【Kindle日替わりセール】名画で読み解くハプスブルク家12の物語/中学の知識でオイラーの公式がわかる の2冊!【最大53%OFF】
見出し画像

【Kindle日替わりセール】名画で読み解くハプスブルク家12の物語/中学の知識でオイラーの公式がわかる の2冊!【最大53%OFF】

おはようございます。光文社電子書籍担当の佐藤です。
本日も!Kindle日替わりセールのお知らせです!しかも2冊!

10月26日(火)限定!Kindle日替わりセール

1、中野京子/名画で読み解くハプスブルク家12の物語
  通常価格 1,078円(税込)→ 約53%OFF 499円(税込) 
2、鈴木貫太郎/中学の知識でオイラーの公式がわかる
 通常価格 814円(税込)→ 約50%OFF 399円(税込)

1、中野京子/名画で読み解くハプスブルク家12の物語
  通常価格 1,078円(税込)→ 約53%OFF 499円(税込) 

スイスの一豪族から大出世、偶然ころがりこんだ神聖ローマ帝国皇帝の地位をバネに、以後、約650年にわかり王朝として長命を保ったハプスブルク家。ヨーロッパ史の中心に身を置き、その荒波に翻弄されながら、運命と闘い精一杯に生き抜いた王や王妃のドラマを、名画に寄り添いながら読み解く。血の争いに明け暮れた皇帝、政治を顧みず錬金術にはまった王、そして異国の地でギロチンにかけられた王妃――。絵画全点、カラーで収録。

2021年、絶好調の光文社新書の名画で読み解くシリーズの第一弾。ハプスブルクといえば「戦争は他の者にまかせておくがいい、幸いなるかなオーストリアよ、汝は結婚すべし!」の婚姻外交でヨーロッパを支配した一族です。12の物語、どなたが描いたどなたの物語?それでは、目次をご紹介いたします!

第1章 アルブレヒト・デューラー『マクシミリアン一世』
第2章 フランシスコ・プラディーリャ『狂女ファナ』
第3章 ティツィアーノ・ヴィチェリオ『カール五世騎馬像』
第4章 ティツィアーノ・ヴィチェリオ『軍服姿のフェリペ皇太子』
第5章 エル・グレコ『オルガス伯の埋葬』
第6章 ディエゴ・ベラスケス『ラス・メニーナス』
第7章 ジュゼッペ・アルチンボルド『ウェルトゥムヌスとしてのルドルフ二世』
第8章 アドルフ・メンツェル『フリードリヒ大王のフルート・コンサート』
第9章 エリザベート・ヴィジェ=ルブラン『マリー・アントワネットと子どもたち』
第10章 トーマス・ローレンス『ローマ王(ライヒシュタット公)』
第11章 フランツ・クサーヴァー・ヴィンターハルター『エリザベート皇后』
第12章 エドゥアール・マネ『マクシミリアンの処刑』

描き手もモデルも錚々たるメンバーですねえ。「ハプスブルクのルーツはなんぞや?神聖ローマ帝国とは?スペインハプスブルク家とは?」と問われると、実はなかなか答えづらいところです。それが、この一冊で、ハプスブルク家650年の流れを、ドラマティックに生きた方々の人生をなぞりながら、テンポよく追うことができるという優れもの。しかも、絵画は全点、色鮮やかなカラー画像。
佐藤は小学生の頃、ウィーンに住んでいたのですが、あの頃、本書を読んでいたら、親に連れられて回った美術館巡りもさぞかし楽しかったろうとちょっと残念です(比較的読みやすく、小学生でも楽しめる内容ですし)。今からでも遅くはありません。気軽に海外旅行ができるようになったときに備え、是非とも本書をはじめとした名画を読み解くシリーズでヨーロッパの名画およびロイヤルな方々の知識を蓄えておきましょう!

過去にnoteで序章を公開しております。こちらでハプスブルクの発祥について触れてみてください。

本書に続く名画で読み解くシリーズもご紹介いたします(こちらは定価です)。


2、鈴木貫太郎/中学の知識でオイラーの公式がわかる 
通常価格 814円(税込)→ 約50%OFF 399円(税込)

「人類の至宝」に触れる喜びをあなたに。天才数学者の名を冠し最も美しいと言われる「オイラーの公式」は、最低限の知識から誰でもわかる。数学0点で10万フォロワーを集めるユーチューバーが保証。目指すのは数式の丸暗記ではなく、あくまでも「真の理解」。本書の内容と連動したウェブ動画とあわせて読むと万全。オイラーがわかれば高校数学の基礎も一通り身に着く。躊躇も準備もいらない、さあはじめよう!

高校の数学で0点をとったことがある私でも、中学の数学までは、実はまあまあできたものでした。文系の人間にとっては、高校になると数学はグっとレベルが上がってしまって太刀打ちできないのですが、中学の数学までならなんとか……。その中学の知識でもっとも美しいといわれる「オイラーの公式」に触れてみるのはいかがでしょうか。動画をみながら、じっくり取り組み、しっかり理解。人類の至宝ともいわれる「オイラーの数式」に是非、触れてみてください!本書は新書としては珍しく横書きです。

スクショ

電子書籍版。スマホでみるとこんな感じの横書き。字も読みやすいですよ。

画像2

こちらは紙書籍版。字も大きく、やさしく感じます。

いかがでしょうか。文系の好奇心をかきたてる名画で読み解くハプスブルク家12の物語、理系への憧れを焚きつける中学の知識でオイラーの公式がわかる。
本日限定の特別価格、10月26日(火)のKindle日替わりセールです!

1、中野京子/名画で読み解くハプスブルク家12の物語
  通常価格 1,078円(税込)→ 約53%OFF 499円(税込) 
2、鈴木貫太郎/中学の知識でオイラーの公式がわかる
 通常価格 814円(税込)→ 約50%OFF 399円(税込)

連日のKindle日替わりセールのお知らせをしてまいりましたが、こんなに続くのは滅多にありません!是非ともこのおトクな機会をご利用くださいませ。
本日も光文社電子書籍担当の佐藤がお知らせいたしました。
それでは皆さま、引き続き創刊20周年を迎える光文社新書をよろしくお願いいたします。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
光文社新書

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

アランちゃんも喜んでいます!
光文社新書の公式noteです。2021年10月17日に創刊20周年を迎えました。光文社新書の新刊、イベント情報ほか、既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの一冊について書かれたnoteを収録するマガジン「#私の光文社新書」の投稿をお待ちしています!