見出し画像

【64位】ボブ・ディランの1曲―時を旅しても、いつもかならずブルーにからめとられ

「タングルド・アップ・イン・ブルー」ボブ・ディラン(1975年1月/Columbia/米)

画像1

Genre: Folk Rock
Tangled Up in Blue - Bob Dylan (Jan. 75) Columbia, US
(Bob Dylan) Produced by Bob Dylan
(RS 68 / NME 277) 433 + 224 = 657

ジミヘンが出るとディランも出る。こっちは70年代、アルバム『ブラッド・オン・ザ・トラックス』(邦題「血の轍」75年、『教養としてのロック名盤ベスト100』では11位)のオープニング・ナンバーとなった人気曲。しかしかなり「狙った」1曲だ。

軽やかなフォーク・ロック・サウンドは、一聴かなり「とっつきやすい」歌に思える。うまくいかない結婚生活を、語呂よくストレートに描写したかのような、ディランの自伝的ナンバーのようにも、聞こえる。だが……それにしてはいろいろと「変」なのだ。

まず「時制」がコロコロ変化する。冒頭「いなくなった彼女」のことを主人公が思い出す(現在?)、次に「結婚式直前の思い出」に飛び(大過去?)、そして路傍で雨に靴を濡らしながら東海岸を目指す(近過去? or 未来?)――と「つなぎ」は一切なく、場面がポンポンふっ飛んでいく。ヴァースごとの「ふっ飛び」はもっとひどい……と、聴けば聴くほどに、受け手側が迷路に入り込んでいくように「事前に仕込まれている」のだ。

この手法について「プルーストのようだ」との評がある。ディラン本人は、キュビズムを学んだ成果だと述べている。20世紀初頭、ピカソとジョルジュ・ブラックが推進したこの芸術運動・思想の特徴のひとつは、1枚の絵画に「複数視点」を持ち込むこと。ディランはこれを、「語り手」のいろんな時代(現代、過去、未来)ととらえ、あたかもバロウズのカットアップのようにして、1曲のなかにランダムに入れ込んだ。モダン・アートと同質の抽象性にて、具象の奥にひそむ「人の真実」を浮上させようと試みたわけだ。

というナンバーが、頭でっかちの実験曲ではなく、多くの聴き手に愛された理由は簡単だ。ここの「真実」とは「情」だったから。曲中で幾度も「落ち」として繰り返されるタイトル・フレーズが、それだ。「ブルーにこんがらがって」とされている邦題も悪くはないが、しかし僕なら「憂鬱にからめとられて」とする。意識上のタイム・トラヴェラーである主人公が、いつもかならず(コーラス部の最後には)Tangled Upされる。本来的には「知ったこっちゃない」かもしれないものに、からめとられてしまうわけだ。憂鬱ってやつに……という人生のほろ苦さを、見事なる筆さばきで語り上げたのが、この曲だ。

シングル・カットされた当曲はビルボードHOT100では31位を記録(これはディランにしては悪くない数字だ)。アルバムのほうは全米1位、全英で4位のヒットとなった。ここからディランは低迷期を脱し、大復活を果たすことになる。

(次回は63位、お楽しみに! 毎週火曜・金曜更新予定です)

※凡例:
●タイトル表記は、曲名、アーティスト名の順。括弧内は、オリジナル・シングル盤の発表年月、レーベル名、レーベルの所在国を記している。
●曲名については、英文の片仮名起こしを原則とする。とくによく知られている邦題がある場合は、本文中ではそれを優先的に記載する。
●「Genre」欄には、曲の傾向に近しいサブジャンル名を列記した。
●ソングライター名を英文の括弧内に、そのあとにプロデューサー名を記した。
●スコア欄について。「RS」=〈ローリング・ストーン〉のリストでの順位、「NME」は〈NME〉のリストでの順位。そこから計算されたスコアが「pt」であらわされている。
川崎大助(かわさきだいすけ)
1965年生まれ。作家。88年、音楽雑誌「ロッキング・オン」にてライター・デビュー。93年、インディー雑誌「米国音楽」を創刊。執筆のほか、編集やデザイン、DJ、レコード・プロデュースもおこなう。2010年よりビームスが発行する文芸誌「インザシティ」に短編小説を継続して発表。著書に『東京フールズゴールド』『フィッシュマンズ 彼と魚のブルーズ』(ともに河出書房新社)、『日本のロック名盤ベスト100』(講談社現代新書)、『教養としてのロック名盤ベスト100』(光文社新書)、訳書に『フレディ・マーキュリー 写真のなかの人生 ~The Great Pretender』(光文社)がある。
Twitterは@dsk_kawasaki


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

今後とも光文社新書をよろしくお願いします!
15
新刊、イベント情報ほか、ぜひ手にとっていただきたい既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの光文社新書について書かれたnoteをまとめたマガジン「#私の光文社新書」は、アイコンのキャラクター「アランちゃん」ともども投稿をお待ちしています。

こちらでもピックアップされています

教養としてのロック名曲ベスト100 by 川崎大助
教養としてのロック名曲ベスト100 by 川崎大助
  • 50本

今を生きる我々にとっての基礎教養とも言えるロックの名曲を、作家・川崎大助が全く新しい切り口で紹介・解説!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。