見出し画像

光文社新書のこのキャラって何…?よくある質問にお答えします

noteユーザーのみなさん、はじめまして。光文社新書note担当の田頭と申します。

実は私、今年になってから新書編集部に異動してきたニューカマーなんです。なんですけど、せっかくの機会ですので、ご挨拶代わりに先輩から教えてもらった覚えたての、そしてみなさんがきっとご存じないであろう、光文社新書のそもそも的な話をご紹介できればと思います。

まずはこのキャラをデザインした人って…?

光文社ロゴマーク

というわけで初回はさらっとした話題から。表紙やらしおりやら、もっと言うと実はこのnoteのアイコン画像にも登場しているこのキャラクターについて書こうと思っているんですが、これ、本当にお問い合わせいただくことが多くて。私もこの3カ月で4回ほどお訊ねされた記憶があります。

まずこのキャラをデザインした人が誰かというと、それはなんと世界的なデザイナーであるアラン・チャンさん!

どのくらいスゴい人かというと、もうHPを覗いてもらえれば納得していただけると思うんですが、世界的なクライアントがズラリ。SONY、ルイ・ヴィトン、パーク ハイアット…。他にもたとえば

あの三井住友銀行のロゴだったり、

画像4

フランフランのロゴだったりも

画像3

アランさんのデザインなんです。もっと身近なところだと日清ラ王のパッケージもアランさんのデザインなんだとか。

で、そんなメジャーなお仕事の中に、私たちも光文社新書もひっそりと入っていまして、実はこのキャラばかりか、創刊から現在に至るカバーデザインはアランさんのお仕事によるものなのです! 

そりゃ創刊から18年たっても色褪せないわけです。このカバー、手前みそながらあちらこちらでおしゃれなデザインだと褒めていただける自慢の表紙なんです!

画像4

記念すべき創刊ラインナップの1冊! 通し番号001の『Zカー』奥付より。

さあそこで本題、君の名は…?

はい、発表します。このキャラクターの名前、編集部では偉大なアランさんに敬意を表してその名も「アランちゃん」と呼んでいます!

ひねりもないじゃないか、とはまあおっしゃらずに。くれぐれも発音にご注意ですから!

正しくは「ランちゃん」です。フラットなアクセントで口にしてしまったり、「アランちゃん」と山場を間違えたりしてしまうと、偉大なデザイナーを呼び捨てにすることになってしまいますので…(笑)。表記も「アラン」「ちゃん」がポイントですよ!

これからもたくさんみなさんの目に触れてもらえるよう編集部一同がんばります。アランちゃんともども、今後ともよろしくお願いいたします!



この記事が参加している募集

名前の由来

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

ありがとうございます!
18
新刊、イベント情報ほか、ぜひ手にとっていただきたい既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの光文社新書について書かれたnoteをまとめたマガジン「#私の光文社新書」は、アイコンのキャラクター「アランちゃん」ともども投稿をお待ちしています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。