見出し画像

【58位】ザ・ホワイト・ストライプスの1曲―ミニマルなコペ転で、いにしえの息吹きを今日の世に

「セヴン・ネイション・アーミー」ザ・ホワイト・ストライプス(2003年3月/XL•V2/英)

画像1

Genre: Alternative Rock, Garage Rock
Seven Nation Army - The White Stripes (Mar. 03) XL•V2, UK
(Jack White) Produced by Jack White
(RS 286 / NME 16) 215 + 485 = 700
※58位から56位までの3曲が同スコア

ゼロ年代に巻き起こったガレージ・リヴァイヴァル・ブームの契機となったのが、ザ・ホワイト・ストライプスの成功だった。90年代終盤、デトロイト出身の姉弟デュオという触れ込み(本当は元夫婦)でインディー・デビューした彼らの代表曲がこれだ。4枚目のアルバム『エレファント』に収録。シングルとしては、ビルボードHOT100では76位だったが、USオルタナティヴ・ソングスでは1位。全英インディーでも1位、全英総合チャートは7位まで上がり、第46回グラミー賞ではベスト・ロック・ソング部門で受賞までしてしまう。つまり、大流行曲となったわけだ。とてつもないインパクトによって。

どれぐらい流行ったかというと、まず発売直後から2018年のW杯に至るまで、大小さまざまなサッカー会場で「みんなで歌う」アンセムとなっていたことが確認されている(もちろん、サッカー以外のスポーツ会場でも同様の動きは見られた)。また政界でも人気で、ドナルド・トランプが16年の大統領選時に使用(もちろんアーティスト側は怒った)。イギリスでは労働党の党首だったジェレミー・コービンも使ったから、つまり保革両方に「とにかく人気」だったことがよくわかる。

人気の秘訣は「極端なシンプルさ」から生じるキャッチーさにあった。ミニマリズム的構造から立ち上る、意外性の面白さだ。まずドラム(メグ)とギター(ジャック)の2人だけという編成そのものが「最小単位」だ。だが「最小」なれども、多人数のバンドに引けをとらないロック・サウンドを鳴らせる「アイデア」こそが、彼ら最大の武器だった。

その典型例が、当曲の冒頭から鳴り続ける印象的なフレーズだ。これはベースの音域なのだが、ピッチを変えて1オクターブ下の音を出すエフェクター(ワーミー・ペダル)を使用し、ジャックがギターでやっている。

彼のこの技術、「ひとりでいろんな音を出す」技は、大道芸人にも近いのだが、最も近いのは「いにしえのブルースマン」たちだ。ハウンドドッグ・テイラー、エルモア・ジェイムスなど、ストーンズを始め60年代組バンドの多くが焦がれた、「たったひとりで」いろいろやるギタリスト兼歌手のありかたを、「発想の転換」で今日に蘇らせたアイデアマンこそが、ジャック・ホワイトだった。つまり荒削りで尖りまくった「命の息吹き」がそのまま込められた、やばい系のブルースの「ミニマルな今日版」がこの曲であり、だからゼロ年代初頭の、一種のロック・ルネッサンス運動の象徴ともなった。

(次回は57位、お楽しみに! 毎週火曜・金曜更新予定です)

※凡例:
●タイトル表記は、曲名、アーティスト名の順。括弧内は、オリジナル・シングル盤の発表年月、レーベル名、レーベルの所在国を記している。
●曲名については、英文の片仮名起こしを原則とする。とくによく知られている邦題がある場合は、本文中ではそれを優先的に記載する。
●「Genre」欄には、曲の傾向に近しいサブジャンル名を列記した。
●ソングライター名を英文の括弧内に、そのあとにプロデューサー名を記した。
●スコア欄について。「RS」=〈ローリング・ストーン〉のリストでの順位、「NME」は〈NME〉のリストでの順位。そこから計算されたスコアが「pt」であらわされている。
川崎大助(かわさきだいすけ)
1965年生まれ。作家。88年、音楽雑誌「ロッキング・オン」にてライター・デビュー。93年、インディー雑誌「米国音楽」を創刊。執筆のほか、編集やデザイン、DJ、レコード・プロデュースもおこなう。2010年よりビームスが発行する文芸誌「インザシティ」に短編小説を継続して発表。著書に『東京フールズゴールド』『フィッシュマンズ 彼と魚のブルーズ』(ともに河出書房新社)、『日本のロック名盤ベスト100』(講談社現代新書)、『教養としてのロック名盤ベスト100』(光文社新書)、訳書に『フレディ・マーキュリー 写真のなかの人生 ~The Great Pretender』(光文社)がある。
Twitterは@dsk_kawasaki


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

今後とも光文社新書をよろしくお願いします!
11
新刊、イベント情報ほか、ぜひ手にとっていただきたい既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの光文社新書について書かれたnoteをまとめたマガジン「#私の光文社新書」は、アイコンのキャラクター「アランちゃん」ともども投稿をお待ちしています。

こちらでもピックアップされています

教養としてのロック名曲ベスト100 by 川崎大助
教養としてのロック名曲ベスト100 by 川崎大助
  • 49本

今を生きる我々にとっての基礎教養とも言えるロックの名曲を、作家・川崎大助が全く新しい切り口で紹介・解説!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。