見出し画像

【29位】ジョイ・ディヴィジョンの1曲―憂鬱の水底から、真っ黒な太陽を仰ぎ見る

「ラヴ・ウィル・ティア・アス・アパート」ジョイ・ディヴィジョン(1980年6月/Factory/英)

画像1

※こちらはUK盤12インチ・シングルのジャケットです

Genre: Post-Punk, Synth-Pop
Love Will Tear Us Apart - Joy Division (June, 80) Factory, UK
(Ian Curtis • Peter Hook • Stephen Morris • Bernard Sumner) Produced by Martin Hannett and Joy Division
(RS 181 / NME 2) 320 + 499 = 819

なんと〈NME〉では2位(なのに〈ローリング・ストーン〉のせいで……)。さすがに僕も2位は高すぎると思うが、しかしこの曲に熱く血をたぎらせる心理は理解できる。

澱んだ大気に連続して穴を穿つベース、裂け目を作るギター・ストローク。間髪開けず、シンセのエモーショナルなフレーズが鳴る。そして地の底から、煉獄の崖っぷちから歌っているような「あの低い声」が、狂おしく、呪わしく響く――ポスト・パンクの時代、イングランド北部のマンチェスターから登場したバンド、ジョイ・ディヴジョンの最大ヒットとなったナンバーがこれだ。インディー・チャートでは1位、全英チャートでも13位まで上昇した。米ビルボードではディスコ・チャートにのみ、42位にランク・インした。

だが当曲がリリースされたとき、ヴォーカリストのイアン・カーティスはすでに世にいなかった。前月の5月18日に自殺していたからだ。バンドが初のアメリカ・ツアーに出る前日だった。享年23。当曲のMVが撮影された約3週間後の悲劇だった。

この曲はカーティスの悩みが反映されている、と言われている。ひとつは心身の不調。また結婚生活も破綻しかけていた。こうしたところから「愛がふたたび僕らを引き裂くだろう」とのフレーズにつながっていった、という。なんと暗い。なんと後ろ向きな――だが、憂鬱の水底に沈み込んだかのようなこの詞が、前述のアグレッシヴなサウンドと一体化したとき、すさまじく力強い効果が生まれた。「まったくなにひとつ」希望なんてない、という事実を直視すること。自分はただひとり膝を抱えているのだ、と認識すること……そうした一種の「居直りの場所」として、この曲は機能した。ゆえにロックの夢もパンクの理想もすべて潰えた、真っ暗な80年代黎明期の、時代の裏テーマ・ソングともなり得た。当曲の成功にも背を押され、同年7月にリリースされたセカンド・アルバム『クローサー』は、全英6位まで上昇した(『教養としてのロック名盤ベスト100』では46位)。

ところで、アメリカの夫婦ポップ・デュオ、キャプテン&テニールの大ヒット曲「ラヴ・ウィル・キープ・アス・トゥゲザー(邦題・愛ある限り)」(75年)が当曲のアイデア元になった、という説がある。タイトルを反語的にひっくり返したら、たしかにほぼ同じだ。もちろん歌詞の内容や曲想は、まったく違う。あっちは結婚式の定番ソングだから、対極と言うよりも、まるで異次元の絵本みたいだ。しかしその能天気さをこそ、カーティスが「反語的」足場としたのかもしれない。真っ黒な想像力を飛翔させていくときの。

(次回は28位、お楽しみに! 毎週火曜・金曜更新予定です)

※凡例:
●タイトル表記は、曲名、アーティスト名の順。括弧内は、オリジナル・シングル盤の発表年月、レーベル名、レーベルの所在国を記している。
●曲名については、英文の片仮名起こしを原則とする。とくによく知られている邦題がある場合は、本文中ではそれを優先的に記載する。
●「Genre」欄には、曲の傾向に近しいサブジャンル名を列記した。
●ソングライター名を英文の括弧内に、そのあとにプロデューサー名を記した。
●スコア欄について。「RS」=〈ローリング・ストーン〉のリストでの順位、「NME」は〈NME〉のリストでの順位。そこから計算されたスコアが「pt」であらわされている。
川崎大助(かわさきだいすけ)
1965年生まれ。作家。88年、音楽雑誌「ロッキング・オン」にてライター・デビュー。93年、インディー雑誌「米国音楽」を創刊。執筆のほか、編集やデザイン、DJ、レコード・プロデュースもおこなう。2010年よりビームスが発行する文芸誌「インザシティ」に短編小説を継続して発表。著書に『東京フールズゴールド』『フィッシュマンズ 彼と魚のブルーズ』(ともに河出書房新社)、『日本のロック名盤ベスト100』(講談社現代新書)、『教養としてのロック名盤ベスト100』(光文社新書)、訳書に『フレディ・マーキュリー 写真のなかの人生 ~The Great Pretender』(光文社)がある。
Twitterは@dsk_kawasaki


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

アランちゃんも感謝しています!
12
新刊、イベント情報ほか、ぜひ手にとっていただきたい既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの光文社新書について書かれたnoteをまとめたマガジン「#私の光文社新書」は、アイコンのキャラクター「アランちゃん」ともども投稿をお待ちしています!

こちらでもピックアップされています

教養としてのロック名曲ベスト100 by 川崎大助
教養としてのロック名曲ベスト100 by 川崎大助
  • 82本

今を生きる我々にとっての基礎教養とも言えるロックの名曲を、作家・川崎大助が全く新しい切り口で紹介・解説!

コメント (1)
懐かしい!好きなバンド!好きな曲!
^_^
川崎さん同い年だ。驚いた。
勝手にコメントすみません。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。