見出し画像

【73位】ダスティ・スプリングフィールドの1曲―奇跡のひとしずく、深南部での冒険の果てに

「サン・オブ・ア・プリーチャー・マン」ダスティ・スプリングフィールド(1968年11月/Atlantic/米)

画像1

Genre: Soul, R&B
Son of a Preacher Man - Dusty Springfield (Nov. 68) Atlantic, US
(John Hurley, Ronnie Wilkins) Produced by Jerry Wexler, Arif Mardin, Jeff Barry and Tom Dowd
(RS 242 / NME 161) 259 + 340 = 599

白人が歌ったソウル音楽を「ブルー・アイド・ソウル」と呼ぶ時代がかつてあった。その代表例のひとつと目されつつも、しかしそんな範疇は軽々と超えて、真なる「ソウル・クラシックス」のひとつとなったと言うべき人気曲がこれだ。60年代イギリスが生んだ至宝、ダスティ・スプリングフィールドの、一世一代の晴れ姿がここにある。

歌のストーリーは、牧師の息子と恋に落ちた人物(おそらくは若い女性)の心の動きを描写するものだ。揺れる心情を、しかし弾むように軽快に歌いきる。粘りのあるリズムの上に、スモーキーな声質のコシが強いヴォーカルが乗る。そしてコーラス部、高音域に生じる、きらめく光沢にセンチメンタルな波動が宿るところ――これぞ彼女の真骨頂だ。かくして当曲は大ヒット。ビルボードHOT100では10位、全英では9位まで達した。

そもそもこの曲は、アトランティック所属の「ソウルの女王」アレサ・フランクリンのために用意されたナンバーだった。だが採用されなかったものを、スプリングフィールドが押さえた。ヒットのあとの70年、フランクリンもこれを歌った。しかしアルバムおよびシングルのB面には起用されたものの、セールスも評価も「この曲にかんしては」スプリングフィールドが圧勝した。フランクリンほどの大巨人を前にして!

レコーディングがおこなわれたのは、米テネシー州はメンフィスの名門、アメリカン・サウンド・スタジオだった。この場で彼女は、通算第5作目のアルバム『ダスティ・イン・メンフィス』(69年、『教養としてのロック名盤ベスト100』では33位)を制作したのだが、同作からの先行シングルとなったのが当曲だった。スタジオ付きのミュージシャンの面々も、4人のプロデューサーの全員も、この時代のアメリカのロック/ソウル音楽に親しんだ人なら瞠目必至の、すごい名前が並ぶのだが、そんな顔ぶれの眼前に単身乗り込んでいって、一歩も引かずにスプリングフィールドは渡り合ったわけだ。

60年代の英女性ポップ・シンガー・ブームとは、性差別的な前提のもと、気軽に使い捨てできる音楽を量産するものだった。しかしそこで生き残ってきたスプリングフィールドは、ちょっとばかり腹が据わっていた。幾度となく自作のプロデュースまでノン・クレジットでおこなっていた彼女は「(都合のいい)お人形さん」ではなかった。じつはこのとき初めて外部プロデューサーと組んだのだが、臆せずに「大好きなソウル音楽」を追及できるだけの能力があった。その裏付けから生まれた奇跡のひとしずくが、この曲だ。

(次回は72位、お楽しみに! 毎週火曜・金曜更新予定です)

※凡例:
●タイトル表記は、曲名、アーティスト名の順。括弧内は、オリジナル・シングル盤の発表年月、レーベル名、レーベルの所在国を記している。
●曲名については、英文の片仮名起こしを原則とする。とくによく知られている邦題がある場合は、本文中ではそれを優先的に記載する。
●「Genre」欄には、曲の傾向に近しいサブジャンル名を列記した。
●ソングライター名を英文の括弧内に、そのあとにプロデューサー名を記した。
●スコア欄について。「RS」=〈ローリング・ストーン〉のリストでの順位、「NME」は〈NME〉のリストでの順位。そこから計算されたスコアが「pt」であらわされている。
川崎大助(かわさきだいすけ)
1965年生まれ。作家。88年、音楽雑誌「ロッキング・オン」にてライター・デビュー。93年、インディー雑誌「米国音楽」を創刊。執筆のほか、編集やデザイン、DJ、レコード・プロデュースもおこなう。2010年よりビームスが発行する文芸誌「インザシティ」に短編小説を継続して発表。著書に『東京フールズゴールド』『フィッシュマンズ 彼と魚のブルーズ』(ともに河出書房新社)、『日本のロック名盤ベスト100』(講談社現代新書)、『教養としてのロック名盤ベスト100』(光文社新書)、訳書に『フレディ・マーキュリー 写真のなかの人生 ~The Great Pretender』(光文社)がある。
Twitterは@dsk_kawasaki


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

ありがとうございます!
12
新刊、イベント情報ほか、ぜひ手にとっていただきたい既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの光文社新書について書かれたnoteをまとめたマガジン「#私の光文社新書」は、アイコンのキャラクター「アランちゃん」ともども投稿をお待ちしています。

こちらでもピックアップされています

教養としてのロック名曲ベスト100 by 川崎大助
教養としてのロック名曲ベスト100 by 川崎大助
  • 59本

今を生きる我々にとっての基礎教養とも言えるロックの名曲を、作家・川崎大助が全く新しい切り口で紹介・解説!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。