見出し画像

【12位】ブルース・スプリングスティーンの1曲―逃げ去るアメリカン・ドリームと、自殺マシーンのクローム光彩の狭間で

「ボーン・トゥ・ラン」ブルース・スプリングスティーン(1975年8月/Columbia/米)

画像1

※こちらはヨーロッパ盤シングルのジャケットです

Genre: Rock
Born to Run - Bruce Springsteen (Aug. 75) Columbia, US
(Bruce Springsteen) Produced by Bruce Springsteen and Mike Appel
(RS 21 / NME 54) 480 + 447 = 927

初登場が続く。「ボス」ことブルース・スプリングスティーンの出世作が、米英ともに高位置で並び、ここに。当曲が70年代中期の米「ロックンロール再興」の一翼を担った。

ニュージャージーの小さな町にいる、クルマ好きのブルーカラーの若者の「ひとり語り」で、この曲は構成されている。ウェンディという名の想い人に、彼は語りかける。ここにいるとダメになる、町を出なけりゃいけない、あのハイウェイ9に乗って……だがいまのところ、その夢が果たされる気配はない。ゆえに永遠の「あすなろ系」というか、くすぶり男の「いつの日か俺は」的な独白に歌は終始する――の、だが、なんとそれが「きらめく」のだ。圧倒的な熱量で、聴き手の魂に着火するロックンロールとなる、のだ。

この転化の触媒となるのが、コーラス部だ。「走るために生まれてきた」と邦訳されることが多いタイトルもここに含まれるのだが、僕ならこう訳する。「だって俺らみたいなろくでなしは、ベイビー、生まれながらのかっ飛び野郎だから」(マーク・ボランの「Born to Boogie」や、ジョニー・サンダースの「Born to Lose」と同じ用法だ)――かくして主人公の負け犬めいた人生、それそのものが、まるで栄光への花道であるかのように祝福される。クローム・メッキのホイールを履かせたマッスル・カーと、この、スプリングスティーン謹製の「新復古ロックンロール」にて……というのが、当曲の構造だ。

発表当時、メインストリームのロックは、進化と巨大化の果てに動けなくなった恐竜みたいな状態だった。ゆえに「ビートルズ登場以前」のロックにあった、未精製の生々しさや、洗練と無縁の荒々しさ、血がしたたるような「直接性」を模索する動きが、米英のいたるところで脈動し始めていた。パンク・ロックもその一例だったのだが、「ボス」は、もっと直球で「原初的ロックそのもの」を大量に、両肩の上に担ってしまう。エルヴィスやロイ・オービソンの歌唱、デュアン・エディのギター、そしてフィル・スペクターの「音の壁」などの全部盛りだ。しかもそこに、ディランがジョニー・キャッシュとカポーティの混合を試みたような「新しい」見事な話法があった。歌のなかに「人間」がいた。

とはいえ当曲は、まだ大ヒットとはならなかった。イギリスではチャート・インせず、アメリカではビルボードHOT100の23位が最高位だった。しかし当曲を収録した同名アルバム、彼の第3作(『教養としてのロック名盤ベスト100』では26位)は、全米3位まで上昇。ボスのロックが、明らかに「未来」を引き寄せ始めたことを証明した。

(次回は11位、お楽しみに! 毎週火曜・金曜更新予定です)

※凡例:
●タイトル表記は、曲名、アーティスト名の順。括弧内は、オリジナル・シングル盤の発表年月、レーベル名、レーベルの所在国を記している。
●曲名については、英文の片仮名起こしを原則とする。とくによく知られている邦題がある場合は、本文中ではそれを優先的に記載する。
●「Genre」欄には、曲の傾向に近しいサブジャンル名を列記した。
●ソングライター名を英文の括弧内に、そのあとにプロデューサー名を記した。
●スコア欄について。「RS」=〈ローリング・ストーン〉のリストでの順位、「NME」は〈NME〉のリストでの順位。そこから計算されたスコアが「pt」であらわされている。
川崎大助(かわさきだいすけ)
1965年生まれ。作家。88年、音楽雑誌「ロッキング・オン」にてライター・デビュー。93年、インディー雑誌「米国音楽」を創刊。執筆のほか、編集やデザイン、DJ、レコード・プロデュースもおこなう。2010年よりビームスが発行する文芸誌「インザシティ」に短編小説を継続して発表。著書に『東京フールズゴールド』『フィッシュマンズ 彼と魚のブルーズ』(ともに河出書房新社)、『日本のロック名盤ベスト100』(講談社現代新書)、『教養としてのロック名盤ベスト100』(光文社新書)、訳書に『フレディ・マーキュリー 写真のなかの人生 ~The Great Pretender』(光文社)がある。
Twitterは@dsk_kawasaki



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

いい本とのいい出会いがありますように!
21
出版社・光文社の新書編集部です。光文社新書の新刊、イベント情報ほか、ぜひ手にとっていただきたい既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの一冊について書かれたnoteを収録するマガジン「#私の光文社新書」は、常時投稿をお待ちしています!

こちらでもピックアップされています

教養としてのロック名曲ベスト100 by 川崎大助
教養としてのロック名曲ベスト100 by 川崎大助
  • 98本

今を生きる我々にとっての基礎教養とも言えるロックの名曲を、作家・川崎大助が全く新しい切り口で紹介・解説!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。