見出し画像

『ヒルビリー・エレジー アメリカの繁栄から取り残された白人たち』本文公開⑧

前回の大統領選の年の6月、全く無名の男性が書いたメモワール(回想録)が刊行され、大ベストセラーとなりました。J.D.ヴァンス著『ヒルビリー・エレジー』です。なぜこの本が注目を浴びたかといえば、トランプ大統領の主要な支持層と言われる白人貧困層=「ヒルビリー」の実態を、当事者が克明に記していたためでした。それから4年、大統領選を前に再び本書がクローズアップされています。11月24日には、ロン・ハワード監督による映画もネットフリックスで公開されます。本連載では、本書の印象的な場面を、大統領選当日まで短く紹介していきます。【追記】11月13日より劇場公開もあるようです。

※こちらから上映劇場の情報が見られます。

(以下、本文)

子どもは勉強しない。親も子どもに勉強をさせない。だから、子どもの成績は悪い。親が子どもを叱りつけることもあるが、平和で静かな環境を整えることで、成績が上がるよう協力することはまずありえない。成績がトップクラスの一番賢い子たちですら、仮に家庭内の戦場で生き残ることができたとしても、進学するのはせいぜいが自宅近くのカレッジだ。

「ノートルダム大学に行こうが、どこに行こうが、かまいやしない」というのが親の考えだ。「コミュニティカレッジで、立派な教育が安く受けられるんだから」。皮肉なのは、私たちのような貧困層にとっては、実際には奨学金が受けられるノートルダム大学に行ったほうが、安あがりで立派な教育が受けられるということだ。

本来ならば仕事をしていなければならない年齢なのに、働かない。仕事に就くこともあるが、長くは続かない。遅刻したり、商品を盗んでeBay(オンライン・マーケットプレイス)で売り飛ばしたり、息がアルコール臭いと客からクレームをつけられたり、勤務時間中に30分のトイレ休憩を5回もとったりして、クビになる。一生懸命働くことの大切さは口にするのに、実際には仕事に就かず、それをフェアでないと考える何かのせいにする。オバマが炭鉱を閉鎖したせいだとか、仕事をすべて中国に奪われたせいだとか。自分自身に嘘をついて、きちんと働いていない気まずさをごかまそうとしているのだ。そうやって、いま見ている現実世界と、自分たちが信じる価値とのあいだの断絶を埋めようとする。

子どもには責任を持てと言っているくせに、自分たちはやるべきことをやらない。たとえばこんな感じだ。私はずっと、ジャーマンシェパードの子犬を飼うのが夢だった。それを知った母が、どこからか1匹見つけてきた。うちで飼う4匹目の犬だった。にもかかわらず、私は犬のしつけのことを何も知らなかった。

結局どの犬も、数年で警察や家族の友だちに譲りわたされ、家には1匹も残らなかった。私は4匹目の犬にさよならをすると、心を閉ざすようになった。何に対してもあまり愛着を感じないほうがいい、と思うようになったのだ。(続く)

J.D.ヴァンス著 関根光宏・山田文訳『ヒルビリー・エレジー』(光文社)より


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

いい本とのいい出会いがありますように!
11
新刊、イベント情報ほか、ぜひ手にとっていただきたい既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの光文社新書について書かれたnoteをまとめたマガジン「#私の光文社新書」は、アイコンのキャラクター「アランちゃん」ともども投稿をお待ちしています!

こちらでもピックアップされています

全文公開【まとめ】
全文公開【まとめ】
  • 59本

一冊まるまる公開、もしくは本の一部を全文公開している記事をまとめたマガジンです。すべて無料!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。