B_B画像

『バンクシー:アート・テロリスト』の刊行を記念してトークイベントを開催します。


みなさん、こんにちは。光文社新書編集部です。


このたび、『バンクシー:アート・テロリスト』の刊行を記念して、東京・下北沢の本屋さんB&Bでイベントを開催いたします。著者の毛利さんと、過去にバンクシーにインタビューしたこともあるライターの鈴木沓子さんによるトークイベントです。(ゲストでCasaBRUTUS編集長の西尾洋一さんも登場します)。

イベント概要

【日時】2020年2月18日(火曜日)20:00~22:00(19:30開場)
【会場】B&B
〒155−0031
東京都世田谷区北沢2-5-2 BIG BEN B1F
【入場料】
■前売1500円+ドリンク500円(ともに税別)
■当日2000円+ドリンク500円(ともに税別)
【お申し込み】
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/0102gk10rjr3b.html?_ga=2.235811649.1156603150.1581389220-975097187.1539138662

登壇者プロフィール

毛利嘉孝(もうり・よしたか)
1963年長崎県生まれ。東京藝術大学大学院国際芸術創造研究科教授。専門は社会学、文化研究/メディア研究。京都大学卒。ロンドン大学ゴールドスミス・カレッジPh.D.(社会学)。九州大学助教授などを経て現職。著書に『ストリートの思想:転換期としての1990年代』(NHK出版)、『文化=政治』(月曜社)、『ポピュラー音楽と資本主義』(せりか書房)などがある。現代文化や社会運動を中心に批評活動を行っている。

鈴木沓子(すずき・とうこ)
執筆・翻訳・編集。バンクシーへのインタビュー(雑誌『STUDIO VOICE』)をきっかけに、ユリイカ特集号『バンクシーとは誰か?路上のエピグラム』 (青土社)やWeb版『美術手帖』などでバンクシーの論考を数多く掲載。主にアート、メディア、公共をテーマに執筆、手がけた書籍に『海賊のジレンマ』(フィルムアート社)、『ブラック・クランズマン』(パルコ出版)、『アフターデジタル オフラインのない時代に生き残る』(日経BP)など。英ジャーナリストによる伝記『バンクシー:壁に隠された男の正体』(パルコ出版)を2020年3月に刊行予定。
毛利・鈴木の共訳に、『Banksy’s Bristol:HOME SWEET HOME』(作品社)、『YOU ARE AN ACCEPTABLE LEVEL OF THREAT』、『BANKSY IN NEW YORK』(パルコ)がある。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

いい本とのいい出会いがありますように!
12
新刊、イベント情報ほか、ぜひ手にとっていただきたい既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの光文社新書について書かれたnoteをまとめたマガジン「#私の光文社新書」は、アイコンのキャラクター「アランちゃん」ともども投稿をお待ちしています!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。