見出し画像

【23位】プリンスの1曲―床を這う「欠落」のファンクが、白鳩舞う彼岸の空に

「ホエン・ダブズ・クライ」プリンス(1984年5月/Warner Bros./米)

画像1

※こちらはイギリス盤12シングル・スペシャル版のジャケットです

Genre: Experimental Pop, Soul, Avant-Pop
When Doves Cry - Prince (May, 84) Warner Bros., US
(Prince) Produced by Prince
(RS 52 / NME 113) 449 + 388 = 837

プリンス、粘って4曲目のランクイン。スーパースターへのジャンピング・ボードとなった、重要曲だ。彼にとって初のビルボードHOT100首位ナンバー。それも5週連続の1位。しかもこんな「変わった曲」で!――という、記念碑的な1曲がこれだ。

当曲は、超大型のヒットとなった第6作アルバム『パープル・レイン』(『教養としてのロック名盤ベスト100』では45位、タイトル曲は当ランキングで同じく45位)のリード・シングルとしてリリースされた。そしてひとえに「ある特殊な要因」から成功した。「ベースがない」のだ。ファンク・ナンバーなのに! そんなことが、あっていいのか?――いや、いいんだよ。だって「かっこいいじゃないか?」というのが、勝因だった。

そもそもは、当曲にもベースはあった(ゆえにライヴでは、ベースが入る)。それを最後の最後になって、プリンスが「抜く」と決めた。ベースありだと「普通すぎるし、ないほうが面白い」から。それに「こんな思い切ったことできる根性(Guts)あるやつなんて、どこにもいないだろう」なんてうそぶいていた、と当曲の録音エンジニア、ペギー・マクレリーは証言している。ちなみにヴォーカルから(抜いたベースも含む)全楽器、ドラム・マシーンのプログラミングからMVの監督まで全部「プリンス本人」がやった。

そんな根性勝負かチキンレースか、という彼の策は、見事にはまった。明らかなる「欠落」。その空間に響きわたる、ドラム・マシーン(リンLM-1)の無機質なベース・ドラム音。このインパクトは、壮絶だった――のだが、僕はこの「ベースレス」というアイデアの大元を、ファンク以前のブルースのなかに見る。ハウンド・ドッグ・テイラーら、ドラム入りのエレクトリックなバンド・アンサンブルでありながら、ベースなしでやる(サイド・ギターに低音を担当させる)という発想がブルース界にはあった。ザ・ホワイト・ストライプスもこの延長線上だ。しかしプリンスは、なんとその「発想」を、最新鋭の電子楽器含む前衛ファンクに持ち込んでしまったから、大変なことになった。

楽曲のテーマは、コーラス最後の部分に凝縮されている。「どうして僕らは怒鳴り合うんだろう/まるで鳩たちがうるさく鳴くときの音みたいに」という、愛する者どうしの行き違い、不和、不安、ストレス……などなどが、無機質なビートと酷薄なトーンに包囲された「熱い」心根として表現されていく。前人未到のこの異形のファンクに、聴き手は魅了された。そしてまさに虜になって、プリンスを玉座へと押し上げていった。

(次回は22位、お楽しみに! 毎週火曜・金曜更新予定です)

※凡例:
●タイトル表記は、曲名、アーティスト名の順。括弧内は、オリジナル・シングル盤の発表年月、レーベル名、レーベルの所在国を記している。
●曲名については、英文の片仮名起こしを原則とする。とくによく知られている邦題がある場合は、本文中ではそれを優先的に記載する。
●「Genre」欄には、曲の傾向に近しいサブジャンル名を列記した。
●ソングライター名を英文の括弧内に、そのあとにプロデューサー名を記した。
●スコア欄について。「RS」=〈ローリング・ストーン〉のリストでの順位、「NME」は〈NME〉のリストでの順位。そこから計算されたスコアが「pt」であらわされている。
川崎大助(かわさきだいすけ)
1965年生まれ。作家。88年、音楽雑誌「ロッキング・オン」にてライター・デビュー。93年、インディー雑誌「米国音楽」を創刊。執筆のほか、編集やデザイン、DJ、レコード・プロデュースもおこなう。2010年よりビームスが発行する文芸誌「インザシティ」に短編小説を継続して発表。著書に『東京フールズゴールド』『フィッシュマンズ 彼と魚のブルーズ』(ともに河出書房新社)、『日本のロック名盤ベスト100』(講談社現代新書)、『教養としてのロック名盤ベスト100』(光文社新書)、訳書に『フレディ・マーキュリー 写真のなかの人生 ~The Great Pretender』(光文社)がある。
Twitterは@dsk_kawasaki


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

いい本とのいい出会いがありますように!
19
新刊、イベント情報ほか、ぜひ手にとっていただきたい既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの光文社新書について書かれたnoteをまとめたマガジン「#私の光文社新書」は、アイコンのキャラクター「アランちゃん」ともども投稿をお待ちしています!

こちらでもピックアップされています

教養としてのロック名曲ベスト100 by 川崎大助
教養としてのロック名曲ベスト100 by 川崎大助
  • 91本

今を生きる我々にとっての基礎教養とも言えるロックの名曲を、作家・川崎大助が全く新しい切り口で紹介・解説!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。