見出し画像

【66位】ブッカー・T&ザ・MGズの1曲―職人の葱グルーヴが、ソウルの鯔背な星になる

「グリーン・オニオンズ」ブッカー・T&ザ・MGズ(1962年8月/Stax/米)

画像1

Genre: Soul, Instrumental Rock
Green Onions - Booker T. and the M.G.'s (Aug. 62) Stax, US
(Booker T. Jones • Steve Cropper • Lewie Steinberg • Al Jackson Jr.) Produced by Booker T. Jones, Steve Cropper, Lewie Steinberg and Al Jackson Jr.
(RS 183 / NME 169) 318 + 332 = 650

史上最も有名なソウルの――あるいは、広義のロックの――インストゥルメンタル・ナンバーと呼ばれる1曲が、これだ。ハモンドM3オルガンのなまめかしいグルーヴに、素早く切り込んでくるフェンダー・テレキャスターの稲妻フレーズ……12小節のブルースがワルい響きのダンス・チューンに転生して、60年代初頭の人々を踊らせた。

この当時、原型が一気に形作られたソウル音楽の世界の一画、いわゆる「メンフィス・ソウル」「サザン・ソウル」と称されたサブジャンル(もしくは流派)を背負って立っていたのが、彼ら4人組だった。当初17歳だったキーボーディストのブッカー・T・ジョーンズと、20歳だったギタリストのスティーヴ・クロッパーを擁するバンドは、メンフィスを代表する名門となるスタックス・レコードのハウス・バンドとして、多くのアーティストのバッキングをつとめた。この時期だから当然そこには、オーティス・レディングやウィルソン・ピケットらを筆頭に、ものすごい顔ぶれがいた。つまり史上屈指の「超高所の現場」にて、日々身体を張っている若き職人たちだったわけだ。

そんな彼らが、ある種肩の力を抜いて「自分らの感じ」でキメてみたら、大化けしてしまったのがこの曲だ。当初は「ビヘイヴ・ユアセルフ」のB面曲として発表したのだが、評判がいいので両サイドを引っくり返して再リリースしたところ、ビルボードHOT100で3位、R&Bチャートで1位を奪取。日本語で言うと「葱」のグルーヴが、予想外の大ヒットを記録する。この曲を収録した同名アルバムもビルボード33位と健闘した。

面白いのがUKでの動きで、全英ランキングでは最高位7位、12週にわたってチャート内に留まったのだが――なんとこれは、79年12月から80年1月にかけての出来事だった。映画『さらば青春の光(原題:Quadrophenia)』のサウンドトラックに使われたからだ。ザ・フーの同名ロック・オペラ・アルバムにもとづいて、60年代UKのモッズ少年・ジミーの彷徨を描いた同作の、ブライトンのクラブでのシーンでこの曲が流れた。

2代目ベーシストのドナルド・"ダック"・ダンとクロッパーが、ブルース・ブラザーズ・バンドに参加、映画にも出演していたことをご記憶の人も多いはずだ。「タイム・イズ・タイト」や「ソウル・リンボー」、ヒップホップDJのクラシックでもある「メルティング・ポット」……などなどものちに世に送り出す名バンドが、その鯔背なかっこよさを、直接的に世に認めさせた第一歩が、いきなりのこの、大名曲だった。

(次回は65位、お楽しみに! 毎週火曜・金曜更新予定です)

※凡例:
●タイトル表記は、曲名、アーティスト名の順。括弧内は、オリジナル・シングル盤の発表年月、レーベル名、レーベルの所在国を記している。
●曲名については、英文の片仮名起こしを原則とする。とくによく知られている邦題がある場合は、本文中ではそれを優先的に記載する。
●「Genre」欄には、曲の傾向に近しいサブジャンル名を列記した。
●ソングライター名を英文の括弧内に、そのあとにプロデューサー名を記した。
●スコア欄について。「RS」=〈ローリング・ストーン〉のリストでの順位、「NME」は〈NME〉のリストでの順位。そこから計算されたスコアが「pt」であらわされている。
川崎大助(かわさきだいすけ)
1965年生まれ。作家。88年、音楽雑誌「ロッキング・オン」にてライター・デビュー。93年、インディー雑誌「米国音楽」を創刊。執筆のほか、編集やデザイン、DJ、レコード・プロデュースもおこなう。2010年よりビームスが発行する文芸誌「インザシティ」に短編小説を継続して発表。著書に『東京フールズゴールド』『フィッシュマンズ 彼と魚のブルーズ』(ともに河出書房新社)、『日本のロック名盤ベスト100』(講談社現代新書)、『教養としてのロック名盤ベスト100』(光文社新書)、訳書に『フレディ・マーキュリー 写真のなかの人生 ~The Great Pretender』(光文社)がある。
Twitterは@dsk_kawasaki


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

アランちゃんと一緒に喜んでいます!
14
新刊、イベント情報ほか、ぜひ手にとっていただきたい既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの光文社新書について書かれたnoteをまとめたマガジン「#私の光文社新書」は、アイコンのキャラクター「アランちゃん」ともども投稿をお待ちしています。

こちらでもピックアップされています

教養としてのロック名曲ベスト100 by 川崎大助
教養としてのロック名曲ベスト100 by 川崎大助
  • 57本

今を生きる我々にとっての基礎教養とも言えるロックの名曲を、作家・川崎大助が全く新しい切り口で紹介・解説!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。