【発売即重版】
7月刊、細川重男『鎌倉幕府抗争史』の重版決定です! ありがとうございます!
本書は、頼朝亡き後27年の間に起きた幕府内の権力闘争を時代順にたどるもの。「鎌倉殿の13人」の副読本としてうってつけです。史実に即しながら、政子や頼家、時政の人物に迫るくだりは必読ですよ!
画像1

この記事が参加している募集

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

光文社新書ではTwitterで毎日情報を発信しています。ぜひフォローしてみてください!