メタバースは「自分に優しい世界」「都合のよい世界」を提供するサービス
見出し画像

メタバースは「自分に優しい世界」「都合のよい世界」を提供するサービス

【エピローグ前編】メタバースの平等は、フィルターバブルにくるまれた人が見る幻想としての平等

岡嶋裕史さんのメタバース連載の31回目です。「1章 フォートナイトの衝撃」「2章 仮想現実の歴史」「3章 なぜ今メタバースなのか?」「4章 GAFAMのメタバースへの取り組み」に続き、エピローグを2回に分けてお届けします。今回はその前編です。

エピローグは全体のまとめ的な役割を果たします。エピローグを読んだ後に頭から読み直していただくと、より理解が深まるかもしれません。

次回はいよいよ最終回です(新書編集部 三宅)。

※下記マガジンで、連載をプロローグから順に読めます。

【エピローグ前編】メタバースの平等は、フィルターバブルにくるまれた人が見る幻想としての平等

「リアル」と「サイバー空間」

 メタバースの話を紹介してきました。新しい言葉でもあり、使う人によって意味が異なる言葉でもあります。読み進めるうちに、混乱した方もいるでしょう。ここで少し整理しておきたいと思います。

 まず、現実と仮想の融合という大テーマがあります。「現実」と「仮想」だと、これも意味が広い言葉なので、本稿では「リアル」と「サイバー空間」を、慣習的な用語は別として、極力使ってきました。

 リアルは肉体を伴うこの現実のことです。サイバー空間はインターネットのことですが、インターネット上に展開されるウェブやSNSや各種システムなどを包含しています。

 このリアルとサイバー空間がくっつきつつあるのは、納得していただけると思います。コンビニATMでは、スマホの操作だけでお金が引き出せますし、オタクにとっての鬼門であるアパレルショップでの試着はVRで実際に着替えなくてもよくなりました! というか、もう服はいらなくなるかもしれません。スマートグラスを使えば、自分がどんな服を着ていても、別の服を着ているように表示することが可能です。

 今のところ、それで視覚的に満たされるのは自分だけですが、データの標準化とシステムの相互運用性が高まれば、自分を見ている相手のスマートグラスにもその衣装が映し出されます。たとえ自分がステテコを着ていたり、全裸で歩いていてもです!

 このようにリアルとサイバー空間の融合が現実のものになってくると、そのグランドデザインをどう描くかが重要になってきます。現実のグランドデザインは実に長い時間をかけて形作られてきました。三権分立やマスコミによる権力の監視、都市設計、地域でのくらしのルールなどです。

 リアルとサイバー空間が融合した新しい世界では、これらの多くが未着手で、いま参入すれば人間が長い歴史の中で培ってきた構造を、ほとんど自分たちだけの手で創り上げ、そこで強い影響力を得たり、大きな利潤を獲得することが可能です。だから、テックジャイアントと呼ばれる企業を筆頭に多数のプレイヤが競って新しい世界で重要な地位を占めようと競争を繰り広げています。

リアルに寄せると、デジタルツイン、ミラーワールド

 それに際しての基本的な潮流が2つあります。リアルに寄せるか、サイバー空間を充実させるかです。

 リアルに寄せる構想で出てくるのが、デジタルツインやミラーワールドです。

 デジタルツインは、リアルを模倣したそっくりそのままの世界をサイバー空間内に作るものです。本稿では疑似現実という言葉も使いました。

 そっくりそのままですが、リアルとは切り離されているので、何をしても構いません。極端な話、ここに核兵器を落としたらどうなるだろうかとか、パンデミックがひどいことになったときの予想をしようといった用途に使うこともできます。

 研究目的であればとても面白い使い道ですが、一般消費者にとっては直接役に立つ部分は少ないかもしれません。

 そこで、ミラーワールドが出てきます。ミラーワールドはリアルを模倣したデジタルツインを作りますが、デジタルツインはそのままでは完結しておらず、リアルと結びついてリアルに影響を及ぼします

 デジタルツインの中で宿題をやったら、○×をつけた結果がリアルの教室で先生から返却されるかもしれませんし、先ほどの例のように、デジタルツインで仮想の洋服を作って着用したら、リアルの世界でもスマートグラスを通して、その服を実際に着ているように周囲の人に認知されるかもしれません。

