新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

備蓄庫整理晩酌 (つつまし酒#54)

買い占めよりも先にするべきは……

 新型コロナウィルスによる被害が世界中で日に日に深刻さを増しています。もちろん日本も例外ではなく、この週末にはついに、東京都知事による「外出自粛要請」の呼びかけまで行われ、先の見えない不安と閉塞感が日本中を包み込んでいるようです。
 こういう状況になると必ず起きるのが「買い占め」問題。「いつ物流がストップし、生活必需品が買えなくなってしまうかわからない」、そんな根拠のない不安にかられ、開店前からスーパーに行列を作り、過剰なまでの量の買い物をしてしまう。もちろん、事態を冷静に判断すればそんな必要はないはずだし、そういう行動の連鎖がより状況を悪化させることをわかっている人のほうが多いのでしょうが、実際に現在も、マスクやトイレットペーパーは、朝店頭に並んだそばから売り切れていってしまっているわけで、自分だってその気持ちがわからないわけじゃない。かくいう僕も、子供が好きなパンやインスタントの麺類なんかだけは、余裕を持って数日分買わせてもらったりもしました。
 そこでふと、自分たち用のインスタントラーメンやカップ麺、缶詰などの備蓄食材も多めに買っておいたほうがいいのか? という思いがよぎる。でも待てよ、よく考えたら我が家の棚の備蓄食材ゾーン、そもそも自分でも把握できていないくらいあれこれ詰まってないか? 絶対賞味期限間近のものもある気がする。買うより先にそっちを整理するのが先決だろう。むしろいい機会なんじゃないだろうか? というわけで、いったん備蓄食品の現状を把握しなおし、そろそろ食べちゃったほうがいいものは食べちゃおう。せっかくだから、それをつまみに飲んじゃおう。題して「備蓄庫整理晩酌大作戦」が決行されることとなったのです。

3種の缶詰で缶ベキュー

 思い立ったが吉日。いざというときのためにと棚にあれこれ詰めてあった缶詰類を、いったんぜんぶ外に出してみる。定番のツナ缶やサバ缶、晩酌に重宝する焼鳥缶など、合計30個くらいの缶詰が発掘されました。また、僕の好みが反映されてやたら多かったのが、カレーもの。いなばのタイカレーとかインドカレーとか、あのへんがゴロゴロ出てくる。そんななかから、今回は3つの缶詰を消費する方針を固めました。

1 . いなば「具が溶け込んだ赤ワインカレー」
2 . ホテイ「からあげ 旨辛たれ味」
3 . HOKO「とれたてスイートコーン」

 また、その隣のゾーンから「リッツ」も1袋出てきたので、こいつもサポート役に採用。ちょうど賞味期限が先月~今月にかけてのものが中心で、カレーだけ昨年末なのが若干不安ですが、まぁ様子を見ながらいきましょう。

画像1

「つつまし酒」初期の名作、「缶詰で飲む」もぜひ!

 缶詰中心となれば、「缶べキュー」だよな。と、ある日の仕事後、そそくさとベランダで準備を始めます。カセットコンロに焼き網を敷き、その上に開けた缶詰たちを並べる。缶べキューをより楽しむポイントは「トッピング」。コーン缶にはバター、醤油、コショウを。カレー缶には玉ネギスライスを追加してみました。
 ゆっくりじっくりと加熱していくため、コンロの火をごく弱火にセット。やがてグツグツと湯気を上げはじめる缶詰たち。はっきり言って、すでにめちゃくちゃ楽しいんですけど!

画像2

たしかに具が溶け込んでいる感じです。

シメに缶詰総動員!

 唐揚げ缶の水気が少なめのようで、ジュージューと派手な音を出しはじめました。水を足したほうが良さそうだな。けどキッチンまで取りに行くのも面倒だな。え~い、今飲んでるチューハイでいいだろう。と、缶にたらす。無味無臭だし問題ないでしょう。むしろ焼酎の効果で肉が柔らかくなるかも。

 まずはその唐揚げからいってみましょう。お、これはなかなか、もちろん揚げたてのサクサク感はないけれど、缶詰でここまで唐揚げっぽいのはおもしろい。意外と同じホテイの焼鳥缶より好きかもしれない。味の濃さがチューハイに合う~。
 お次はカレーだ。どれどれ……わ! これは大当たりなんじゃないでしょうか。かなり甘めなんですが、酸味も感じられて僕の好きなタイプ。そしてものすご~く深みのある味わい。もしかして賞味期限をだいぶ過ぎている間も熟成が進んでいた? そんなわけないか。具に足した玉ネギも大正解だったし、リッツを浸して食べるといいつまみになるな。
 お次はコーン、慎重に慎重にスプーンを差しこんですくいとり口へ。アッツ! スプーンからしてアツ! わー、けどこれまた美味しすぎる! 濃厚なバター風味のコーン。しかし醤油がちょっと足りなかったか。キッチンへ行って足す? いや、面倒だからカレーにちょんと浸して食べればいいか。あ、これもこれでうまいぞ。
 すべてが熱々になったので、いったん火を止め、ゆっくりとチューハイとのマリアージュを楽しみます。手で持てるくらいの熱さになったコーン缶、缶ジュースのようにそのまま汁をすすってみたら、新手の濃厚コーンスープって感じでこれまた最高!
 さて、ひととおり堪能したところで、いよいよ最後の計画を実行に移すことにしましょう。あ~忙しい忙しい。

 実はこの晩酌中、ムクムクと巨大化し続けていた思いつきがあるんですよね。それが、3種の缶詰をキメラ合成した、シメカレー! これを食べるためなら重い腰をあげてご飯をよそいに行く手間もいとわない! とばかり、久々のキッチンへ。炊き立てご飯の上に残った具材すべてを乗せたら、はい、「備蓄庫整理カレー」のできあがり~。
 どれどれ……うわ~、なんと濃厚! なんと鮮烈! こりゃあチューハイ、おかわりだな。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

アランちゃんも喜んでいます!
27
新刊、イベント情報ほか、ぜひ手にとっていただきたい既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの光文社新書について書かれたnoteをまとめたマガジン「#私の光文社新書」は、アイコンのキャラクター「アランちゃん」ともども投稿をお待ちしています!

こちらでもピックアップされています

酒場ライター・パリッコの「つつまし酒」
酒場ライター・パリッコの「つつまし酒」
  • 29本

人生は辛い。未来への不安は消えない。世の中って甘くない。 けれども、そんな日々の中にだって「幸せ」は存在する。 いつでもどこでも、美味しいお酒とつまみがあればいい――。 混迷極まる令和の飲酒シーンに、颯爽と登場した酒場ライター・パリッコが、「お酒にまつわる、自分だけの、つつましくも幸せな時間」について丹念に紡ぐ飲酒エッセイ、待望の連載再開!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。