【既刊重版!】
鈴木隆美さんの『恋愛制度、束縛の2500年史』が2刷になりました。ありがとうございます!
遠く古代ギリシアに起源をもち、明治期に輸入された概念である「ラブ」が、「恋愛」という日本独自の概念に変容していく過程が明かされる1冊です。文化や思想を翻訳するって難しい!
画像1

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

光文社新書ではTwitterで毎日情報を発信しています。ぜひフォローしてみてください!