 そうすると、リアルに身につける服はどんなものでもよくなるでしょう(全裸でもいいかもしれませんが、スマートグラスを外した人に見られると危険です)。アパレルに従事する人は職を失ってしまうかもしれませんが、デジタルツインで仮想衣服をデザインする仕事は新しく創出されます。

 これは、「職はなくならないが、別のスキルが必要になる」AI・データサイエンス時代の職能事情にもリンクする話です。

 夢物語に聞こえるでしょうか。しかし、私たちは技術を使って相当なことを実現してきました。たとえば、地震波よりも電波のほうが速いことを使って、地震が揺れ始める前に警報を鳴らすシステムを私たちはすでに実装しています。慣れているから「なーんだ」と思ってしまうしくみですが、あれは一種の未来予知です。技術がそれを可能にしたのです。

 実は、ここで使っているデジタルツインやミラーワールドの定義ですら、まだ世界的に確定しているとは言えません。たとえば、スクウェア・エニックスのAIリサーチャーである三宅陽一郎氏などは、デジタルツインやミラーワールドをこの意味で使っていると思います。

サイバー空間に重きをおくメタバース

 2つめの潮流は、サイバー空間に重きをおいたものです。リアルとは切り離して、まったく新しい世界を作ります。本稿ではこれをメタバースと呼びました。

 メタバースもまだまだ議論百出の分野で、使い方によっては巨大なマネタイズにもつながりますから、色々なプレイヤが自分のビジネスに都合のいい形で「メタバース」という語を使っています。本稿での使い方は、状況をすっきりさせるために用いた、あくまで私の定義だと考えてください。

 デジタルツインもサイバー空間内に新しい世界を作りましたが、根本の発想はリアルの模倣です。

 それに対して、メタバースはリアルの模倣にこだわりません。重力がわずらわしいなと思ったら、重力をカットしてしまえるのがメタバースです。自分の性別に違和感があるなと感じていたら、違う性別のアバターを使って世界に入っていけるのがメタバースです。足が不自由でも、大地を駆け巡り大空を飛べるのがメタバースです。リアルの模倣にこだわらないため、本稿では疑似現実に対して仮想現実という言葉も使いました。

 リアルとは違う理(ことわり)で世界を楽しんだり、息抜きをしたりすることは、ゲームやSNSで長く行われてきました。メタバースの要素技術や先行事例でフォートナイトやどうぶつの森などのゲームが多く登場するのは、必然と言えます。

「リアルの中から、自分に都合の良い部分だけを抽出した世界」というと、後ろ向きに聞こえるかもしれません。リアルがうまくいかないので、仮想現実に逃げ込んでいるような印象になります。

 しかし、仮想現実内での体験が質・量ともにリアルに比肩しうるものになり、そこでリアルと同密度で人と交流できるようになり、教育を受け、リアルでの生活の糧になるほどの収入を得る手段も存在するのであれば、それは逃げたことにはならないかもしれません。

 居心地のよい国家を求めて移民する人がいるように、リアルより自分に向いている世界を求めてメタバースに移住するのです。いまは生理的に認められない人も多いでしょうが、それを言うならインターネットに多くの時間を費やすことさえ、その前にはテレビを視聴することさえ忌避した人々はたくさんいました。

 リアルより人生の幅が拡がる可能性すらあります。物理法則に支配されたリアルの世界では、人間が生身で空を飛ぶことはどうやっても無理があります。でも、メタバースでは人が空を飛ぶ世界も作ることができます。空を飛ぶことこそが人生の価値そのもの、と言えるほど空に焦がれる人がいたら、ひょっとしたらメタバースで暮らした方が幸せかもしれません。

メタバースとVR技術

 メタバースにアクセスする手段は、別にVRである必要はありません。いままでのインターネットへのアクセス同様、スマートフォンやPCを使ってもよいと思います。

 しかし、メタバースはその性質上、リアルで飽き足らなくなった人たちが主たる利用者になる空間と考えられます。フィルターバブルによって形成された、自分の居心地のために最適化された空間です。

 それを実現するためには、VR技術を使うのが手っ取り早いでしょう。よりその世界に没入し、手触りや香りも含めて体験の質を高める装置です。ですから、VR技術はメタバースを構成する必須要素ではありませんが、重要なピースであり続けるでしょう。

