 + 324 = 728

ザ・ビートルズのカヴァーでも有名な、ロックンロール黎明期の伝説的名曲だ。書いて、ギターを弾き歌ったのは「ロックの創造者」のひとりチャック・ベリー。彼の天才性が縦横に発揮されたナンバーだ。同時にまた、曲中で「どうだこの才能は!」とひけらかしているような点が、後年のラップ・ソングの「威張り芸」にもつながる1曲でもある。

全編にみなぎるテーマは「ロックンロールという新しい音楽、そのパワーはもはや、クラシカル音楽なんかに負けてないぞ!」という、大いなる意気込みだ。だから大作曲家ベートーヴェンの名が引き合いに出されている。タイトルおよび歌詞中で繰り返される「Roll Over」は、「ぶっ飛ばせ」とよく訳されるのだが、これは英語の慣用句「Roll over in one's grave」から来ている。つまり後進の言動が先達を「驚かせて、脅かす」ようなニュアンスだ。だから続くフレーズでは、ベートーベンを驚かせたことを「チャイコフスキーにも教えてやろう」なんていう具合になる。

そのほか、ライヴァルであるカール・パーキンスのヒット曲タイトル「ブルー・スウェード・シューズ」も出てくるし、ボ・ディドリーを指し示しているような箇所もある。つまりとてつもなく「言葉数が多い」――のだが、「あっという間に」曲は終わる。わずか2分ちょっと。すさまじい高濃度。そしてイントロは、例の「あれ」だ。「ジョニー・B・グッド」や「キャロル」と基本同じ、なおかついつも「これしかない!」と聴き手に確信させるギター・リフ。あのテンポとスピードが、疾風の勢いで場をかっさらっていって、「どうだ、すごいだろう!」とベリーが高笑い……というようなナンバーが、これだ。若きビートルズが持ち歌にしたくなって、当然だ。

そもそもチャック・ベリーは苦労人だった。あのジェームス・ブラウンが「俺よりワルい奴がいる」として名を挙げたことがあるほど(?)の若き日々がありつつも、リサーチを重ねて「白人ティーンエイジャーの胸中」を歌にしていく手法を開発した。カントリーの影響下にある詞作における天才性、「たった2分」で掌編小説なみの世界を語りつくす技術は、55年のヒット「メイベリーン」で実証ずみだったのだが、ここではさらに一歩前進して「ロック世代みんなのテーマ曲」となるようなナンバーを、彼は構築し得た。

ビルボードHOT100では29位ながら、R&Bチャートでは2位を記録。そしてもちろん、ビートルズ以降も、無数のアーティストにカヴァーされる1曲として定着している。

(次回は47位。お楽しみに! 毎週火曜・金曜更新予定です)

※凡例:
●タイトル表記は、曲名、アーティスト名の順。括弧内は、オリジナル・シングル盤の発表年月、レーベル名、レーベルの所在国を記している。
●曲名については、英文の片仮名起こしを原則とする。とくによく知られている邦題がある場合は、本文中ではそれを優先的に記載する。
●「Genre」欄には、曲の傾向に近しいサブジャンル名を列記した。
●ソングライター名を英文の括弧内に、そのあとにプロデューサー名を記した。
●スコア欄について。「RS」=〈ローリング・ストーン〉のリストでの順位、「NME」は〈NME〉のリストでの順位。そこから計算されたスコアが「pt」であらわされている。
川崎大助(かわさきだいすけ)
1965年生まれ。作家。88年、音楽雑誌「ロッキング・オン」にてライター・デビュー。93年、インディー雑誌「米国音楽」を創刊。執筆のほか、編集やデザイン、DJ、レコード・プロデュースもおこなう。2010年よりビームスが発行する文芸誌「インザシティ」に短編小説を継続して発表。著書に『東京フールズゴールド』『フィッシュマンズ 彼と魚のブルーズ』(ともに河出書房新社)、『日本のロック名盤ベスト100』(講談社現代新書)、『教養としてのロック名盤ベスト100』(光文社新書)、訳書に『フレディ・マーキュリー 写真のなかの人生 ~The Great Pretender』(光文社)がある。
Twitterは@dsk_kawasaki


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

アランちゃんと一緒に喜んでいます!
14
新刊、イベント情報ほか、ぜひ手にとっていただきたい既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの光文社新書について書かれたnoteをまとめたマガジン「#私の光文社新書」は、アイコンのキャラクター「アランちゃん」ともども投稿をお待ちしています。

こちらでもピックアップされています

教養としてのロック名曲ベスト100 by 川崎大助
教養としてのロック名曲ベスト100 by 川崎大助
  • 56本

今を生きる我々にとっての基礎教養とも言えるロックの名曲を、作家・川崎大助が全く新しい切り口で紹介・解説!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。