 ミラーワールドがスマートグラスを使うのに対して、メタバースではVRヘッドセットが重要な役割を果たすのが対照的です。でも、発想の本質を考慮すれば、それが必然であることがわかります。

 ミラーワールドはリアルとかかわるのが原義ですから、そのための装置はリアルが見えるものでなくてはなりません。だから、スマートグラスになります。

 メタバースはリアルと切り離した完全な別世界を志向するので、むしろリアルの風景は見えないに越したことはありません。突き詰めれば視界を遮るVRヘッドセットが最適です。

 VRヘッドセットがメタバースにアクセスするときのスタンダードな端末になるかどうかは、まだわかりません。スタンドアロンが主流になり、軽量化されたとはいえ、VRヘッドセットは大きく、重く、閉塞感があります。ゲームに人生をかけるようなプロのゲーマーでさえ、あれをかぶりつづければ疲れます。スマホと同等の生活必需品になるには、あと一段階のブレイクスルーが必要です。

最終的には生活全般の包摂を目指す

 重ねての記述になりますが、メタバースは「自分に優しい世界」「都合のよい世界」を提供するサービスです。そんなにそれを欲している人がいるのか? と疑問に思われる方は、きっとリアルで活躍されている方でしょう。

 でも残念なことに、リアルでの生活に違和感や閉塞感を持ったり、リアルとは別の世界で活躍したいと考えている潜在的な利用者は多数に上ると考えられます。属性の同じ者をフィルターバブルの中に囲い込み、それによって生じるフリクションのない空間で「快」を提供するサービスであるSNSが隆盛を極めていることからも、それは説明できます。

 それならSNSでいいではないかと指摘することもできるでしょう。しかし、今のところSNSは生活の一部でしかありません。SNSが好きな人は(学生でもツイ廃さんはたくさんいます)もっともっとSNSで時間を消費したいと考えているでしょう。SNSで人は情報を共有しましたが、メタバースでは体験を共有することになります。SNSを楽しめる人には、サービスへの強い誘因です。

 実際にSNSに時間を使いすぎて、生活のすべを失くしてしまう人もいますが、多くの人はバランス感覚があるのでリアルにもどって勉強や仕事をして、能力を獲得し賃金を得ます。

 でも、それらが仮想現実で完結するのであれば、そこに魅力を見いだし勉強や仕事もそれ以外の楽しみも仮想現実でこなしてしまう利用者は増大するでしょう。すでに友だちと、リアルではなく、ゲーム内などで「集まる」ことは利用者の中では一般化しつつありますが、それが拡大するわけです。

 メタバースは最初はゲームとコミュニケーションの形をとってスタートするでしょうが、最終的には生活全般の包摂を目指すことになります。利用者が滞在してくれる時間の最大化は企業にとってビジネスチャンスの増大以外の何ものでもありませんし、そこで暮らす利用者は自分に最適化された空間の中でリアルよりずっと快適に過ごせます。ウィンウィンなのです。

本当は不平等なのに、平等に見えるしくみ

 ただし、「メタバースであれば、リアルでは挫折した機会や資源の平等な再配分が可能になる」と論ずる意見には、私は首肯しません。支配の構造が変わるだけで、極めて複雑に作り込まれたその世界のバックヤードが、一般利用者には知覚できないところで知らない利潤を生み、その世界を知悉し全体を俯瞰できる立場の人間の懐に入る流れは、リアルと変わらず再生産されるでしょう。

 もしメタバースが平等に見えるとしたら、それはフィルターバブルにくるまれた人が見る幻想としての平等です。

「本当は不平等なのに、平等に見えるしくみや説明」はリアルにもありますが、メタバースのフィルターバブルはたまに見えてしまう真実の粗をよりよく覆い隠し、ずっと平等な気分に浸らせてくれるでしょう。利用者の多くは、そのしかけをわかった上で、快適な繭の中にいることを選択するでしょう。(続く)

※下記マガジンで連載をすべて読めます。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
光文社新書

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

いい本との出会いがありますように!
光文社新書の公式noteです。2021年10月17日に創刊20周年を迎えます。光文社新書の新刊、イベント情報ほか、既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの一冊について書かれたnoteを収録するマガジン「#私の光文社新書」の投稿をお待ちしています!